ペップ・グアルディオーラがアンフィールドを称賛「相手チームを小さく感じさせる」

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、本日(7/1)のリバプール・エコー紙の記事です。

■ペップ・グアルディオーラがアンフィールドを称賛「相手チームを小さく感じさせる」

画像出典:LFC公式Twitter

マンチェスターシティ監督のペップ・グアルディオーラは、故郷カタルーニャのメディアARAのインタビューで、リバプール・ファンに対する賞賛を語りました。

これは、昨季CL準決勝で古巣バルセロナを4-0(通算4-3)で破った試合について、正直な感想を語ったものです。

「私はバルセロナがアンフィールドで得点するだろうと思っていた。そして、バルセロナの選手たちは、アンフィールドがアンフィールドであることを知っているだろうと思っていた」と、グアルディオーラは語りました。

「『ここはアンフィールド(This is Anfield)』というモットーはマーケッティング用の言葉ではない。それは、相手チームにとって、世界中のどこにもないものを感じさせる言葉だ」

画像出典:UCL公式Twitter

「リバプールが得点すると、5分後にはあと4点取られるのではないかという脅威を感じさせる。相手チームにとっては、自分たちが小さくなったような感覚を受けるような」

グアルディオーラは、アンフィールドではまだ勝ったことがありません。

「我々は、バルセロナが経験したことを、既に経験している」

「わがチームが準々決勝で3-0で負けていた時に、彼らは私に笑いを浴びせたような気がしたくらいだ。あのスタジアムは本当にいやだ!」

画像出典:LFC公式Twitter

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA