クロップ監督がミルナーのPKを見なかった理由/シティ戦後のコメント

ミルナー
The following two tabs change content below.

クロップ監督がミルナーのPKを見なかった理由を語っています。

※写真はゲッティイメージズより埋め込み
 
「知っての通り、単なるゲン担ぎだよ。バカげていると思うかもしれないが、見たら決まらないような気がしてしまうんだ」

「それ以外の理由を挙げるとすれば、ミリーには私の力なんて必要ないからだ。あいつは監督の力なんか借りなくても、自分の仕事がきっちりできるやつだからね。それに、もし私がPKを蹴るところを見て、ミリーが失敗したら、私のせいになってしまうだろ? そんなのはごめんだよ」

「ウチの選手たちはみな、ビッグハートを持って、勇敢な守備をしていた。ファイトしていたし、プレスを怠らなかった。だが、それだけじゃない。あいつらみんな、本当にいいフットボールをしていたよ」

「後半、15分間ぐらいだと思うが、こちらがピッチを支配している時間帯があった。『この時間帯に試合を決めてしまえ!』と心の中で叫んでいたんだが、結局、決勝点を奪うことはできず、主導権を握れなかった」

「しかも、我々はボールを持っていたにもかかわらず主導権を握れなかったんだ。シティの選手たちもよく動いていたからね。この時間帯に、もうほんの少しだけシティの運動量を上回ることができていたら…と思うよ。だが、向こうも総力を尽くしてきたからね。ファンタスティック!というわけにはいかないが、それでもみんなよくやったよ!」

※本記事はLFC公式Facebook(日本語版)より許可を頂いて引用しています。

LFC公式との連携について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。