アヤックス0-1リバプール:ファビーニョがセンターバックで出た試合前にユルゲン・クロップが指示した言葉を明かす

Fabinho
The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、10/22のリバプール・エコー紙の記事です。

■アヤックス0-1リバプール:ファビーニョがセンターバックで出た試合前にユルゲン・クロップが指示した言葉を明かす

昨日のアウェイでのアヤックス戦で、長期欠場となったフィルジル・ファン・ダイクに代わってセンターバックで出場したファビーニョが、マン・オブ・ザ・マッチの安定したプレイを見せました。

画像出典:Liverpool FC公式Twitter

この試合では、ジョエル・マティプが軽傷で欠場したため、センターバックはジョー・ゴメスだけとなりました。そして、以前にも急きょセンターバックで出たことがあるファビーニョに白羽の矢が立ちました。

そして、試合前にユルゲン・クロップがファビーニョに対して出した指示について、ファビーニョは母国メディアのインタビューで明かしました。

「戦術的には、常にロングボールに備えることと、チームを指揮することが必要だと言われた」と、ファビーニョは語りました。

「もちろん、僕はフィルジル・ファン・ダイクではない。でも、全力を尽くす」。

「僕にとっては、チームのためにクリーンシートを守ることは非常に重要だ。チームの自信を高めるために」

画像出典:Fabinho 公式Twitter

「全力を尽くす。監督に言われたのは、もっと喋りなさいということと、チームを指揮しなさい、ということだった」。

「セカンド・ボールとか、注意しろ、とか、ちゃんとパスしなさい、ということをチームメートに向かってしゃべることだ」。

「僕は、その役割を果たすためにベストを尽くす」

ファン・ダイクの欠場を知った時の反応を問われて、ファビーニョは答えました。

「僕個人は、フィルジルが長期間欠場すると知った時には、とにかくショックだった」

「僕は、彼が世界のベスト・ディフェンダーだと思っている。そして彼のリーダーシップはピッチ上だけでなく控室でも重要だ」

画像出典:Fabinho 公式Twitter

「彼は、いつもチーム全体に良い雰囲気を作るような人だから。その彼がいなくなるので、全員が悲しんでいる」

「でも、我々は頑張り続ける必要がある。彼のためにも試合に勝つよう努める必要がある」

「今、チームの中ではチアゴ、アリソン、ジョエル・マティプが負傷中だ。そして彼らは復帰に向けて頑張っている」

「我々は、全試合で勝てることを目指して全力を尽くす」

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA