【速報】「リバプール祭り」が突如、原宿に現れる。

原宿の竹下通りを抜けたすぐ鼻の先。若者の街原宿に「リバプール祭り」とも表現できる光景が突如現れた。

125周年を迎えたリバプールFCを遠い島国からサプライズで祝うかのようにそびえ立つレッズ色に染まるビル。仕掛けたのはリバプール公式サプライヤーのニューバランスだ。

リバプールといえば「赤」がトレードカラーだが、ここに広がるのはファッショナブルデザインで話題を呼んだ1718のサードユニフォーム。梅雨入りした筈の東京だが今日は真夏の様な晴天。照りつける日差しにはぴったりの涼しげなシャツがショップを彩る。

では、早速ニューバランスショップ店内に入ってみる。

正面入り口から店内に足を踏み入れるとリバプールFC125周年のボードが迎え入れてくれる。

リバプールの選手たちのサイン入りユニフォームも展示。

過去のエンブレムがプリントされたシャツも販売。

フロアを上がると、リバプールのユニフォームが大量に並ぶ。ここはいつも通りだが・・・

サードユニフォームの選手陣が映る大型サイネージ。お店の一部エリアがリバプールで染まっている。

 

 

どこにも告知が出ていなかったので水面下でプロジェクトを進めていたのだろう。日本のスポーツショップの基調がひとつの欧州サッカーチームに染まることは中々ないので、リバプールサポーターは当然のこと、欧州サッカー好きであれば興奮すること間違いないサプライズである。

ショップの方に伺ったところこの光景が続くのは1週間前後の予定とのこと。「ビビッ」と来た方はぜひご自身の目で確かめてはいかがだろうか。

※お店(New Balance HARAJUKU)に撮影許可頂きました。

以上、突如現れた「リバプール祭り」の速報でした。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。