リバプール画を生み出すイラストデザイナー「style.t.84」とは何者?

The following two tabs change content below.

1819シーズン、チャンピオンズリーグ決勝。名門の完全復活を証明するにはこの上ない大舞台。

ユルゲン・クロップ率いるリバプールは経験で勝るレアルマドリードの面々を相手に、選手陣、監督、サポーター共々極限の緊張の中でゲームを優勢に進めるも51分、ロリス・カリウスのスローがプレスをかけていたカリム・ベンゼマの足に当たりボールは無人のゴールへ転がる。最高の舞台で不本意な失点を喫したリバプールは1-3で破れた。

「CLを逃したのは僕のせいだ」

涙とともにそう言葉にしたカリウスには世界中からYNWAのエールが贈られた。

そんな中、”リバプールFCラボとしても、応援の意を表明したい”

そう考えていると一つのイラストが届いた。このカリウスへのメッセージが込められたイラストはTwitter上で反響を呼び、7万回を超えて表示された。

さて、このカリウスのイラストを届けてくれたのはイラストデザイナー「style.t.84」さんのことを皆さんはご存知だろうか。今後もリバプールFCラボにご提供してくださっていることになっており、管理人としては嬉しい限りである。その感謝の意と、皆さんにもぜひ彼のことを知ってほしいという思いを込めて、本記事では、ご本人のインタビュー、そして、5つのオリジナリイラストを通して「style.t.84」さんを紹介する。

style.t.84さんへのインタビュー

簡単に自己紹介をお願いします。

初めまして、イラストデザイナーのstyle.t.84と申します。横浜にある会社に務めながら、イラストを描いている32歳のサラリーマンです。この度、LFCラボでご紹介していただける事となり、とても光栄に思っております。

美術の短期大学を卒業後、雑誌のデザイン会社で5年間働き、今はマーケティング会社の開発部にて商品開発、企画立案、それに対する紙媒体デザイン、webデザイン、などの仕事をしながら、時々営業から依頼されイラストを描いております。

リバプールを好きになったきっかけは?

ズバリ!ウイイレです!笑 高校時代にウイイレを初めてプレイしたのですが、当時まったくサッカー知識のない私が知っていた選手、デイビッド・ベッカム(ソフトモヒカンで一代ムーブメントを巻き起こした)のいるイングランドを使うようになりました。

イングランドを使っていくうちに、ん?ベッカムよりも強いのがいる!って事に気付いたんです。それがワンダーボーイ(愛称)のマイケル・オーウェンでした。そこからオーウェンに興味が湧いて調べていくと、所属先がリヴァプールだった事で好きになりました!単純な理由ですみません…笑

一番好きな選手とその理由は?

一番好きな選手は…スティーブン・ジェラードです!…そこはオーウェンじゃないんかい!って突っ込まれそうですが…笑
もちろんオーウェンも好きですが、やはり一番はジェラードですね。ロサンゼルス・ギャラクシーへの退団はショックでしたが、全盛期に届いた“チェルシー”や“レアルマドリー”のオファーに応じつリバプールに忠誠を誓い、チームを牽引し続けた姿は、リバプールの魂そのもだったように感じます。

強烈なミドルシュートはもちろん、高精度のロングパスなどプレーの一つ一つが素晴らしかった。2004-2005シーズンのCL予選のオリンピアコス戦の3点目、ジェラードのゴールが私の中でのベストゴールです!イスタンブールの軌跡…あの試合から始まっていたんです!だって3点目のゴールを決めたゴールパフォーマンス時のジェラードの背番号が黄金に輝いていたんですから!…興奮していまいました…あのシーンは今観ても鳥が立ちます!

現在所属している選手で好きなのは、ロベルト・フィルミーノですね。彼はセンターフォワードでありながらサラー、マネを活かす為に自分を殺す事ができ、尚且つフォワードとしてのエゴもあるので、点も獲り結果を出せる選手…まさに天才ですね!今後も攻撃の中心としてリバプールで活躍してください!

イラストを描き始めたきっかけは?

正直イラスト(落書き)は、物心がついた時から描いていますね。仲の良い幼馴染と無言で描いてましたね。基本描いている時は話さないので一緒にいる必要もなかったんですけどね〜笑 小中高と授業中には教科書やノートにひたすら落書きをしていました!

ただここ数年まったくイラスト描いていなかったのですが、Instagram(style.t.84ちょっと宣伝)を始めてから趣味で描き始めました。現在は、出掛けた場所や購入したもの、最近ではリバプール関連のイラストを中心に描いています。

LFCラボへ一言

ご提供なんて、そんな代物ではありません!汗
こちらこそ陽の目を見る事のないイラストを、日本のリバプールファンに見てもらえる場を提供していただいて感謝しかありません。精進してイラストを描きますので、今後もちょこちょこLFCラボで紹介してください!!

リバプールオリジナルイラスト紹介

カリウスYNWA


以前にもLFCラボで紹介していただいたイラスト。17-18シーズン決勝後すぐに、カリウスからの視線をイメージして描きました。

モハメド・サラー

17-18シーズン、CLローマ戦でのゴールパフォーマンス。何故か感動しました。個人的にはローマ陣に敬意を払っているように感じた。

ニユーバランスLFC

初回限定版は買えませんでしたが、ネットでようやくゲットでき、嬉しくて描きました。

クロップvsトゥヘル

ブンテスリーガで凌ぎを削った2人がチームを変えての対戦に描きたい衝動にかられました。両監督が身長190センチ以上なのが驚きでした(クロップは知っていましたが)

スティーブン・ジェラード

04-05シーズン、グループステージのオリンピアコス戦、3点目のゴールパフォーマンス。黄金に輝いていた背番号が神々しく印象的でした。おそらく、芝の汚れのだと思いますが…笑

最後に

「style.t.84」さんはInstagramで最新イラストを公開しているのでぜひフォローを。今シーズンの終わりにはトロフィーを掲げたレッズのイラストを見ることはできるだろうか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。