ジョゼ・モウリーニョが今季CLのベスト・イレブンを選ぶ。リバプールから6人

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、本日(6/3)のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■ジョゼ・モウリーニョが今季CLのベスト・イレブンを選ぶ。リバプールから6人(マン・ユナイテッドからは0)

元マンチェスターユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョが、今季のCLベスト・イレブンを選びました。その中に優勝チームのリバプールから6人を選んだのに対し、自らが監督を勤めていたマンチェスターユナイテッドからは1人も選びませんでした。

「GKは、アリソン。昨日(決勝戦)、彼は必要な時に必要な場所にいた」と、モウリーニョは選出理由を説明しました。

画像出典:LFC公式Twitter

「二人のフルバックもリバプールの二人。この二人はとにかく素晴らしい。トレント・アレクサンダー・アーノルドとアンディ・ロバートソンの二人。驚くべきキャラクターと人格を持っている選手たち。一人は地元出身で、もう一人はスコットランド人で数年前には降格したハル・シティから来た選手」

「この二人は体力的にも優れているし、攻撃的だ。この二人は、私の見解では『フットボールに必要な、いい意味での傲慢さ』を持っている。何事にも恐れないし、攻撃力がすごい。」

「昨日(決勝戦)のような、ものすごいプレッシャーの中でもこの二人は素晴らしかった」

画像出典:LFC公式Twitter

「そして、フィルジル・ファン・ダイクはキングだ。彼はもの凄い影響力を持った選手だ。ポジショニングも優れている。トップ、トップ・プレイヤーだ」

それ以外の選出について、モウリーニョは説明しました。「私は準決勝より前に敗退したチームからは選出しなかった。それは、準決勝まで勝ち抜いたということが必須条件だと思うから」。

「その前に敗退したチームには、もの凄い選手もいた。でも、ベスト・イレブンとしては準決勝以上という前提で選んだ」

「アンフィールドでの2戦目では失望だったが、メッシを選んだ。準決勝に出られなかったからクリスティアーノ・ロナウドを選ばなかった。アトレチコ戦のカムバックは凄かったが。メッシは準決勝に出たので選んだ」

●モウリーニョの今季CLベスト・イレブン
GK: Alisson Becker (リバプール)
RB: Trent Alexander-Arnold (リバプール)
LB: Andy Robertson (リバプール)
CB: Virgil van Dijk (リバプール)
CB: Matthijs de Ligt (アヤックス)
MF: Frenkie de Jong (アヤックス)
MF: Donny van de Beek (アヤックス)
MF: Christian Eriksen (トットナム)
FW: Lionel Messi (バルセロナ)
FW: Sadio Mane (リバプール)
FW: Mohamed Salah (リバプール)

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。