アンディ・ロバートソンがリオネル・メッシの頭を小突いたことは「やり過ぎだった」と反省、チーム内の硬い団結を語る

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、2/23のリバプール・エコー紙の記事です。

■アンディ・ロバートソンがリオネル・メッシの頭を小突いたことは「やり過ぎだった」と反省、チーム内の硬い団結を語る

アンディ・ロバートソンは、リバプール・ファンの絶大な人気を集めています。ただ、その人気の理由である、プレイ面以外での行動について、ロバートソンは一つだけ「反省している」事件があったことを明かしました。

「僕は、過去を振り返って自分の行動を後悔する、ということは基本的にはない。どんなことも自分にとっては経験として役立っていると思うから」と、ロバートソンは語りました。

「ただ、ひとつだけ、昨季のアンフィールドでのCL準決勝で、リオネル・メッシの頭を小突いた件に関しては、後悔している」

「後からビデオを見て絶句した。あれはやり過ぎだった、と反省した」

「僕は、メッシとバルセロナに対しては尊敬しか抱いていない。あの試合ではスペシャルなプレイが必要だったが、あの行為はダメだったと思う」。

画像出典: Liverpool FC 公式twitter

「あれは、僕の本来の姿ではない。やり過ぎだった」

そして、FIFAクラブ・ワールド・カップ決勝で、フラメンゴのラフィーニャに対して、サディオ・マネの「復讐宣言」したことについて質問されて、ロバートソンは答えました。

「サディオは、時々感情が高まることがある。あの時も、明らかに相手選手がサディオを挑発して怒らせて、退場させようとしていた。だから僕はサディオの気持ちを静めようとして、あのような行動を取った」。

「そのせいか、他の選手がサディオに何か言ったせいかわからないが、サディオは後半はすっかり冷静でいつもの状態のプレイに戻った」。

「今のチームはファミリーのようなものだから、だれか一人が相手チームのターゲットにされた時は、他の選手が助けようとする。我々はみな兄弟のような仲だから。」

画像出典: Andrew Robertson 公式twitter

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA