【チャント特集~定番編~】リバプールの試合で必ず歌われる曲たち(歌詞付き)

【チャント特集~定番編~】リバプールの試合で必ず歌われる曲たち(歌詞付き)
The following two tabs change content below.
タクヤKOP
ビートルズからリバプールFCのサポーターになった珍しいKOPです。戦術的なことはあまり得意でないので、クラブやリバプールという街を色んな角度から掘り下げていきたいと思います。

フットボールにとって、サポーターは欠かせない存在。そんな彼らが試合中に選手たちへ送るメッセージ、それがチャント(応援歌)です。

チャントには、伝統的に歌われるものや、選手固有のもの、相手チームを揶揄するものなど様々なタイプがあります。それらチャントはクラブごと、リーグごとにも特色が異なっており、チャントを知ることでフットボールを彩る奥深い世界はさらに広がります。

ということで、今回はリバプールの超定番チャントをご紹介します。いつも試合中に聞こえてくるあの曲たちです。

※余談①
「チャント(chant)」を読むときのアクセントは、「チャ」なのか「ト」なのか・・。正解は、「チャ」です。「ちゃんとしなさい」の「ちゃんと」と同じように「ト」を強めて発音している方がたまにいますが、英語的には「チャ」にアクセントを置くのが正解なのです。

【チャント特集~レジェンド編~】アンフィールドを熱狂させた英雄の歌(歌詞付き)

2017.04.25

【チャント特集~現役選手編~】リバプール戦士を鼓舞する応援歌(歌詞付き)

2017.04.03

You’ll Never Walk Alone

「チャント」という扱いにしてよいのかという気もしますが、定番と言っているからにはこれを入れないわけにはいきません。もはやリバプールの代名詞ともいえるアンセムですね。クラブのクレスト(エンブレム)にも入っていますし、「YNWA」はクラブにとってただの応援歌以上の存在となっています。

原曲は1945年のミュージカル『回転木馬』のために創られた曲で、これをリバプール出身のバンド、Gerry & The Pacemakers(ジェリー&ザ・ペースメイカーズ)がカヴァーし1963年10月に彼らの3枚目のシングルとしてリリース。4週連続でイギリスシングルチャート1位に輝くほど大ヒットを記録しています。

※余談②
リバプール出身のバンドといえばビートルズですが、1963年11月に「You’ll Never Walk Alone」の連続1位を止めたのはその少し前に発売されていた「She Loves You」です。さらに次の1位は同じくビートルズの「I Want To Hold Your Hand(抱きしめたい)」。そんな時代です。

この「You’ll Never Walk Alone」は主にキックオフ前と、勝ってる時の試合終了前に歌われます。なお、キックオフ前に歌われるシーンでちゃんと歌を聞かせてくれるかどうかで実況アナウンサーの力量が試されます。

You'll Never Walk Aloneの歴史と名シーン〜世界のサッカースタジアムで歌われる祈り〜

2018.02.17

2019年5月のチャンピオンズリーグ準決勝でバルセロナを破った試合後の感動的なYou’ll Never Walk Alone。

 

Fields of Anfield Road

All round the Fields of Anfield Road,
Where once we watched the King Kenny play (and could he play),
Steve Heighway on the wing,
We had dreams and songs to sing,
Of the glory round the Fields of Anfield Road.

試合中何度も歌われる超定番曲ですね。「You’ll Never Walk Alone」に次ぐ代表曲で、元はアイルランドのフォークソングです。試合中はサビの部分のみ歌われますが、フルコーラスは結構長いのです。

↑1行目の「Fields」の部分から手拍子が始まるところが癖になります。あと「and could he play」はちゃんと叫びましょう(笑。

なお、この曲は試合中によく聞く割にメロディと歌詞が覚えにくいですが、そんな方には以下のヒルズボロの悲劇20周年となる2009年に録音されたバージョンを聞き込むのがオススメです。レジェンド達もずらり。。

 

When The Reds Go Marching In

Oh when the Reds, (Oh when the Reds),
Go marching in (Go marching in),
Oh when the Reds go marching in,
I wanna be in that number,
Oh when the Reds go marching in..

キックオフ直後など勢いを付けたい時に歌われることが多い印象の曲。「Oh when the Reds」「Go marching in」の掛け合いのところをちゃんと口ずさめると、とても気持ち良いです。

なお、原曲はご存知「聖者の行進」でサウサンプトンをはじめとして他のプレミアリーグのチームもよく歌いますので、うっかり相手チームが歌っているのに引きずられないようにしないといけません。

 

Liverpool, Liverpool (Slow)


↑この動画は埋め込み再生ができないのでYouTubeへ移動して再生してください。

Liverpool, Liverpool,
Liverpool, Liverpool,
Liverpool, Liverpool,
Liverpool, Liverpool,
Liverpool, Liverpool,
Liverpool, Liverpool…

ことあるごとに歌われる超定番。「Liverpool」を繰り返すのみです。これは得点が入った直後や入れられた直後に歌われることも多いですね。

 

Liverpool, Liverpool (Fast)


↑この動画は埋め込み再生ができないのでYouTubeへ移動して再生してください。

Liverpool, Liverpool, Liverpool,
Liverpool, Liverpool, Liverpool,
Liverpool, Liverpool, Liverpool,
Liverpool,
Liverpool!!!

こちらも試合中によく聞く曲ですね。ひたすら「Liverpool」を繰り返します。

 

Liverpool (Slower)


↑この動画は埋め込み再生ができないのでYouTubeへ移動して再生してください。

Liverpool,
Liverpool,
Liverpool,
Liverpool…

前の2つと似ていますが、こちらも「Liverpool」を繰り返す系でよく試合中に歌われます。コーナーキックなど攻撃を畳み掛けている時に歌われる印象です。

 

We Are Liverpool Tra La La

We are Liverpool, Tra la la la la,
We are Liverpool, tra la la la la la,
We are Liverpool, tra la la la la,
The best football team in the world – yes we are!

Poetry in motion, tra la la la la,
Poetry in motion, tra la la la la la,
Poetry in motion, tra la la la la,
The best football team in the world – yes we are!

これは2014年、あの優勝争いを繰り広げたシーズンに歌われだした新しいチャントです。「MAKE US DREAM」のバナーを自然と思い出します。

なお、チャントにも流行り廃りがありその後の18-19シーズンなどではあまり歌われなくなっています。

 

We Love You Liverpool, We Do!

We Love you Liverpool we do. We Love you Liverpool we do.
We Love you Liverpool we do. Oh Liverpool we love you.

試合の中でよく歌われるクラブ愛に溢れた小気味よい曲です。

 

Ring Of Fire

De De De De Der,
De De De De Der,
De De De De Der,
De De De De Der…

これはカップ戦、特にチャンピオンズリーグ関連でよく歌われます。原曲はジョニー・キャッシュの「Ring Of Fire」。

 

We’ve Won It Five Times

We’ve won it five times
We’ve won it five ti-i-imes
In Istanbul, we won it five times

チャンピオンズリーグつながりで、文字通り「俺らは5回優勝したぞ」というチャントです。ヨーロッパの舞台で歌われる他、プレミアリーグでもチャンピオンズリーグを戦うチーム相手だとたまに歌われたりしてますね。

なお、このメロディは他サポーターも含めてよく歌詞を変えて歌われる定番チャントです。

 

Justice For The 96

Justice for the 96,
Justice for the 96,
Justice for the 96,
Justice for the 96…

ヒルズボロの悲劇の被害者96人のための曲です。原曲は有名な「Go west」ですね。これは主にヒルズボロの悲劇に関係するタイミングで歌われます。

 

Allez, Allez, Allez

We conquered all of Europe,
And we will never stop,
From Paris on to Turkey,
We’ve won the f*cking lot!
Bob Paisley and Bill Shankly,
The Fields of Anfield Road,
We are loyal supporters,
And we come from Liverpool!

Allez, allez, allez!
Allez, allez, allez!
Allez, allez, allez!
Allez, allez, allez!

2018年の3月あたりから歌われるようになったこの曲。元はナポリのチャントで、その他のいくつかのクラブでも歌詞をかえて歌われているようです。リバプールのこのバージョンは、とにかく歌詞のメッセージが最高で、覚えやすいメロディも手伝って試合中に何度も何度も繰り返し歌われるようになりました。

 

We Shall Not Be Moved

We shall not,
We shall not be moved,
We shall not,
We shall not be moved,
Like a team that’s going to win the European Cup (Again!),
We shall not be moved

直訳すると「我々は動じない」という曲。18-19シーズン最終節、惜しくも優勝を逃したチームに対して勇気付けるように歌うKOPの姿に感動したのは筆者だけではないはずです。

===============
さて、リバプールの試合中によく聞く定番チャントでした。みなさん全曲歌えますか??

これを機会にチャントをもっと覚えたい!と思ったKOPの方々へ僕も愛用しているオススメのアプリをご紹介します。

FanChants: Football Songs & Soccer Chants
Android版はこちら

 

これは、まず「Browse」から「UK」>「ENGLAND」>「PREMIER LEAGUE」>「LIVERPOOL」と辿ると、リバプールのチャントがずらりと並ぶ画面へいきます。(iOS版の場合)

【チャント特集~定番編~】リバプールの試合で必ず歌われる応援歌たち

 

もちろん、今日ご紹介した曲も全部入ってます。

再生中は、歌詞もこうやって表示されますので、繰り返し聞いてチャントを覚えましょう。

【チャント特集~定番編~】リバプールの試合で必ず歌われる応援歌たち

 

それでは、今度の試合はチャントを口ずさみながら観戦しましょう♪

 

【KOP達が熱唱】リバプールFCファンイベント「BOSS Night(ボスナイト)」とは

2019.05.17

【チャント特集~レジェンド編~】アンフィールドを熱狂させた英雄の歌(歌詞付き)

2017.04.25

【チャント特集~現役選手編~】リバプール戦士を鼓舞する応援歌(歌詞付き)

2017.04.03

7 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。