マージーサイド・ダービープレビュー/リバプールDF陣は目覚めたルカクを止められるか。

The following two tabs change content below.
UMIYA
戦術分析から軽い紹介記事まで、リバプールに関することや、プレミアリーグや他リーグのこともネタがあればkop目線で様々な記事を書きたいと思っています。よろしくお願いします。

インターナショナルウィークが明けると、今週末はいよいよマージーサイドダービーですね。今回はそんな注目のダービーマッチについてく考察したいと思います。

ランチタイムキックオフのダービー、気になる各選手のコンディション

インターナショナルウィーク明けのゲームで毎回言われることは、遠方へ出て行った選手たちのコンディションの問題ですね。今回はランチタイムキックオフということもあり、そういった選手たちのコンディション調整は更に難しくなりそうです。リバプールからコウチーニョとフィルミーノがブラジル、マネがセネガル代表に招集されていますので、ブラジル代表とセネガル代表の最後の試合のキックオフ時間をまとめました。(日本時間)

・コートジボワールvsセネガル 28日午前3時

・ブラジルvsパラグアイ 29日午前9時30分

ブラジルの方が24時間以上キックオフが遅く、時差の問題もあるので厳しいですね。セネガルの試合は執筆時点で終了していたのですが、ファンが会場に乱入したため88分に中断されたようです。何ともアフリカらしいですね。マネは先発し、PKでゴールも奪っていました。

この3選手がコンディションを整えられるかは、非常に重要な問題ですが、リバプールに残ったヘンダーソンの容態も気になるところです。エバートン戦に向けて準備をしていると言われていますが、果たしてどうなるでしょうか。

目覚めた怪物 ロメロ・ルカクを止められるか

先日、ワールドカップ欧州予選のベルギーvsギリシャの試合を見ていました。ギリシャが守備的に戦い、相手の隙を突いた1本の攻撃から先制し1-0で試合は終盤を迎えていました。そこでルカクのこの一撃です。

ルカクのディフェンダーを背負っての胸トラからのシュート!ゴールが決まってベルギーがギリシャに追いつく https://t.co/Y8xo5Se58S

目が覚めました。ここまでルカクにはあまりボールが入らず、封じられていたのですがこの一撃です。さすがプレミアリーグで得点ランキングトップを走るストライカーだと感じました。そしてsquwakaによるとこんなデータも残っているそうです。

今シーズン、5大リーグで80分以降に奪ったゴール数が1位みたいです。ルカクに対しては最後まで油断めきないですね。例え試合を通してルカクのパフォーマンスが良くなかったとしてもです。ギリシャ戦のゴールを見てもディフェンスはついているわけですからね。しかもマークしているのはドルトムントのソクラティス・パパスタソプロスです。それを物ともせず決めてしまったルカク。非常に怖い存在ですね。リバプールとしてはルカクにボールが入る前に潰してしまいたいところですね。もちろん、CBの役割は大きくなると思います。アウェイでのリバプール戦ということでクーマンが引いてくる可能性も高いと思います。そうなった時、広いスペースで前線に残ったルカクとバトルするのはCBの仕事ですから、かなりハードなタスクになると思います。

エバートンの怪我人情報

では最後にエバートン側の怪我人を見てみようと思います。ダービーを欠場すると見られているのは,シェイマス・コールマン、モルガン・シュナイデルラン、ジェームズ・マッカーシーの3人のようです。コールマンは代表戦でショッキングな怪我を負ってしまいましたね。1日も早い回復を祈ります。

今回のダービーはアンフィールド。クーマンが引いてくる可能性があるとは言え、選手たちのモチベーションは上がるだろうし、下位チームを相手にした時のような試合はしないでしょう。相手を圧倒し、昨シーズンの4-0勝利のような試合を再現してほしいものです。そして、クロップ就任後ダービーマッチ3連勝といきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。