公式ストアでユニフォームを買おう!-リバプールFCオンラインストアマニュアル―

The following two tabs change content below.
ITATSU

ITATSU

リバプールFCとリバプールFCのファンのファンです。 リバプールFCにまつわるいろいろを自分らしく書いていこうと思います。

選手の着ているユニフォームやトレーニングウェア、自分でも着てみたいなあと思うのがファン心。

買いたいけどどうやったらいいかわからない…という声は多くTwitter上などで見かける。

そんなあなたのためにどのようにして購入を行うか、 ページレイアウトが一新したオンラインストアの使い方をここにまとめたいと思う。
最近リバプールサポーターになった!という諸君のために、買い方だけでなくおせっかいにたくさん補足をつけているので勉強代わりに読んでいただければと思う。手順だけ知りたい人は「補足すると」で始まる段落は飛ばして読んでくれたまえ。

オンラインストアマニュアル

まず、何故オンラインストアで買うのか、私なりの考えを。

一、リバプールFCと直接やり取りする喜び。
本物のリバプールFCが自分のために色々してくれている、という気持ちの面である。はるばる英国から物品が届いたときの何とも言えぬ充実感を是非感じて欲しい。
二、品ぞろえ。
日本のスポーツショップより多い。そりゃここから輸入しているわけだから。日本にわざわざ輸入するほどでもない、と日本の店舗が判断したものも自分で買っちゃえるわけだ。見たこともない商品に巡り合える。
三、 クラブの活動に直接貢献できる
自分の支払った金額がそのままクラブの売り上げとなるのだ。グッズ収入がどう活用されているかは不明だが散財する度「ベンテケもサラーも南野も俺のお金でとったんだ!」と騒げる。

次に心得

一、気持ちに余裕をもって取り組む
⇒ページ遷移から配送まで予想外の動きをすることが多々ある。諦めずにじっくりやりろう!この記事も長いけど意味を理解するよう読んでもらえれば、次からはいらないだろう。
二、極力英語を理解する
⇒郷に入っては郷に従え。いくら自動翻訳機能が発達しても限界はある。少しずつでいいから頑張ってみよう。リバプールのため、と思えば英語の勉強も身が入るっしょ?!

オンラインストアでお買い物するのに必要な4つのもの
①メールアドレス:やりとりに不可欠。取得しよう。
②住所:
お住まい。届けるために必要。もちろん記入は英語!
③電話番号:配送に必要。
④クレジットカード:
支払いに必要。※代替できるのかもしれませんが、一番確実。
この3つを準備してさあスタート!

1.ページにアクセスする。

Official Liverpool FC Store

2020年3月時点のトップ画面

リニューアルしたサイトデザイン。かっこいい。スマホ版がポピュラーでしょうがPC版もきれい。

通貨などの設定は右上のここから変更でる。

ここで、国(Country)、通貨(Currency)、言語(Language)を変更できるが、デフォルトのままをお勧めする。一度おかしくなってしまった場合などもここから設定を元に戻そう。

変更しても…

無理に直しても読めなくなるだけ。これが心得二、の理由。
言語は英語のままで!

2.ログイン/アカウント作成

Web上のサービスはおおむねアカウントが必要。若干面倒でも初めに済ませよう。こだわりの品を時間をかけて選んでから色々と面倒な作業に追われるより利口だろう。

クリック後の画面

すでにアカウントをお持ちの方は左側からメールアドレスとパスワードを入力してログインを。初めて使う場合は右側からアカウント作成を行う。
補足までにいかにイタツ翻訳版画像を置く。

こちらが「登録」を選んだ際の画面。入力が必要な情報は次の通り。
Personal Information(個人情報)
Title(肩書):”Mr/Mrs/Ms/Dr/Prof.など。必須ではないのでスルーでもいい。
Forename(名)/Surname(姓)/Date of Birth(生年月日):日/月/年の順で書く。/Gender(性別):必須ではない。
Sign-in Information(サインインに必要な情報)
Email(メールアドレス)/Password(パスワード)
※パスワード設定には条件があります。8文字以上30文字以下, 小文字と大文字を組み合わせる, 1つ以上の数字を含める, 次の記号を含める * : @ | # \ % , . ; [ ] { } ? – _ ~ $ & < > ‘ ” ^ ( ) / ! `
Confirm Password(確認のための再入力)
Contact Permission:ニュースレターなどの配信要否。
上が、LFCと基金、レディースチームについて。下が、スポンサー企業について。
Membership
リバプールのメンバーシップに加入している場合、番号を記入するとアカウントが連携する。
メンバーシップに加入しているといつでもオンラインストアでの購入が10%OFF!

