ユルゲン・クロップが試合後のアリソンとの会話を明かす

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、2/8のリバプール・エコー紙の記事です。

■リバプール1-4マン・シティ:ユルゲン・クロップが試合後のアリソンとの会話を明かす

昨日のマンチェスターシティ戦で、1-1だった時にアリソンの珍しいミスが立て続けに出て、その2失点が致命的となりました。

「あの2点が試合の流れを決めた、ということは誰もが見た通り」と、ユルゲン・クロップは語りました。

画像出典:liverpoolfc.comより

「試合後にアリソンと会話をした。言うまでもなく、彼は落ち込んでいた。『今日はダメ、今日はダメ』とつぶやいていた」。

「私は、ミスというものはいつやるか決めることは出来ないものだ、と言った。出来ることは、ミスから学んで二度と同じミスを犯さないことだ、と」

「彼は二度とやらない。私はそれを信じている。絶対に、このようなことは起こらない」

「今日は大きな打撃だった。ただ、彼はこれまで何度もチームを救ってきた。何回、救ったか数えられないくらいだ。彼はワールドクラスのGKだ」

「今日は何かがうまく働かなかったのだと思う。それだけのことだ」

「スタンドに蹴り入れることもありだよ、とは既に言った。」

「いろんな詳細が重なってあのような状況になった。うまく出来なかったことが重なった」

「前半は、アリは素晴らしいプレイをした。落ち着いて、パスも小さなスペースに正確に出した。まさに我々が期待しているいつものアリのプレイだった」

「後半は違った。同じような正確さが出せなかった。そんな時に、スタンドに蹴り入れる、ということが出来れば、危険な場面を避けることが出来る」

「彼はそれを知っている」

「たぶん、今晩は彼は辛い夜を過ごすことになるだろう。私はそれを救うことは出来ない。」

「でも明日は、再び元気に戻って、また進み続ける」

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA