今シーズン最大の賭け。ウッドバーンとアーノルド先発のストーク戦レビュー

The following two tabs change content below.
revista08
ただだたliverpoolをひたすら応援しているオッサンです。 liverpoolが調子悪かったりするとハゲそうです。

 

CL圏内の3位、4位争いが混戦してる中でアウェイでのストークでした。
結果は2-1と逆転でなんとか勝利しましたがこの試合について思った事を書いていきたいと思います。
スタメン、GKミニョレ、CBにロブレン、マティプ、クラバン、WBにアーノルド、クライン、DMFジャン、CMミルナー、ワイナルドゥム、FWオリギ、ウッドバーン
このスタメンを聞いたときに思ったのはクロップは今シーズン最大の賭けに出たと思いました。
アーノルドとウッドバーンの若手二人が揃ってスタメン。

 

結果、前半の内容は散々でしたね…
アーノルドもウッドバーンもスタメンはまだ早かった…と思ってる人もいると思います。
私、個人の意見としてはチームの台所事情やローテーションでのアーノルドやウッドバーンなどの若手をスタメンに使うのは全く問題ないと思ってます。
ただ今回のような出し方はちょっと…て思います。

まず若手二人をスタメンに使っときながら大胆なシステム変更。これはいつものレギュラーメンバーでも慣れてないですよね。ヘンダーソン、ララーナ、マネを怪我で欠き、コウチーニョ、フィルミーノがベンチスタート。
見てわかるように攻撃陣、中盤のレギュラーで今回スタメンだったのはワイナルドゥムだけという事になります。(ジャンの立ち位置はララーナ、ヘンダーソンが復帰した場合どうなるな難しいので準レギュラーて事で)
そんな中でシステム変更されてもいつも試合に出てるメンバーでも戸惑いますよね?いつも試合に出てるメンバーでも戸惑うのにアーノルドとウッドバーンが戸惑わないわけがないですよね?先輩達がやりにくそうにしてるのを若手二人も感じたはずです。
いつものメンバー、いつものシステムにコウチーニョだけ欠けてそこにウッドバーンを入れるならコウチーニョのようには働けないとは思いますが今回の前半みたいに散々な事にはならないと思います。

実際アーノルドがスタメン出場したマンチェスターユナイテッド戦では散々ではなかったですよね?
そういう事です。どんなチームでもこんな事をすればうまく行かないです。なのでアーノルドもウッドバーンもまだ多少、力不足なのはあるとは思いますが今回は責めれないです。ただ本当にクロップは大きな賭けに出たなと。正直、うまくいってくれ!と神頼み的な感じですよね(笑)
そして後半システムを戻しコウチーニョとフィルミーノを送り出したらチームは見事激変!
激変した事により尚更アーノルドとウッドバーンにはまだ早かったとなりそうですが一番の要因はシステムにあり逆に若手にコウチーニョとフィルミーノと同じように活躍を期待するには負担が大きすぎます(笑)
コウチーニョとフィルミーノの力も大きいですがいつものシステムに戻しみんながやりやすくなりスムーズにボールが繋がるようになりましたね。

 

ここで思う事が…ミルナーは中盤センターがしたいのにSBのほうがよくないですかね(笑)
マンチェスターシティに在籍してたときから思ってたのですがミルナーはサイドの人、適正はサイドだとずっと思ってます。これは私だけかもしれません(笑)

 

1点目はジャンのパスにスタリッジが合わせきれなかったこぼれ球をコウチーニョが落ち着いてシュート。本当にシュートが上手くなりました。ジャンのボールも良かったですね。
2点目のフィルミーノ弾には脱帽です。それだけ。
いつも脱ぐ真似だけなのに今回は迷わず脱ぎました(笑)

 

脱ぐフェイント(笑)

まぁ何とか勝てたんで良かったです!
今回負けてたらクロップは結構叩かれてたんじゃないかと…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。