ジョー・ゴメスが「プレミアリーグで最も対戦したくないストライカー」を明かす

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、7/3のリバプール・エコー紙の記事です。

■ジョー・ゴメスが「プレミアリーグで最も対戦したくないストライカー(ベスト3)」を明かす

画像出典:Joe Gomez公式Twitter

リバプールとイングランド代表ディフェンダー、ジョー・ゴメスが「プレミアリーグで最も対戦したくないストライカー(ベスト3)」を明かしました。

これは、EAスポーツ主催の企画で、小学生のコンテストに勝った子供たちに、ジョー・ゴメスが体育の先生として教えるというものでした。

その中で、ゴメスは子供たちとの間で質疑応答に応えました。その質問の一つとして、「プレミアリーグのストライカーの中で、最も対戦するのが嫌なストライカーは誰?」がありました。

それに対してゴメスは即答しました。「モー・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ」

画像出典:Joe Gomez公式Twitter

「この3人と毎日のトレーニングで対戦するのは悪夢以外の何物でもない」と、ゴメスは説明しました。

「一方的にやられて間抜け役をやらされることがしょっちゅう!」

尚、この企画の中でゴメスは「体育は僕が学校時代に最も好きだった授業。フットボーラーにならなかったら体育の先生になろうと思っていたくらい!」と明かしました。

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA