トッテナムVSリバプール:元エバトン監督ロナルド・クーマン「リバプールが勝つことを祈っている」

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、本日(5/27)のデイリー・ミラー紙の記事です。

■トットナムvリバプール:元エバトン監督(ロナルド・クーマン)「リバプールが勝つことを祈っている」

オランダ代表監督のロナルド・クーマンは、6月1日のCL決勝戦について、「リバプールが勝つことを祈っている」と希望を語りました。

これは、元エバトン監督としての立場は忘れて、オランダ代表チームの利益を考えてのことだそうです。というのは、6月のネーションズ・リーグ準決勝で、オランダはイングランドと対戦します(6月6日にポルトガルで開催)。その試合に駆け付けることになるフィルジル・ファン・ダイクとジニ・ワイナルドゥムが「自信を得て気合に満ちた状態で」代表チームに合流して欲しいという願いです。

画像出典:Virgil Van Dijk公式Twitter

「リバプールは今季素晴らしいシーズンを送った。その末に、トロフィーなしで終わるというのは不条理だと思う。プレミアリーグとCLとの2つの大きなトロフィーに、ここまで近付いた末に、どちらも取れずに終わるとなると」と、クーマンは語りました。

「ファン・ダイクとワイナルドゥム、そしてリバプールのチーム全体にとって、それはあまりにもひど過ぎる」

クーマンは、もしアヤックスが決勝進出した場合には、オランダ代表チームの選手たちを連れて、みんなで一緒にCL決勝戦を見に行く計画を立てていました。

しかし、アヤックスが敗退したため、オランダ代表チーム一行はポルトガルの合宿所に留まることになったそうです。

画像出典:orange公式Twitter

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。