ユルゲン・クロップが(世間の批判にさらされてきた)主将を称賛

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、本日(6/2)のリバプール・エコー紙の記事です。

■トットナム0-2リバプール:ユルゲン・クロップが(世間の批判にさらされてきた)主将を称賛

画像出典:LFC公式Twitter

昨夜のCL決勝戦の後で、優勝したリバプールのユルゲン・クロップが、この勝利に際して最も満足している点を説明しました。

「私が最も満足していることは、選手たちが良くやったこと」と、クロップは語りました。

「世間がわがチームの数人の選手たちについて、不当な批判をしてきたことは周知の通り。」

「ジョーダン・ヘンダーソンは、2019年CL優勝チームの主将だ。私にとって、それはとても満足なことだ」

「選手たちがこの優勝を実現した。選手たちが最も重要」

「私はネイティブスピーカーではない。その分、ミリー(ジェームズ・ミルナー)の試合前の控室でのスピーチがなかったら、優勝することはできなかっただろう」

画像出典:LFC公式Twitter

「このようなことが非常に重要な要素として働いた。彼ら(主将と副主将)は、選手たちが沈んでいる時に盛り上げる役割を果たしてきた」

そして、来季のCL決勝戦はイスタンブールです。リバプールが5回目を達成した2005年と同じ都市です。

「私はUEFAに言った。我々が来年も行きますからね、と」と、クロップはジョークっぽく笑って語りました。

「我々は、クラブの歴史の重さを背負っている。来年の決勝にも出られたら素晴らしいと思う。勿論、大変なことだが」

そして、クロップはトットナムのマウリシオ・ポチェッティーノに対して称賛を表明しました。

「私は、トットナムが今どんな気持ちでいるか、恐らく誰よりも良く知っている人間だと思う」

「彼らはセンセーショナルなほどに素晴らしいシーズンを送った。彼らは、今日の試合でも勝利を得るだけのプレイをした。我がチームが得点したタイミングが良かったが」

「私は試合後にマウリシオに言った。あなたはあなたのチームを誇りに感じるべきです、と」

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。