クロップ「シーズンの初戦では完璧なものは期待できない」/ワトフォード戦後のコメント

クロップ「シーズンの初戦では完璧なものは期待できない」/ワトフォード戦後のコメント
The following two tabs change content below.
LFCラボ

LFCラボ

リバプールFCラボの管理人です。

本記事はLFC公式Facebook(日本語版)より許可を頂いて引用しています。

LFC Lab
Facebookをやっている方は、ぜひ「LFC公式Facebookページ日本語版」の方にも「いいね!」やコメントをお願いします! クラブは「LFC公式Facebookページ日本語版」のいいね数やコメント数を見て、日本語サイトの開設や日本でのプレシーズンマッチの必要性を検討しているそうです!

ワトフォード戦後のユルゲン・クロップ監督のコメントをご紹介します。

クロップ「シーズンの初戦では完璧なものは期待できない」/ワトフォード戦後のコメント

試合を振り返っていかがですか?

「フットボール人生ってものでは、自己批判をすることは本当に意味のあることで、我々にとっても当然のことではある。まぁシーズンの初戦で全部をやろうとしたって、完璧なものは期待できないものさ。もちろん、結果を出す為に戦わなければならないし、築き上げてきたものを活かさなければならない。今日の試合に関して言うと、いくつかのことを受け入れなければならない。だが、次の試合に向けてそれを活かすつもりだし、そう取り組んでいくつもりだ。前半に関しては満足していない。肉弾戦って感じだったし、そういう中でワトフォードはよくボールを奪っていた。」

「相手はそう多くのチャンスは作っていなかったが、それでも2点決めた訳だ。最初の1点は、誰もが明らかに我々特有の状況だと言うだろうね。何て言ったってセットプレーだからね。だが、相手のクロスは良かったし、良い感じで走り込んできた。我々の1人はギャップを埋めることができなかったが、その点に関しては我々は取り組まなければならない。それは間違いないよ。2点目はアンラッキーだったし、フォーメーションにも問題があった。アルベルトがチャレンジに行って失敗した訳だが、それはありえることだし、何てことはない。ファウルになるかどうかは分からんがね。確かなことは今は分からないが、ギャップがあって、空いたスペースもあって、相手はパスを通してきた。私はオフサイドかとも思ったんだがね。その辺のところは分からない。相手のパスはボックス内をすり抜けてきて、最初は守備できたものの、味方の足にボールをぶつけてしまった。少々アンラッキーだった。」

「我々にはもっとチャンスはあった。特にセットプレーの後はね。良いクロスも上げていたし、良いヘディングもあった。そういう場面で、相手はラッキーで、我々はとてもアンラッキーだった。それでも後半には素晴らしいゴールを2つ決めた。本当に良いゴールだったし、その後もチャンスはあったんだが、最終的にはオフサイドのゴールを相手に許してしまった訳だ。ちっとも面白くないし、受け入れがたいことだ。あまり気分も良くないが、我々はやはりもっと上手くやることができたはずだし、そうしなければならなかった。これは選手たちにも言ってあるよ。」

サラーのパフォーマンスはどうでしたか?

「PKも取って、ゴールも決めた。まぁあのゴールは彼の人生の中で一番難しいゴールって訳じゃないだろうけどね。デヤンから完璧なボールが出てきて、ロベルトの素晴らしいコントロール、センセーショナルなチップキックがあった。そして、彼はフィニッシュする為にそこにいたということだ。見事だったね。序盤は相手に少し苦しんでいたと思う。まぁ屈強な男が相手だったしね。彼はちょっとサイドでのプレーにこだわり過ぎていたように見えた。それでハーフタイムに話をしたんだが、後半は見違えるように良くなったね。スピードを活かして、相手の背後を突くような攻撃は必要だが、いつも必要という訳でもない。他にスペースがあれば、そこでフットボールをやればいいだけさ。その方がずっと簡単だしね。いずれにせよ、彼の貢献には満足している。」

Embed from Getty Images

 

セットプレーの守備ですが...

「別にその話にウンザリしてはいないよ。当然話すべきことだ。我々は相手の攻撃のほとんどを上手く守っていたが、最後は1ゴール許してしまって、それで良いかって?もちろん、そんなことはない。我々にだってセットプレーでのビッグチャンスは少なくても2度はあったと思うが、相手は運よく守ることができた。相手のセットプレーには問題がなく、我々には大きな問題が残っているのか?まぁよく分からないね。もちろん、我々はそのことに取り組んでいかなければならないが、それがフットボールにおける私の人生であり、我々の人生さ。」

「こういうことは初戦で起こりえることだし、そういうことに適応していかなければならない。試合の前半には方向性と言えるものがなかったが、後半はずっと良くなっていた。そう、我々はフットボールをプレーする。良いことだが、それは何ももたらさなかったってことだ。前半の我々には3つ4つのチャンスがあった。アウェーゲームでその数は十分だろうか?私はイエスと答えるだろうし、そのことには満足する必要がある。時にはもっと少ないこともあるだろうし、それで満足する必要もある。まぁ我々は勝ち点1を手にした訳だが、もっと気分が良くなる時を待っているよ。今日は良い面だって色々あったし、次の試合に備えなければならないね。」

 

ワトフォード戦後のユルゲン・クロップ監督のコメントをご紹介します。

試合を振り返っていかがですか?

「フットボール人生ってものでは、自己批判をすることは本当に意味のあることで、我々にとっても当然のことではある。まぁシーズンの初戦で全部を…

Liverpool FCさんの投稿 2017年8月13日

【PL第1節】ワトフォードvsリバプール(選手採点)

2017.08.11

PL17/18第1節ワトフォード対リバプール 全出場選手の「通信簿」by DANFIELD

2017.08.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA