【試合レビュー】第30節リバプールvsエバートンの考察〜コウチの復活、ロブレンのルカク完封〜

ロブレン
The following two tabs change content below.
あだむ・ららな@YNWA

あだむ・ららな@YNWA

Liverpoolを心から愛してやまない社会人1年生です!KOPの方はフォローお願いします! you'll never walk alone!!

久しぶりの記事投稿になります。
3月は年度末ということもあり仕事の方が忙しく時間が取れませんでした。
4月からは心機一転頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします!!

 

代表ウィークの試合でララーナが負傷を負ってしまいました。
約1か月の離脱とのことですが、これまでの貢献度の高さを考えれば非常に痛いです。
トップ4フィニッシュに向けて負けられない戦いが続く中でチームのキープレイヤーを欠くというのは当たり前ながらポジティブな要素ではありません。
しかし、泣き言ばかりも言ってられません。YNWA

スターティングメンバー

ミニョレ
クライン マティプ ロブレン ミルナー
エムレ ルーカス ジニ
マネ フィルミーノ コウチ

ララーナの離脱によりエムレが一列上がり、ルーカスがアンカーポジションを務める形です。ルーカスはCBではなくアンカーならばまだまだ信頼できるプレイヤーだと思っているので妥当な選出だと思います。他ではロヴレンがスタメンに復帰しましたね!!

選手評価

①コウチ
怪我明けからなかなかコンディションが上がりきらない印象でしたがついに完全復活という印象です。久しぶりにキレキレのコウチを拝みました。対峙したペリントンはまるで対応できてませんでしたね。コウチの復調はこれからの戦いに向けて非常に頼りになりますね。

②エムレ&ジニ
シティ戦に続き球際の激しい試合だったのですが、このような試合では二人のフィジカルは非常に頼りになります。豊富な運動量はもちろんですがこの試合では、ブラジル帰りで後半疲れの見えたコウチ、フィルミーノのサポートでサイドまでプレーエリアを広げていましたがそつなくこなすという対応力の高さを見せてくれました。特にジニの万能性には試合を追うごとに驚かされるばかりです。すっかりインサイドハーフの印象が強くなってしまいましたが、オランダ時代にはドレッドヘアをなびかせながらサイドを支配するサイドアタッカーだったんですよね。ウイイレでお世話になってました。

 

③マティプ&ロブレン&ルーカス
3人の守備での対応はほぼ完ぺきでした!!得点王レースでトップに立つルカクを相手にまるで仕事をさせませんでした。ロブレンはスタメン復帰でいきなりルカクを相手にするのはしんどいのでは?と心配していましたが杞憂に終わりました。ルーカスが中盤の底でしっかり仕事をしてくれたのでマティプとロブレンもやりやすかたでしょう。

総括

3-1という結果には満足です。内容にもおおむね満足なのですが懸念はセットプレーの守備とマネの負傷ですね。セットプレーの守備はこの試合に限った話ではないのですが一向に向上する気配が見られませんね。もう今シーズン中の改善には期待できませんね。
マネに関してですが、詳細はまだわかりませんが次節のボーンマス戦は欠場するみたいですね。軽傷であることを祈るのみです。

個人的にコウチ、マネのポジションが試合を通じて中央によっていたような気がするのですが気のせいでしょうか?なにか狙いがわかる方がいればコメントしていただけると嬉しいです。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。