PL17/18第1節ワトフォード対リバプール 全出場選手の「通信簿」by DANFIELD

各選手レイティング

シモン・ミニョレ

評価:D | BAD |
いつものミニョレが戻ってきてしまった。
90分間安定のあの字も無いパフォーマンスを披露。昨シーズン終盤のドッシリ感を忘れてしまったのか。
特に不可解だったのが、異常に繋ごうとすること。意図があったのかは分からないが、簡単にければ良い部分でひたすら近場の選手にスローをしていた。それで一つヒヤッとさせる場面も作るなど、ただただ落ち着いてくれの一言だった。

トレント・アーノルド

評価:C
前半のチーム状態に引きづられてしまった印象。マッチアップしたペレイラに完敗だった。ただ、後半からチーム状態と共に本調子に戻り、持ち味のクロスを発揮するなど才能の片鱗は見せつけた。後半マッチアップしたリチャーリソンも完璧に抑えたので気持ち的にも良いイメージで交代できただろう。
波はありそうだが、今後が楽しみ。

ジョエル・マティプ

評価:C
守備は良くもなく悪くもなくといった印象。
今回はビルドアップの場面での判断ミスが目立った。チームスタイル的にも縦に急ぐ部分が頭にあるのだろうが、相手の素早いチェイスがあると自ら意図なくスペースへ持ち込んで前進し、結果取られて自分の空けたスペースへカウンターを受けるといったシーンが前半に数回あった。

デヤン・ロブレン

評価:B
とにかく相手へ突っ込んでいた。ただ、それで一応取れているのでなんとも言えないといった感じ。前半は浮き球への処理に苦労していたが、しっかり対応できてはいたので悪くはなく、個人的には珍しくマティプより良い印象が残った。

アルベルト・モレノ

評価:A
これを続けられるのであれば、スタメンで出場することに異議なし。2失点目のシーンでは相手に倒されて剥がされたので、審判によってはあそこで止められていたのではと思う。守備では無理にいかず簡単にプレーをしており終始落ち着けていた。その上での攻撃参加でもかなり相手の脅威となっており、裏に抜けてヘンドからフィードを受ける連携プレーが多くできたのは、今後に向けて良い収穫だったのでは。

ジョーダン・ヘンダーソン

評価:B
可もなく不可もなし。
ボールを持っている時の安心感は健在。
ただ、それはボールを持っている時だけで、持っていない時の動きがもう少し欲しかった。それは攻撃ではなく守備においでの話で、セカンドボールの反応が遅かったり、潰しがあまり効かなかったりと、アンカーらしくなかったかなといった印象が残った。

ジニ・ワイナルドゥム

評価:D | WORST |
前後半通して完全に消えていた印象。
攻撃においても、守備においても、特に仕事らしい仕事がなく、後半にバイタル付近でフリーになったシュートチャンスも外すなど、今日は散々なパフォーマンスに終わった。

エムレ・ジャン

評価:B
前半を無視すればA判定。
彼は周りにスペースがないと活きないタイプの選手なのかもしれない。前半は相手の激しいチェイスによりボールを貰いにきても選択肢はほとんどバックパスだった。
後半に相手が引き始めると、前を向いて伸び伸びとしたプレーをし始め、前線への散らしはかなり効果的だったと感じる。
ただ、いらないファウルが多すぎるのと非常に相手に左右されやすい選手だという印象が個人的には残った。

モハメド・サラー

評価:B | GOOD |
プロも緊張するんだなあと(笑)
前半はプレーにかなり迷いがあるように感じ、ミスも目立つなど完全に孤立。
ただ、もうそれは今日で見納めだろうと後半のプレーを見て感じた。とにかく足が速い。
周りもそれを試合中にしっかりと判断し、彼の届く範囲にボールを預けられるようになり伸び伸びとプレー。
PK奪取に1ゴールと、上々のリバプールでのプレミアデビュー戦だった。

サディオ・マネ

評価:A | MVP |
前半からチームが良くない状況でも孤軍奮闘。独りよがりなプレーをせず、必要な時は周りへのチャンスメイクもできるというのがGOOD。
しっかりと結果を残し、今シーズンも攻撃の中心だということを期待できそうだ。

ロベルト・フィルミーノ

評価:C | BAD |
チーム状態もあったかもしれないが、前半は特に空回り感が否めなかった印象。孤立したことでボールをキープするために下がりに来たまでは良かったが、その後攻撃に展開できたかといえば微妙。
後半からはプレシーズンで良かったフィルミーノに戻ったので安堵したが、孤立した時の彼の判断に改善の余地があるかなと感じた。

ディボック・オリギ

評価:-

ジェームズ・ミルナー

評価:-

ジョー・ゴメス

評価:D
オリギ、ミルナーは評価不可能だったが、ゴメスはできる。何故なら彼の唯一のプレーが失点したコーナーキックの原因となったペナルティエリア左脇でのファウルを献上したからだ。
正直、あのファウルが起きた瞬間に嫌な予感がしてしまった上、当たってしまったことに悶絶した。そもそもなぜ彼を終了直前に投入したのかクロップの意図を問いたいところ。

チーム総括

評価:C

前半が酷すぎた。ワトフォードの前線からの早いチェイスにバックラインと中盤が完全にハマってしまい、前線3枚が孤立。その上、リスクを掛けたくないバックラインが位置を下げたことで間延びし、前線までボールを運べたとしても中盤の上がりが間に合わず、取られてカウンターの繰り返しだった。
前半と後半でリバプールのパフォーマンスがガラリと変わったわけだが、なにが変わったかと言われれば特にない。変わったのはワトフォードの方で、前半のうちに完全燃焼して後半にチームが間延びしてスペースができる状態になった。

スペースができればリバプールにとっては美味しい話。そのスペースを前線3枚が流動的に動き、相手DFを引かせて押し上げることに成功して逆転まで持ち込めたと感じる。

全体的に見れば課題は山積み。

開幕戦だからと言えば前半の焦りようは改善可能かもしれないが、セットプレーがお粗末すぎる印象がどうしても抜けない。ゾーンであれば、相手の受け渡しはしっかりしなければならないのにそれも皆無だった。

もはやコウチーニョどうこうの問題ではなさそう。

唯一明るい材料があるとすれば、フィルミーノ、サラー、マネの3トップはハマればカウンターのバリエーションは昨シーズンより大幅に増えそうだということ。これはかなり相手への脅威になる。

CLプレーオフに向けて、不安を残すスタートとなってしまった。

感想やご意見、是非お待ちしてます🔴

【PL第1節】ワトフォードvsリバプール(ハイライト動画/選手採点)

2017.08.11

25 件のコメント

  • アーノルドはBでも良かったかなと。
    もちろん前半はペレイラとのマッチアップでやられてはいましたが、マッチアップの機会もそこまであったわけではないので少し厳しいかなと、、。
    ヘンドももっと、ボールに関わってほしいし、相手の攻撃をもっと止めてほしいという意味ではCでもいいかなという気もします。フィルミーノは前半、気持ちが入ってないプレーに見えてましたが、B以上の働きは見せたのではないかなと思います。
    あとは完全に同意です。サラーの緊張感は自分にも伝わってきました。(笑)
    次は勝ち点3何が何でも取りましょう!

    • アーノルド、フィルミーノのに関してはプレシーズン非常に良かったのでもっとやれたという部分で低めにしました!
      ちょっと全体的に雰囲気悪かったですよね、今後の改善に期待です!

  • 守備がこうなのはもう何度もみたので置いときまして。ララーナ、コウチーニョがいないと中盤で剥がせる選手がいなくなるのでその点が非常に痛い点だと思いました。ヘンドとチャンの共存も昨年同様厳しいと感じます。どうしてもチャンが下がってしまうので前の3枚と中盤の距離が離れてしまいフィルミーノは非常に難しかったと思います。プレシーズン好印象だったソランケ、ケントをオリギを使うなら使って欲しかったです。

  • 残念な結果の後に早速の投稿、お疲れさまです。
    モレノに対して私もそこまで悪い印象はなかったので、同じ意見の方がいて安心しました(笑)
    失点シーンはモレノがチャレンジしなくても結局危険な状況だったので、あの判断は責められないですね。むしろ、その後のカバーが組織としてどうなのかな、と。
    中盤はこの三枚でヘンダーソンをアンカーにすると相手のプレスを剥がせなくて、ララーナ復帰まで苦労しそう…。ミルナーでも同じ問題は起きるだろうし、グルイッチやウットバーンを使うわけにもいかず難しいですね。フィルミーノも今日の内容考えるとここの適性はなさそう。
    サラーとマネは数少ない光明でしたが、オリギはこのままだと冬に放出もあるのでは…?と思ってしまいます。
    CLPOに向けて切り替えてくれるといいのですが…
    長文失礼しました。

    • 結構モレノを悪く言ってる人もいますが、今日のパフォーマンスでそれならモレノは人より2,3倍良くないといけないかんじになるのではと思ってしまいます(笑)
      やはりララーナがいかに攻撃面で良い働きをしていたかが分かる試合でしたね。いやー、オリギに関しては昨日の試合でボロクソ言われるのは可哀想かなとは思いますね。
      リードしている状況で攻めの姿勢が薄くなっていますから、ボールも前線までなかなか来ないわけですし。
      前線からのプレスをしっかりかけるという面では最低限の仕事はできていたのではと思います。

    • 確かにヘンドは甘めだったかもしれませんね。
      個人的には「及題点」以上だったと思いますね。周りが酷かった中、前半からマネとモレノだけは落ち着いてプレーしていましたし、プレシーズンからの好調をしっかり継続できていました。
      個人的には、悪いチーム状態の中であればAだったと感じます!

  • 早速の通信簿ご苦労様です。
    やはり開幕直前のコウチーニョ問題がチームにマイナスの影響を与えたのでしょうかね。
    前線3人はもっとやれると思います。サラーは精度が上がれば更なる脅威になり、サネはケガの影響全くなしですね。ボビー悪くはありませんでしたが、パサーがいないと彼も活きないですね。
    DFはマディプの出来が悪かったのが気になります。開幕ということで割り引きます。モレノは前半だけ見るとC-Dで、後半はB+といったところでしょうか。
    次節のパレス戦は解消と行きたいですね。

    • 気のせいかもしれませんが、試合開始からなにか雰囲気の悪さを感じましたよね。
      やはり前線3枚を活かすには中盤鍵となりそうですね。ララーナの大きさを感じた気がします。
      そうですね!それを願うばかりです。

  • 自分も見る前からWORSTはジニだと思ってました。
    ララーナが恋しくなりました。
    後半ジニ→オリギとかも良いのかなと思ったんですがどうでしょうか
    あと、メンツ、戦術、交代を含めてのクロップの評価もあるとより嬉しいなと感じました!

    • 全体的に同意見ですね!
      ジニ→オリギということは、ボビーを中盤にさげるということですよね?
      すみません、下書きでは作っていたんですけど書き出したら止まらなくて(笑)
      軽いレビューのつもりだったので削減させていただきました。
      次回からは評価付けさせていただきますね!

  • んー。モレノはずっと期待値が低かったとはいえ、攻めの部分では思い切ったプレーも多くて切り返してクロスしかないミルナーよりやっぱり見ていて期待感が持てて、DF面も及第点でよかったと思います。中盤が落ち着けていないし降りてきたマネに作ってもらってるようじゃコウチ、ララーナ不在を理由にされちゃうよねと思いました。

    • 中盤。やはり課題が残りましたよね。
      2人とも縦に早く行くタイプではないので、プレスを早くかけられてしまうと選択肢の幅が狭まってしまうなという印象が残りました。
      今後の改善具合に期待するしかなさそうですが。

  • 非常にモッタイナイ内容でしたね。
    ま、リードしててもセットプレーに弱いのが変わらないのは腹立たしいですね。
    ヘンドとチャン入るなら、チャンはもっと高くプレーしてほしいですが、厳しいですね。
    ジニは確かにプレス面は前任がララナだけあって難しかったですね。しかし、攻撃面に関しては良くも悪くも快速ウイングのおかげで中盤省略が起こるので、去年のようにスペースに滑り込むシーンも減ったのもあると思いました

    • 腹立たしいのはごもっともですね。
      自分も嫌な予感がしてしまってしかも当たってしまった時はああいつもこうだと笛鳴った瞬間にライブ切りましたね(笑)
      ジニは元々もう少し高い位置でプレーする選手なので、もっといって欲しいんですけどね。2人とも引いてしまうとなかなか難しいかなと。
      前線3枚を活かすためにも、中盤はララーナ以外の選手達の奮起を期待したいです。

  • はじめまして!記事を拝読しました。
    私はスポナビブログをメインにしているので、初めて読みました。冷静かつ的確な分析ですね!
    モレノに関しては、ロブレンとの相性がいまひとつかなと思います。ロブレンも圧倒的な機動力があるわけではないので、モレノがついつい空けてしまうスペースのカバーに苦労していた印象です。守備の安定性を考えるとやはりミルナーかな…もしくはフラナガンあたりに期待したいかなと。
    また、攻撃の停滞感に関しては、ヴァイナルダムとジャン、サラーとマネの役割・特徴が被ってしまったのが大きいかなと。前者のどちらかをララーナに、後者のどちらかをコウチーニョに代えると攻撃の幅や深みが出るのではないかと思います。
    サラーに関しては、個人的にはフィルミーノと2トップでの起用も面白いかなと思います。中央に入り込んできたときに良さが出てましたし!

    • ありがとうございます!
      そうですね、守備を優先するのであれば、ミルナー一択ですかね。笑
      ただ、モレノの攻撃参加時のリスク管理はモレノやロヴレンだけの責任ではないと感じています。プレシーズンでミルナーが左インサイドに入った時は、ミルナーがしっかりそのスペースを埋めていたので、そういった連携がとれるとなお良いかなと思います。
      自分もそれは感じました。特に中盤ですね、2人とも完全に引いて散らすといったプレーに絞られていたので相手からしても対応がやりやすそうだなと思いました。そうなるとサイドに貼りたいサラーとマネが浮いてしまったのが前半苦戦した要因だと感じます。
      プレシーズンでバイエルンと対戦した時は、マネとサラーの中継役としてララーナとフィルミーノが絡むといったプレーでバイエルン守備陣を苦しめたのは事実としてあるので、個人的には前線の3人を活かす中盤の働きに期待したいです。コウチーニョが戦力として考えられなくなった今、今の前線3枚がリバプールを引っ張っていかないと厳しいと考えています!
      なるほど!2トップも面白そうですね!!

  • 最終ラインというより中盤に問題があった試合でしたね
    あそこでマークを剥がせるのか?セカンドボールを拾えるのか?プラスに行けるのか?
    今節はそれが出来てなかったと感じたのでララーナがいない間にどうするか
    が悩みどころですね
    クロップがケイタを狙う理由も改めて分かる試合でした(笑)

    最後の失点はオフサイドだったけどついてないと思うようにします(笑)

    • セカンドボールはかなり負けてましたから、だいぶ課題かもしれないですよね。そうですね、それは僕も分かりました(笑)やはり機動力の部分ではケイタの方が群を抜いて良いですからね。

  • ミニョレがなんにもよくなかった。やはりミニョレはミニョレ。カリウスに期待するしかないのか!?
    サラーは固かった(笑)プレッシャーかな、高額移籍の。
    モレノは好きな選手なので、出来が良くてうれしかった。
    とりあえず、ジャンは前で大丈夫か!?答えは、無理だ!そうなると一体だれが前が出来るのやら…そうだ、ミルナーだ!
    と、困った試合で、ホッヘンハイム戦が心配…

    • カリウスにより奮起を促したいですね!
      サラーはプレシーズンでは気負うことなくやっていましたし、公式戦デビューに少し緊張しただけだと思うので問題ないと思います!
      正直この試合はジャンよりジニがマズイなと感じましたね…ジャンは後半からは相手の脅威になっていましたから、安定感を求めたいところです。

  • ミニョレがDって・・・意味不明・・・

    あとジャンへの感想「彼は周りにスペースがないと活きないタイプの選手なのかもしれない」
    って今更中の今更すぎる・・・

    あと結果的にモレノが失点の起点になっているのにA判定も理解不能

    • ミニョレに関してはどこに納得がいかなかったのでしょうか?
      あぁ様にとってはもっと上で良いのか、それとももっと下の評価でしたか?
      ジャンに関しては今更というより、改めてそう感じたという感想を持ちました。悪いゲームでより浮き彫りになったなというか。
      そしてモレノですが、個人的には十分よくやったと思いますね。例えば、あれが失点ではなかったら。周りの評価もまた分からないものになっていたのではないでしょうか。失点が全てですが、そのプレーのみで烙印を押すのはどうかと感じます。特にあの失点シーンはモレノだけの問題ではないと思いますし。
      そういった点も踏まえてお返事をいただければと思います!よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。