記入が終わったら「Create Account」で次に進もう。

ログインに成功すると上記のアカウント画面に進む。

3.欲しい物を探す!

今回私が狙うのはクラブワールドカップ優勝パッチ付きのユニフォーム!

Embed from Getty Images

ユニフォームは英語で”Kit”。画面上部のメニューからKitを選択。

カーソルを合わせた状態

カーソルを”Kit”に合わせるとホーム、トレーニングなど選択肢が表示される。
今ここでAwayやThirdが無いようにシーズン中に配置が変わる。
今回は”Home Kit”->”Mens”から進む。

セール中じゃねえか!

チャンピオンズリーグ仕様にしたいので、右側の「LFC Mens European Home Shirt 19/20」を選ぶ。補足すると左側の「Elite Home Shirts」はオーセンティックという選手着用モデル。金額も高級だ!真ん中がノーマルなモデル。
なお、後述するがこの一覧で表示されている金額はユニフォーム単体の金額である。ネームなどカスタマイズの内容によって金額は上昇するし、送料も追加されることになるので心構えしておこう。

繰り返すがセール中じゃねえか!

ひとくちに「ユニフォームを買う」と言ってもチェックする項目はいくつかある。今回は3つ説明する。値段、サイズ、そしてカスタマイズ内容である。

値段:言わずもがなあなたがこのユニフォームを手に入れるために必要な金銭のことである。バイトや仕事を頑張ってためたお金をここではたけ!
(選択次第でこの金額が変わってくるのでチェックしてね。)
サイズ:言わずもがなここは欧米サイズの記載なので注意が必要だ。
右下にサイズガイド”Size Guide”もあるのでチェックしてみてほしい。
参考までに身長171cm肩幅がやや広い以外は中肉中背のイタツはいつもSサイズ。ただ今シーズンは首の狭さが気になったのでMサイズを選択した。フィルミーノのだぼだぼな着こなしをマネするためにLを買ったこともある。結局何でもいいと思う。
女性向けに関して言うと、Kids向けの大きめを選ぶというアイディアもある。154㎝の方でLBというサイズでちょうどよいという情報を聞いた。
LBはキッズ向けで上から2番目のサイズなので、参考になればと思う。
※来シーズンからメーカーはNIKEなので微妙にサイズ感が変わる可能性はあります。

カスタマイズ:最も重要と言っていいかもしれない。ワッペン、背番号を加工できる。何が違うの?という方のために次のセクションで説明しておく。
(チャンピオンズリーグ優勝、クラブワールドカップ優勝やらで今は特に選択肢が多い!)

4.商品の詳細を決める

Choose Personalization Group:これは背中の文字に何をプリントするか選ぶことができる。”UCL”は通常の白い背番号。”Champions Gold”というのはチャンピオンズリーグ優勝記念の金色。優勝パレードで選手全員が着用していた”Champions of Europe”という文字を入れる場合に選択しよう。

Embed from Getty Images

今回は世界一を祝してヘンダーソンのユニフォームを買う!と決めているので、”UCL”を選ぶ。

補足すると、ユニフォームのフォントは大会ごとに決まりがある。イングランドプレミアリーグでは全チーム共通のものを以前より使用しており、3年ほど前に今のデザインに変更された。一方チャンピオンズリーグはクラブオリジナルのフォントを使うことが許されている。国やクラブごとにオリジナリティが出るのも楽しい部分だ。

Embed from Getty Images

プレミアリーグのフォント

Embed from Getty Images

チャンピオンズリーグのフォント

更に補足となるが、プレミアリーグのフォントで買いたい場合は、商品を変えよう。先ほどの一覧の中で、「ノーマルなモデル」と紹介した商品でプレミアリーグのフォントを選ぶことができる。
また補足だが、背中の文字(ネーム)に付随して決定されるのが、袖につくワッペンである。このワッペンもどの大会でプレーするかを示しており、国内リーグ、国内カップ、リーグカップ、チャンピオンズリーグで異なるものがつく。そして昨年王者は優勝の証である特別な仕様のワッペンをつけることができる。これは全世界どこのリーグも共通のルールである。(おそらく)

Embed from Getty Images

補足続き:プレミアリーグの場合、画像左側の袖のライオンを模したプレミアリーグロゴが記載されたワッペンになる。優勝した場合、翌年は金色になる。19-20シーズンはマンチェスターシティがそれをつけていたが果たして来シーズンはリバプールがつけることになるのだろうか。
逆側の袖はスポンサーロゴがプリントされている。

Embed from Getty Images

補足:チャンピオンズリーグの場合、いろいろとルールがある。上記画像の通り、向かって左袖には、UEFAのスローガンである「RESPECT」のワッペンが入る。これはUEFA主催大会出場チームに共通だ。その上には、リバプールなど一部のクラブのみ、優勝回数が記されたビッグイヤーをつけることが許される。「一部のクラブ」とは”ビッグイヤーの永久保持”を認められたクラブである。永久保持するためには通算5回優勝するか3連覇することが条件だ。それを許されているクラブはアヤックス(4回※3連覇を達成)、バルセロナ、バイエルンミュンヘン(5回)、リバプール(6回)、ACミラン(7回)、レアルマドリード(13回)のみである。

Embed from Getty Images

逆側の袖はというと「2019」と書かれている。これはプレーしている年という訳ではない。これをつけられるのは今年のリバプール以外にいない、というのも昨年優勝チームの証がこれである。通常の出場チームはCLの象徴であるチャンピオンズボールのワッペンとなる。

Embed from Getty Images

脱線が過ぎたが、次がChoose Patch。Patchはワッペンのこと。ここまで熱くワッペンのことを語ったが、また別のワッペンが出てくる。

ここで今回のお目当て「FIFA クラブワールドカップチャンピオン」の証であるワッペン(左側の「FIFA Club World Cup Winners」)を選ぶ。( £ 5の料金追加となる。) となりの「Right to Play」はCL限定で腰につけているスポンサーである。Right to Playの詳細を語るとまた長くなってしまうので割愛するがチャリティ活動の一種だ。選手が実際につけるモデルにしたいので、私はこれもつけるぞ。(また £ 5の料金追加となる。 )

いよいよネームの内容を決める。ネームはADD NAME/NUMBERの欄で入力可能。上記のAdd your nameタブ選択状態がデフォルトの画面だがこれは自分の名前など自由な内容を入れる場合の表示になっている。入力欄は
Your name(9 characters max)「あなたの名前(9文字まで)」
Number(2 characters max)「背番号(2文字まで)」という意味。
例えば、「ITATSU 27 」という内容でも作れる。

プレゼント待ってます

このように商品イメージ画像の背中部分は自分の入力内容を反映したものに変わっていくので自分のイメージ通りのカスタマイズ内容になっているか確認しよう。今回はヘンダーソンを作るので、以下のタブをクリック。

Add player name「選手の名前を追加する」を選ぶと、トップチーム登録選手の名前と背番号のセットを選ぶプルダウンが表示されるようになる。

Choose Playerというタブから好きな選手が選べるぞ。£10の料金追加となる。

いい選手が多すぎて目移りするが、ヘンドを選ぶ!

カスタマイズを終えたら内容を確認しよう。

正しくカスタマイズできた!

補足までにAdd Player nameの下に現れた注意書きの翻訳を記しておく。

PLEASE NOTE THIS IS THE 2019/20 SEASON SQUAD LIST. Customised Liverpool shirts or items (including without limitation Liverpool shirts or items customised with players, personalised names and third party brands) cannot be exchanged or refunded. Please see our full terms and conditions for more information.
「注意:こちらは2019/20シーズンのスカッドリストです。カスタマイズしたリバプールのシャツ(リバプールシャツもしくは選手のカスタマイズをしたアイテム、個人の名前などを入れたものも含む)は交換したり返品したりできません。詳細は我々の規約と条件をご覧ください。」
 ―とにかく自分でカスタマイズしたものは発注したら引き返せないという事です。上等だ。

補足すると、上記 Choose Personalization Group で説明した「Champions of Europe」をネームに入れたい場合は「Champions Gold」を選んだだけではなく、ここでタブを選択する必要があるので注意。 ※こういうのは優勝など特別なシーズンにしか出ない表示で来年はなくなるし、逆に別の特別仕様が登場するかもしれないが、都度操作して確認しよう。心得一.じっくりね!

とても長尺で説明していしまったが、何もないシーズンなら欧州チャンピオンだのクラブワールドカップだのなんてない。サイズと背番号を選んでかごに入れればよいだけだ。

カスタマイズが終わったら、商品の個数を確認しよう。QTY=Quantity:数量です。ユニフォームはふつう1着だが、ラバーバンドなど小物を2つ注文することもあるよね。
さあ内容を確認し終えたらかごに入れよう「Add to bag」をクリック!

無事にかごに入ると画面上部にメッセージと右上のカバンのマークに入っている商品の数が表示されるようになる。

5.チェックアウト

商品を選んで終わりではない。支払いや送付先の登録をする必要がある。こういう手続きは「Checkout」という。ホテルの利用の際の言葉と同じニュアンスだ。
進むには右上のカバンのマークをクリックしよう。

小窓が開いて今のかごの状態のサマリーが表示される。
確認をして「Proceed to Checkout」をクリックして支払いに進む。

①SHIPPING ADDRESS

遷移した画面がこちら。SHIPPING ADDRESSとは「発送住所」の意味。
発送先に関する情報をここで入力する。
First Name:名前/Last Name:苗字を入力
そこから下が住所だ。住所に関しては混乱しがちだが、落ち着こう。
日本が大→小(国→都道府県→市区町村→番地→建物)の順序で表現するのに対して英国は小→大(建物→番地→市区町村→国)の順番で説明するというだけの違いだ。落ち着いてほしい。

操作:
i)Countryの欄で「Japan」を選択。

ii)右下にある
「Enter my address manually」をクリック。「住所を手動で入力する」の意味。
※郵便番号から住所を自動で引き当てるシステムを導入したようだが、日本の住所では指定が難儀なのでスルーしよう…。

先に申し上げた通り、順序は逆から!ということで下から入力すればわかりやすいだろう。
iii)PostCodeに郵便番号を入力(例:150-0013)
iv)Town/Cityに都道府県を入力(例:Tokyo)
v)Delivery Address Line 1に残りの住所を番地まで入力
(例:Shibuya Ebisu 1 chome 6-3)
vi) Delivery Address Line 2にマンション名などを入力(例:GeneralBuildingEbisuEastB1F)

ぶっちゃけCountryとPost Codeさえ正しく入れば、日本国内の郵送業者まで引き渡されるはず。そこから先は日本の住所規則を理解している配達員(=日本人)が読むのでわかってもらえるはず、ということでDelivery Address 1と2は日本で読みやすいように入力した。
この住所入力欄には文字数制限もあるので、多少の調整はアリだと思う。例えば、Town/Cityには「東京都」を省いて区を入れてしまってもいい。そうすればマンション名を入れる文字数を稼ぐことができる。それでも足りない場合はマンション名は省こう。部屋番号のほうが大事だ。
間違っても日本語=ひらがな、カタカナ、漢字、とにかく全角文字は入力してはいけない。
リバプール内でデータ処理される際に文字化けしたらどこに届ければいいか手掛かりがなくなり大事なお金で買ったグッズが宙に浮いてしまう。
心得二、英語!

「東京都」を省く場合の記入例

以上で住所の入力は終了!
 ※なおこちらの住所は言わずと知れた恵比寿エピローグさんの住所である。
続いて、電話番号だ。
日本の電話番号を記載するときの規則:頭の0を省いて、+81 をつける。
こちらもCountry Codeでプルダウンから日本のコード「+81」を選択しよう。このプルダウンも少し見づらいので注意。

アイコンでしか表示されていない上に丸型で最小化すると日本はほぼ赤い丸だ…。どうやら桁数順→数字順に並んでいるらしく、前半のほうにあった。
とにかく「+81」を選択してほしい。そして、Phoneの欄は携帯番号番号を入力しよう。配送業者とのやり取りがスムーズになるはず。 入力の際は規則を思い出して。頭の0を省いて、+81 をつける。 「090-1234-5678」という番号の場合この欄は「90-1234-5678」となる。

補足すると頭の0を省くのには理由があって普段なじみのある[090]、[080]、[03]…などいずれも頭の[0]は国内プレフィクス番号と言って日本で国内であることを意味する番号であるからだ。そして「81」は 国際電気通信連合 によって日本に割り振られた番号だ。もっと詳しくなりたい人は、総務省のHPを見よう。オンラインストアのマニュアルを見に来たはずなのに、うっかり電話番号についてちょっぴり詳しくなったな。こうやってリバプールをきっかけに色々なことに詳しくなることを喜びにしよう。
次の欄:This is also my billing addressはチェックをつけたままで良いだろう。「請求先住所も同じ」という意味だ。チェックを外すと住所欄が追加される。特に分ける必要はないはずだ。

②SHIPPING METHODS

配送方法だが、海外から購入する我々はDHLの国際配送を選ぶしかない。
£14.99追加料金になる。画面右側の請求額も更新される。

③PAYMENT METHODS

支払い方法。「Place Order Now」のボタンで注文へと進める。だが、メンバーシップに加入している人は割引を適用しよう!
「Apply Membership」(メンバーシップを適用する)をクリックすると小窓が開く。会員番号と生年月日を記入しよう。

メンバーシップ適用後の画面

準備が整ったらPlace Order Nowをクリックしよう。

これがその後の画面。
クレジットカードの情報を入力するには、最上段の[Cards]から進もう。
番号を入力した後【PAY】のボタンを押せば、完了!

自動的にこの画面に遷移する。 お買い物できた!

6.届くのを待つ

あとは待つ。とにかく待つ。天命に身を任せて無事に届くことを待つしかない。スムーズに届かない理由は無数にあるが、対処法もいくらかある。落ち着こう
脅すような言い方をしたが、私個人では10回程度利用したことがあると思うが、時間がかかることはあっても無事に届かなかったことはない。
以下で、オーダー後の流れを説明する。
・オンラインストアでオーダーの状況を確認。
My Account->My Orderと進む。

画面右上のアイコンからMy Accountへ
My AccountからMy Orderへ

この画面で、自分の注文の履歴を見ることができる。「Status」「状態」の欄だ。「Processing」は「進行中」という意味で、まだ発送されていない。
ここが次のステータス(Completeだったはず。)になると、発送される。
・発送
発送されると発送メールが届く。「 Progress Update for order 」という件名のメールだ。(「注文の進捗アップデート」という意味)
このメールにDHLの品物管理番号とDHLのリンクが記載されているので、そこから確認しよう。何月何日何時何分にリバプールを出て、ロンドンについて、ヒースロー空港を出て、成田空港について、という詳細を確認できる。
このメールが届かない、という場合もよくあるようだが、それは待つしかない。変なフィルターがかかっていないか、迷惑メールのボックスに入っていないかよく確認しよう。

・受け取り
DHLのサイトでは配達日時を指定できるので、再配達のお手間をかけないように調節しよう。受け取りの際には関税を支払わないといけない場合がある。どういうときに請求されるのかよくわかっていないが、必要な場合2000円~3000円だ。DHLの人のピンポンには念のため財布をもってドアを開けよう。

楽しいオフィシャルグッズライフを!

マニュアルとしては以上だ。
今回の発注も新型コロナウィルスの影響で無事に届くか不明だが、それでも良い。健康第一。忘れたころに届く、くらい大きな心で待とう。万が一宙に消えてしまった場合はすごく悲しいがすぐに切り替えよう。
「俺の慈悲ある支援のおかげでヴェルナーを獲得した。」と騒ぐ。もしヴェルナーが点を取ろうものなら「今のゴールは実質イタツの得点だ。」と騒ぐ…。など次の楽しみが増えることに胸を膨らませれば切り替えられるもんね!
そんなことを聞いてもらう相手を作りにオフラインのつながりも大事にしていきたいですね。
(ヴェルナー来るんでしょうか??)(それより来てほしいよユニフォーム)

手続きに関してはTwitterで質問を寄せてもらえれば答える(かもしれない)し、いい感じにQ&Aが集まったらそれも追加記事にしようかなぁ。

一人でも多くの人がリバプールFCから正規にグッズを購入し、リバプールFCライフを楽しめますように!

CL優勝直後に購入したものが届いた時の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA