獲れる?獲れない?リバプール補強リスト徹底追跡 20-21夏【FW編】

リバプール獲得リスト徹底追跡、第3弾!

今回はFW編です!!

リバプールの絶対的な軸である、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネ、モハメド・サラーで形成される前線3枚の代役が急務だとファンから騒がれている同ポジション。

しかし、先日トップターゲットとされていたティモ・ヴェルナーのチェルシーへの移籍が決定したことで緊急事態となってしまいました…

何故同選手の獲得を逃すことになってしまったのか、詳しくまとめさせて頂きましたので、是非ご覧下さい。

他のターゲットは誰なのか?

可能性はどれくらいなのか?

では見ていきましょう!

獲得ターゲット

ジェイドン・サンチョ

Embed from Getty Images

所属:ボルシア・ドルトムント(ドイツ)

年齢:20

国籍:イングランド

ポジション:WG

市場価格:£1億530万

可能性:高

イングランドの次世代のエース候補。自慢の快速とキレのあるドリブルで敵を置き去りにする。得点力も高く、現在リーグで17得点を記録。両サイドでプレーが可能なのもプラスだろう。今シーズン限りでドルトムントを離れてプレミアへ主戦場を移すことが濃厚だと見られており、プレミアのトップクラブがこぞって獲得を目論んでいる。リバプールも獲得の筆頭候補と言われており、盟友であるアレキサンダー=アーノルドがInstagramで加入について言及するなど、注目度は高い。

プレー動画はこちら

ウスマヌ・デンベレ

Embed from Getty Images

所属:バルセロナ(スペイン)

年齢:23

国籍:フランス

ポジション:WG

市場価格:£5040万

可能性:中

言わずと知れたフランスの若き天才ウインガー。約3年前にバルセロナに移籍したが、ここまで大きな活躍ができていない状況。ここ最近は去就について騒がれており、移籍先の筆頭にリバプールがあがっている。リバプールはフロント3に肩を並べる前線の選手を探しており、デンベレに白羽の矢がたった模様。しかし、怪我がちであることが懸念されており、実際に動くかは謎だ。

プレー動画はこちら

ディオゴ・ジョタ

Embed from Getty Images

所属:ウルブズ(イングランド)

年齢:23

国籍:ポルトガル

ポジション:WG

市場価格:£2520万

可能性:中

今シーズン躍進するウルブスの攻撃の軸を担う若手アタッカー。キレがあり且つ巧みな足技を持ち合わせたドリブルで相手の守備網を崩す。守備に対する献身性も高く、リバプールのスタイルにはフィットする選手だ。今シーズンの活躍によって、プレミアの上位クラブに動向を注目されている。

プレー動画はこちら

アダマ・トラオレ

Embed from Getty Images

所属:ウルブス(イングランド)

年齢:24

国籍:スペイン

ポジション:WG

市場価格:£2295万

可能性:高

今シーズン、欧州サッカー界を賑わせた快速フィジカルモンスター。ユニホームがはち切れそうな程のごつごつした体付きはラグビー選手を彷彿とさせる。その恵まれた身体能力と相手を一瞬で置き去りにできるスピードを活かし、右サイドを制圧する。元々バルセロナのアカデミー育ちということもあり、スピードだけではなく、サッカーIQも高く、周りも活かすことの出来る選手。リーグではここまで7アシストを記録している。来シーズンのステップアップは濃厚とされており、リバプールは特に同選手に注目しているようだ。

プレー動画はこちら

ラヒーム・スターリング

Embed from Getty Images

所属:マンチェスター・シティ(イングランド)

年齢:25

国籍:イングランド

ポジション:WG

市場価格:£1億1520万

可能性:低

若くしてリバプールのエース的な役割を担っていたイングランドの顔。シティにら移籍してからの活躍は目覚しく、特に今シーズンはワールドクラス級だと周りから評価される程だ。しかし、来シーズンから所属先がFFP違反によりチャンピオンズリーズに2年間出場出来なくなったことから、退団するのではと噂されている。その候補としてリバプールがあがっただが、リバプールが獲得に動く可能性は低いようだとメディアは予想している。

プレー動画はこちら

フェラン・トーレス

Embed from Getty Images

所属:バレンシア(スペイン)

年齢:20

国籍:スペイン

ポジション:WG

市場価格:£4050万

可能性:中

ラリーガに旋風を巻き起こしている快速ウインガー。対人プレーには絶対的な自信を持っており、キレのあるドリブルで相手を簡単に抜き去る。逆足制度が非常に高く、カットインから左足でシュートが出来る為、プレーの幅が非常に広い。現在の契約が21年の6月で切れる為に、今シーズンで移籍するのではという噂がある。複数のメガクラブが動向をおっており、その中にリバプールがいるとされている。

プレー動画はこちら

ミロ・ラシカ 

Embed from Getty Images

所属:ブレーメン(ドイツ)

年齢:23

国籍:コソボ

ポジション:WG

市場価格:£2520万

可能性:高

ブレーメンの若きエース。最大の持ち味はダイナミズム溢れるドリブル。とにかく速い。シャキリが快速ドリブラーになったと言えばイメージがつくだろうか。テクニックやバズーカのようなミドルシュート、そしてフリーキックも蹴ることの出来る多彩さも兼ね備えている。長い間リバプールへの移籍の噂が上がっているが、濃厚とされているのはライプツィヒへの移籍。ヴェルナーの後釜候補として白羽の矢が立ったようだ。

プレー動画はこちら

マルキュス・テュラム

Embed from Getty Images

所属:ボルシアMG(ドイツ)

年齢:22

国籍:フランス

ポジション:CF

市場価格:£2025万

可能性:中

突如頭角を現したフランスの若きゴールゲッター。192cmという恵まれた体格からは中々想像が出来ないほどのテクニシャンで、ドリブルで相手を1、2枚剥がすのは朝飯前。時には自陣近くまで降りてボールを要求してゲームのリズムを作る。ストライカーにも、チャンスメーカーにもなれる。この器用さはリバプールのワントップに確実にフィットできるはずだ。

プレー動画はこちら

ラウール・ヒメネス

Embed from Getty Images

所属:ウルブズ(イングランド)

年齢:29

国籍:メキシコ

ポジション:CF

市場価格:£3600万

可能性:中

先日リバプール移籍の噂が上がったウルブズのエースストライカー。スキルフルなボールキープ力はワールドクラス。絶妙なポジショニング取りも魅力で、ここまでシーズン23ゴールを記録している。移籍となれば即戦力として期待ができるが、現在29歳の選手に大金を投資する可能性は高くないだろう。

プレー動画はこちら

ティモ・ヴェルナー

Embed from Getty Images

所属:ライプツィヒ(ドイツ)

年齢:24

国籍:ドイツ

ポジション:CF

市場価格:£5760

可能性:-

今シーズンのリバプールのトップターゲット

…であったが、先日チェルシーへの移籍が決定。

一時期はほぼ確実とされていた同選手の獲得が急転直下といった形でライバルクラブにダッシュされる形となったが、一体何が起こったのか。

状況を変えてしまったのは、COVID-19による経済的なダメージだったようだ。

実は、リバプールはヴェルナーへの関心を4月の時点で失っていたという。ドイツ代表FWには契約の中にリリース条項が盛り込まれており、その条件が、獲得を狙うクラブがおよそ£4700万の移籍金を満額支払うことだった。

リバプールはCOVID-19による経済的ダメージからこの移籍金を満額支払うことを渋った。交渉をしている際はそれを下回る額を提示していたものの、ライプツィヒとしては満額支払われない限りは出さないという姿勢の一点張り。

そして本人のヴェルナーもサラークラスの給料(約£200k)と十分なプレー時間を要求。しかし、ユルゲン・クロップには少しづつチームにフィットさせて、冬頃にスタメンを与えるなどの計画があった模様で、本人の要求には応えられないのではいう懸念が起こる。

元々、リバプールの経営陣(FSG)は、試合を大きく変えるようなゲームチェンジャー(アリソンやファン・ダイク)でない限りは大金を積まないという方針を持っている。上記2つの理由、そしてコロナ禍の影響も相まって、ヴェルナーはそれに当てはまらないという結論を下した。

よって、4月下旬の時点で交渉はストップすることとなる。

クロップはヴェルナーと幾度か連絡をとっていたようだが、交渉が停滞していた状況を見計らってチェルシーの監督であるランパードが猛アプローチ。

COVID-19による都市の閉鎖前に、クラブの役員であるペトル・チェフと共に直接ドイツに向かい、本人、家族、代理人と話して口説き落とすことに成功する。

結果、ヴェルナーは£4750万の移籍金と週給£170kという大型契約をチェルシーと交すに至った。

プレー動画はこちら

最後に、個人的見解を

ヴェルナー、大どんでん返しでしたね。

情報を提供する側としても、毎日のように情報が錯綜していたために、「獲得確実」と言いきれなかった為にこのタイミングでのリリースとなりました。

では、現時点で他に噂の挙がる選手達で移籍が成立しそうな選手を順づけていくと、

アダマ・トラオレ

ディオゴ・ジョタ

ウスマヌ・デンベレ

ジェイドン・サンチョ

っといった感じでしょう。正直、トラオレ以外の選手の獲得と可能性は極めて低いとも見られています。

監督であるクロップとしても、冬に獲得した南野拓実やサブで定期的な出場機会を得ているディボック・オリギ、そしてカーティス・ジョーンズやライアン・ブリュースター等の若手に期待しているとの報道もありましたね。

筆者としては、トラオレが獲得出来そうなら獲って欲しいが、難しいのであれば若手や現存戦力に賭けても良いのではと考えています!

----------

いかがだったでしょうか?

シリーズラストとなる本記事、また冬に同様にシリーズ記事を配信させて頂きますので、楽しみにお待ちいただければ幸いです!

1人でも多くの人に楽しんで頂ければ、私としては非常に嬉しいです。

感想やご意見等ありまきたら、是非お気軽にラボのコメント欄やTwitterでお待ちしております🔴

2 件のコメント

  • 誰を獲得するのか楽しみですね!可能性は主観でしょうか?何をもって可能性が高いのか、低いのか、エビデンスがあるのかどうか言及してもらえると嬉しいです!

  • @labのファンさん
    筆者の小津です!!
    コメント頂きありがとうございます!
    基本的には移籍の噂のソース等を
    参考にさせて頂き可能性について
    言及させて頂いています!!
    ソースを明記するか、もう少し詳細に
    すべきですね!
    貴重なご意見ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA