クロップ「プレシーズンをとても良い感じで過ごせた」/ビルバオ戦後のコメント

クロップ「プレシーズンをとても良い感じで過ごせた」/ビルバオ戦後のコメント
The following two tabs change content below.
LFCラボ

LFCラボ

リバプールFCラボの管理人です。

本記事はLFC公式Facebook(日本語版)より許可を頂いて引用しています。

LFC Lab
Facebookをやっている方は、ぜひ「LFC公式Facebookページ日本語版」の方にも「いいね!」やコメントをお願いします! クラブは「LFC公式Facebookページ日本語版」のいいね数やコメント数を見て、日本語サイトの開設や日本でのプレシーズンマッチの必要性を検討しているそうです!

 

アスレチック・クラブ(ビルバオ)戦後のユルゲン・クロップ監督のコメントをご紹介します。

クロップ「プレシーズンをとても良い感じで過ごせた」/ビルバオ戦後のコメント

 

プレシーズンを勝利で締めくくれましたね?

「プレシーズンをとても良い感じで過ごせてきたことは試合前にも話したと思うが、我々は多くの試合を行ってきて1試合も負けなかった。2試合で引き分けて、アトレティコ戦はPK戦で負けたのかもしれないが、まぁ悪くはないサインだったと思う。パフォーマンスも良かったんだが、今日は弱点みたいなものも少し垣間見えた。最初の30分は素晴らしいフットボールを展開していたと思うんだが、その後は組織が乱れて、2度ほど決定機を許して、試合の流れを変えてしまった。」

「それからは我々も走り回らざるを得なくなってしまった。その15分間は満足していない。だが、そういうこともとても大切なんだ。パーフェクトなプレシーズンなんてものは、大きなミスを生み出してしまうし、間違った判断をしてしまいがちになるんだ。本物の安定感をモノにする為にはしっかり集中しなきゃならない。我々が安定している時は対戦相手にとっては脅威となるだろうし、そういう時は本当に良いフットボールができるのさ。後半の我々はとても若いチームになって、後半の出だしはちょっと苦しんでいたね。だが、気合を入れてプレーしていた。観ていて嬉しかったし、満足しているよ。」

今シーズンはヨーロッパの舞台もあるので試合数が増えますね?

「様子を見てみるよ。今日に関して言えば、誰もがアダム・ララーナの怪我のことを知っていた。大打撃さ。それでも、このチームは今までもいろんな困難な状況に対処してきた。これからもそうだ。フィルは昨日今日と背中にちょっと問題があったので、リスクを冒す必要はないと判断した。ヘンドも同じだ。ちょっと体調を崩していたから、じゃあ、リスクを冒すべきじゃないなってことになったんだ。ダニエルも筋肉にちょっとした問題があった。それでもこのチームの選手層はそれなりにあるし、今日も何人かの選手が実力を示してくれた。管理できる時はもちろん管理するさ。ローテーションもやっていくだろう。それは間違いない。だが、今はまだ私の問題じゃない。明日からはワトフォード戦に向けた準備に取り掛かるし、その後は次の試合、さらにその次の試合に備えていく。まぁそうやって、どうやっていくのかを考えていくことになるだろうね。

ウッドバーンや他の若手にもチャンスを与えていますね

「私のチームには常に若い選手が入り込む余地みたいなものはあるが、それは選手次第だ。最初の5分10分はベンも苦労していたね。彼にとってはハードなプレシーズンだったはずさ。まだ17歳なんだしね。10月で18歳になるんだったかな。だから、我々は可能な限り彼のことを守ろうとしている。彼は本当に良くやってくれているし、皆が彼のスキルを目の当たりにしているはずさ。だが、今日の出だしは苦労していた。とは言え、素晴らしいゴールを決めて試合の流れを変えてくれた。本当に良いプレーをしていたよ。まぁそんなものさ。若手っていうものはそういった浮き沈みがあるものなんだ。」

Embed from Getty Images

 

移籍市場について教えてください

「我々は8月31日までは世界中に目を光らせて走り回っている。それは間違いないんだが、移籍に関することは我々だけで決められるものじゃないからね。他のクラブ次第っていう部分もある。だが、例えばアルベルト・モレーノは100%の状態で戻ってきてくれた。本当に大変な1年を過ごした後なのにね。素晴らしいことさ。アンドリュー・ロバートソンは彼が持つすべてのスキルを示してくれた。もちろん、彼は我々のプレースタイルに適応しなきゃならないが、それでも既に攻撃面では相手の脅威となることを見せてくれている。それはミリーがフリーな状態であり、中盤でも起用できるってことを意味している。移籍市場で何も動くことなく、新たに中盤の選手が生まれたって訳だ。ドム・ソランケは、自分がもうこのレベルでやる為の準備はできているんだってことを示してくれている。ライアン・ケント。彼のここ1年半のことは私もよく知っている。昨シーズンは驚くほどの成長を見せてくれたし、今回のプレシーズンはその前のプレシーズンとはまったく違っていたよ。だから、あまりに高額な移籍金を支払ったり、移籍金の記録を更新することなく、我々は自分たちのスカッドに戦力を加えられているってことだ。結構良いことだと思うよ。」

Embed from Getty Images
試合後には時間を割いてファンサービスをしていましたね

「その件は事前に話はしていなかったが、やろうとは決めていた。あの雰囲気には本当に感動した。正直な話だよ。我々がスタジアムに到着した時、街をドライブしていた時、ホテルに着いた時だってそうだった。今日は本当に特別なものだったよ。ダブリンはかなりLFC人気の高い街だってことは聞いていたんだが、実際にそれを体験してみるとまったく違ってくるね。ここにまた戻ってこようと思うだけの確かな理由があるんだ。試合の為にホテルを出た時には、少なくとも500人くらいのファンが来てくれていたんだが、彼らに対応することはできなかった。我々には時間がなかったし、仮に1人だけにサインしたら、他の499人をガッカリさせてしまうしね。それで試合後にちょっとだけ時間を取ることにしたんだ。来てくれたファンをハッピーにできたらいいんだけど...彼らも我々をハッピーな気分にさせてくれたからね。試合前から雰囲気は素晴らしかったし、試合中も素晴らしかった。試合後も特別だったね。特別な経験をさせてくれたダブリンには本当に感謝しているよ。」

アスレチック・クラブ(ビルバオ)戦後のユルゲン・クロップ監督のコメントをご紹介します。

プレシーズンを勝利で締めくくれましたね?

「プレシーズンをとても良い感じで過ごせてきたことは試合前にも話したと思うが、我々は多くの試合を行ってきて1…

Liverpool FCさんの投稿 2017年8月6日

ホッフェンハイム戦日程とKOPが読むべき分析記事3つ(CLプレーオフ)

2017.08.06

アダム・ララーナが負傷。プレミアリーグ開幕から数ヶ月欠場か。

2017.08.05

クロップ「今の段階では本当に満足している」/ヘルタ戦後のコメント

2017.07.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA