来季は笑っていられるか、マージーサイドダービーの予想フォーメーションと予想結果

リバプールロッカールーム

トップ4への期待は、、、

代表ウィークを挟んでの今週末からリーグ戦が再開される。前節はシティ戦でミルナーのPKで1-1の引き分けに終わった。この試合でトップ6とのゲームは全て消化、無敗という好成績を残した。だが、今は他チームと比べて試合消化数が多い上に4位とイマイチ勝ち点が積めていない、それは下位相手に落としすぎなのはKOPなら誰でも知っている。宿敵ユナイテッドは2試合未消化でその未消化試合を2勝すると順位が入れ替わる、屈辱である。もう前の1試合1試合に全力で取り組むしかないのだ。それを続けていけば最終節の終わりのホイッスルの時には笑っていられるであろう。

タイトルのもう1つの意味

来季は笑っていられるか。これには1つ前のCLが手に入るかどうか、すなわちトップ4でフィニッシュ出来ているのか。ということ、ともう1つの意味を持たせてタイトルを付けさせてもらった。そのもう1つの意味とは来季もリバプールで笑っていられるか、ということだ。来季もリバプールに残っているのか。そういうことを私はこのマージーサイドダービーが1つの区切りではないかと踏んでいる。なぜか?それはヘンダーソン、ララーナの欠場。そして、代表帰りで体調不良を訴えているフィルミノ。そう、このメンバーに変わって出るであろう選手には移籍の噂が飛び交っているからである。例を挙げるならルーカス、トレーニングに復帰したスターリッジ。このメンバーはおそらくダービーのオプションとしては大いにあると思う。そこで出場した場合にはクロップを納得させるパフォーマンスをしなくてはいけない。

 

来季も残留確定なのは今の所ヘンダーソン、ララーナ、フィルミノ、コウチーニョ、マネ、ジニ、ミルナー、クライン、ロヴレン、マティプ、カリウス。シニアメンバーではこの辺ではなかろうか。いわば皆がみたいフルメンバーである。それ以外の選手はみな毎日が勝負の時であろう。そんな選手たちに訪れた絶好の機会。これを逃すわけにはいかない、そして勝利の為にも。

予想フォーメーションと予想結果

怪我人続出のメンバーでどのような構成にしていくのか。今回は私が今節見てみたいイレブンを紹介させて欲しいと思う。

GKはミニョレ、DFラインは右からクライン、マティプ、ロヴレン、ミルナー。中盤の底にチャン、インサイドハーフにはジニとコウチーニョ。前線三枚はマネ、オリジ、ウッドバーン。(ウッドバーンの写真をお願いします!)

賛否両論はあるかと思いますがお手柔らかに🙏

後半途中からスターリッジ、ルーカス投入が理想ではないかと思ってしまう。是非ウッドバーンはフルでみてみたい。

予想結果としては2–1。後半終了間際にドラマが、、というのも悪くないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。