【サッカーノートで振り返る】リバプールのプレミアリーグ優勝〜19-20シーズンレビュー〜

The following two tabs change content below.
ねぼ

ねぼ

サッカーノートを書きながら観戦する人。 「スポーツよ文化になれ」というモットーのもと、新しくて面白いニッチな世界を紹介していけたらと思います。

はじめに

プレミアリーグが閉幕して、早1ヶ月。

リバプールファンのみなさま、いかがお過ごしですか?

優勝の余韻に浸りながらも、移籍情報にドギマギして、気がつけば今週末にはコミュニティーシールドが開催されます!

来たる新シーズンに向けて、19−20シーズンの熱狂を思い出していきましょう!

サッカーノートについて

試合を観ながらつけている、観戦ノートを紹介させていただきます。

あるとき、素敵なサッカーノートを見つけたのが、今の形になるきっかけです。

こちらのサンダーランドのリポーターおじさん(ニックバーンズさん)は、毎試合サッカーノートを付けながら実況しているそうです。

  • 見開き1ページに1試合のことがまとめられていて分かりやすい
  • 試合内容だけでなく、相手チームや選手情報も書いてあるので勉強になる
  • 情報量は多いがレイアウトも綺麗で見やすい

このノート面白い!」と思ったのが、わたしのサッカーノートの始まりです。

終わってみればリバプール19-20シーズン、

実に33試合のサッカー観戦ノートを書いていました。

今回はこのノートを使って、リバプールの輝かしいシーズンを振り返ろうと思います。

サッカーノートで振り返る19-20シーズン

1試合ずつ振り返っていきたいところですが、

バッサリと!独断と偏見でベスト3ゲームをピックアップ!

基準としては、19-20シーズンのリバプールの強さを象徴している試合、

プレミアリーグ優勝を手繰り寄せた試合を選びました。

異論は大いに受け付けます!

ということでさっそく始めていきます!

2019/11/2

プレミアリーグ第11節 アストン・ヴィラvsリバプール(ヴィラパーク)

サッカーノート
(↑クリックして拡大します)

開幕から11連勝して臨んだアウェイ、アストン・ヴィラ戦。

11/11が世界大戦の犠牲者を追悼する、Remembarance Dayのため

アストン・ヴィラのユニフォーム胸部分にはシンボルである、

赤いポピーがプリントされていました。

開始早々の17分に、トレゼゲに先制点を奪われる厳しいスタート。

Embed from Getty Images

 

オックスレイド=チェンバレンの3連続シュートや、ララーナの決定機などありながらも

アストン・ヴィラの堅い守りを崩せない・・・

0−1のまま時間だけが過ぎていく・・・

さすがに12連勝はそう簡単にはさせてもらえないですよね。

シーズン初黒星を覚悟したリバプールファンも多かったのではないでしょうか。

しかし終盤の86分!

ついに!

マネからロバートソンにへ素晴らしいクロスがキターーー!

Embed from Getty Images

 

ロバートソンはリーグ戦2年ぶりのゴールでした。

Embed from Getty Images

 

この試合のクライマックスは試合終了間際の94分

コーナーキック、キッカーはアレクサンダー=アーノルド。

マネが難しいボールをヘディングでゴーーール!

Embed from Getty Images

 

敗戦が頭をかすめるような試合展開でも

ピッチに立っている誰一人として諦めない。

勝ち点3を奪いきる、恐ろしいほどの強さ。

この試合は19−20シーズンのリバプールの「メンタルの強さ」を象徴する試合だったのではないかと感じています。

Embed from Getty Images

 

【小ネタ】フットボリスタのリバプール特集号で、アレクサンダー=アーノルドの選手紹介を書かせていただきましたが、「〜〜〜FKではボールを脇に抱えて離さない」ってエピソード入れたんです。第31節クリスタルパレス戦で決めた直接FKの様子を思い出す方も多いと思いますが、この試合でも92分にオックスレイド=チェンバレンが得たFKのボールを脇に抱えて離しませんでしたね〜残念ながら決まりませんでしたが。

2019/11/10

プレミアリーグ第12節 リバプールvsマンチェスターシティー(アンフィールド)

(↑クリックして拡大します)

世界トップクラスの実力を持つクラブの直接対決。

試合前の勝ち点はリバプールが6ptリード。

両クラブのサポーター以外からの注目度も高い試合でした。

Twitterでは試合前に #シティ戦の思い出 というハッシュタグが流行していましたね。

Embed from Getty Images

 

開始4分、いきなり試合が動きました。

ベルナルドシウバのシュートがアレクサンダー=アーノルドの腕に当たったように見えつつ、ホイッスルは鳴らず。

リバプール のカウンター。

ファビーニョの強烈なミドルシュートがネットに突き刺さりました!

Embed from Getty Images

 

【小ネタ】セレブレーションでは時計を指していました。LFCTVのGoldenSkyでクロップが語っており、「It’s time!」=我々リバプールの時代だ’’っていう意味が込められていたようですね。

不服そうなシティ陣営ですがVARでも判定は覆らず、開始早々リバプールが先制。

そして13分には

右サイドのアレクサンダー=アーノルドから、左サイドのロバートソンへ意表を突くサイドチェンジのパス。

完璧なクロスからサラーのヘディングシュートで2−0に。

あまりにも美しすぎる、この一連のプレーは何年も語り継がれることになりそうですね。

Embed from Getty Images

 

早々に2−0となってからは、

レベルの高いせめぎ合い、

両GKのナイスセーブが続きます。

Embed from Getty Images

 

そして50分!

ヘンダーソンのクロスからマネのヘディングシュート。

Embed from Getty Images

 

78分にベルナルドシウバに1点返され、

83分にはまたもやアレクサンダー=アーノルドのハンド疑惑なんかがあり、

シティも反撃を試みますが時すでに遅し。

ペップ・グアルディオラ監督も天を仰いでいましたね。(2度のハンド疑惑にご立腹な様子)

Embed from Getty Images

 

この勝利により、マンチェスターシティとの勝ち点は9pt差に!

プレミアリーグ優勝を手繰り寄せた試合だったと感じています。

2019/12/4

プレミアリーグ第15節 リバプールvsエバートン(アンフィールド)

(↑クリックして拡大します)

超個人的ですが、この試合はわたくし現地観戦してました。

人生初のアンフィールド観戦。

サッカーノートだけでなく、その時の様子も加えて綴っていきます。

普段は試合を観ながらリアルタイムで書いていくサッカーノートですが、この日に限っては帰国してから書きました。

ホスピタリティで購入したReds Loungeのチケット。

ケニーダルグリッシュスタンドの左端、KOPスタンドのすぐそばでした。

試合開始45分前から選手のウォーミングアップがスタート。

印象的だったことは、鳥籠の段階で個々がめちゃくちゃ上手い。そして楽しそうなこと。

3本連続シュートを打つ練習がありましたが、そこで別格の決定率を見せていたのはオリギだということ。

この試合、「やってくれそう感」がひしひしと伝わってきました。

YNWAの大合唱。鳥肌が立ちました。

過密日程の12月。

ミッドウィーク開催のマージーサイドダービー。

スタメンはターンオーバーで臨みました。

試合開始早々の5分。

ロングカウンターからマネのスーパーなスルーパスをきっちり決めたのはオリギ!!

Embed from Getty Images

 

大舞台で輝く男。やっぱり持ってます。

16分にはアレクサンダー=アーノルドから逆サイドのマネへ、超低弾道サイドチェンジパス。

このプレーにはアンフィールドでも、どよめきが起こりました。

(わたしはこのパスが生で見れただけで、ここまできた甲斐があったなと感じました)

マネのトラップ⇨スルーパスもパーフェクトで、最後は走り込んできたシャキリがゴール!!

Embed from Getty Images

 

20分にマイケルキーンに1点返されましたが、

失点直後のスタンドからは「Liverpool, Liverpool♪」のチャントがどこからともなく湧いてきて

スタジアム全体がまだまだ行くぞ!という雰囲気に。

他にも、パスミスや決定期を外したり、ネガティブなシーンに対してため息は聞こえません。

拍手やチャントでよりエールを送るKOP。

これがアンフィールドの特別なチカラなんだなと実感しました。

30分にはロブレンからのロングパスをうまくトラップした

オリギの美しいループシュートで3−1。

Embed from Getty Images

 

44分に速い攻撃からマネのインサイドシュートで4−1。

前半終了間際47分にカウンターからリシャルリソンのヘディングで4−2。

怒涛の前半でした。

89分には超フィルミーノなドリブルからのワイナルドゥムのゴール。

オランダ人コンビの、ワイナルドゥムとファンダイクが2人でゴールパフォーマンスして、ハグして肩組んで戻っていく姿には胸が熱くなりました。

Embed from Getty Images

 

それにしてもKOPたち、フィルミーのの「Si, senor♪」チャント大好きですね。

出場時間20分ほどでしたが、一番多く歌われてたように感じました。

マージーサイドダービーを5−2で圧勝。

普段ベンチを温めている選手たちが活躍し、チーム力の高さを象徴する試合だったと感じています。


あとがき

応援していて、とても楽しいシーズンでしたね!

試合を見たときの感情って、その場限りなものだけど、すごく貴重な物だと思います

しかし、毎週あるリーグ戦のことは忘れていってしまうことが多いですよね。

どんな試合にもストーリーがあって

皆さんそれぞれ、いろんな感情が生まれていると思います

ノートをパラパラ見返すことで、見てたときの感情が蘇ってくるようなものにしたい。

そんな想いでサッカー観戦ノートをつけています。

少々手間のかかるものですが、興味のある方はぜひやってみてください!

自分だけの特別な思い出が残せます。

拙い文章ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

20−21シーズンの開幕が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA