マン・ユナイテッド1-1リバプール:アンディ・ロバートソンがアダム・ララーナの(見えないところでの)影響力を語る

adam lallana
The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、(10/21)のリバプール・エコー紙の記事です。

■マン・ユナイテッド1-1リバプール:アンディ・ロバートソンがアダム・ララーナの(見えないところでの)影響力を語る

アンディ・ロバートソンは、昨日のマンチェスターユナイテッド戦でサブで登場し、試合終幕の同点ゴールを決めたアダム・ララーナについて、「見えないところでの影響力」を語りました。

ララーナは現在31歳ですが、負傷のため試合に出られない時期が長かったことから、このゴールは2017年5月以来のゴールとなりました。

画像出典:Liverpool FC公式Twitter

そのララーナの同点ゴールにアシストを出したロバートソンは、試合後に語りました。

「本当に驚くほど凄いことだと思う。彼(ララーナ)は負傷で苦戦してきた。負傷からやっと回復したかと思ったらまた負傷、という辛い時期を過ごしてきた。本当に大変だったと思う」と、ロバートソンは語りました。

「でも、アダムは模範的な態度でその苦労を乗り越えてきた。負傷というものはどんな選手にとっても辛いことだ。でも、彼は常に自分を立ち直らせるよう努力をしてきて、そしてトレーニングでは常に100%を出してきた」

画像出典:Liverpool FC公式Twitter

「試合の日の控室では、彼はいつも良く喋る。試合に出られずに大変な時には、黙ってしまうことの方がラクなのに、でも、彼はあえてチームメートに激励するような言葉を、常にかける。」

「アダムは常に、試合に出られない選手がお手本とすべき態度を保っている。本当に、トップ中のトップという選手だ」

「だから、僕は彼が得点したことで、心から嬉しかった」

「彼がサブで出場して、非常に素晴らしいプレイで試合を変えた、と僕は思う。得点できたことは、彼自身の自信にもつながることだと思う。これをスタート台として、これからもっと、頻繁に彼の素晴らしいプレイが見られるだろうと思う」

画像出典:Liverpool FC公式Twitter

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA