「サディオ・マネはダイブする」発言でユルゲン・クロップから反論され、ペップ・グアルディオーラが撤回

The following two tabs change content below.
LFClab

LFClab

リバプールFCラボの管理人です。

以下は、11/6のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■リバプールvマン・シティ:「サディオ・マネはダイブする」発言でユルゲン・クロップから反論され、ペップ・グアルディオーラが撤回

先週末のプレミアリーグで、リバプールが94分にサディオ・マネの決勝ゴールでアストンビラに逆転勝利を収めた試合の後で、(その試合で前半にマネがダイブでイエローを食らったこともあり)ペップ・グアルディオーラが「サディオ・マネは能力がある選手だが、時々ダイブをする」と言ったことで、世間は大きな騒ぎになりました。

画像出典:Liverpool FC 公式Twitter

言うまでもなく、次のプレミアリーグの試合(11/10)で、マンチェスターシティはアンフィールドでリバプールと対戦します。それでなくても、世間は「マインドゲーム」と騒いでいるところに、絶好のネタを与えてしまったのでした。

それに対して、ユルゲン・クロップは(当然のことながら、自分の選手に対する不当な批判だと)怒り、「私はマンチェスターシティの『戦略的ファウル』について話題にする気はない」と、暗に、「反撃でグアルディオーラ批判をする気はない」と言ったものでした。
(※マンチェスターシティの選手が、戦略的なファウルをする、ということは他チームの選手の証言に加えて、先日はロドリが母国メディアのインタビューでうっかり漏らしてしまって、話題になりました。。。)

画像出典:Liverpool FC 公式Twitter

これに対して、自分が不必要な発言をしてしまったことに気づいたグアルディオーラは、早速、水曜日のCL戦の記者会見で「撤回」しました。

「私の子供たちは、リバプールが試合終幕の決勝ゴールを決める試合を見て、いつも『リバプールはラッキーだ』と言う。そして私は必ず、息子と娘に言う。そんなことはない、と」と、グアルディオーラは語りました。

「リバプールが今季、そして昨季も、果たしてきている仕事は、彼らが超一流の能力を持っていて最後まで決意を持って戦うからこそ、できていることなのだ、と」

「それは、私の子供たちに対してだけでなく、選手にたいしても同じことを言っている。リバプールのは運ではなくて実力なのだ、と。94分のPK、すごい!と」

「それが、私の発言の意図だった。サディオ・マネがどんなタイプの選手だ、とかいう意図はなかった」

「例えば、試合を見ていて、自分はPKではないと思ってもレフリーとVARがPKと判定することがある。それは私が間違っていたということだ。(※マネが得たPKのこと)」

「PK判定に関して私が間違っていたのと同じように、ユルゲン・クロップがサディオ・マネについて言う言葉の方が正しい。何故ならユルゲン・クロップの方がマネを良く知っているのだから」

画像出典:Liverpool FC 公式Twitter

更に、グアルディオーラは、(先のマネはダイブする、の発言は)BBCのインタビューでの発言が編集された、と暗示しました。

「BBCのインタビューはもっと長いものだった。スカイの報道はそれをハイライト版にしたものだった」

「結果的に私がマネを批判したような表現になっていた。でも、私はリバプールを称賛した、というのが発言の意図だった」

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hirano さんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA