厳しいプロの世界、この8人は来季クロップリバプールの構想に入る?入らない?

サコ
The following two tabs change content below.
revista08
ただだたliverpoolをひたすら応援しているオッサンです。 liverpoolが調子悪かったりするとハゲそうです。

 

今シーズンも終盤に差し掛かり我らがリバプールは4位以内フィニッシュ出来るかが最優先ですが世間はそろそろ来シーズンの移籍についてのネタが増える時期ですね。
今の段階でリバプールも獲得候補などチラホラ出てきていますが正直まだ噂の域を出ないものだと思います。
逆に現リバプールの選手で来シーズン、クロップの構想に入るか、入らないかを予想する方が現実的かと思い今回はそれを題材にしようと思います。
まず今回ここに名前が出てくるて事は現在、自身が置かれている立場が厳しい選手が多いのは明らかです。
完全に私、個人が予想する放出の%数で表していきます。

ルーカス・レイバ(30歳、ブラジル)

 

放出70%
リバプール1の古株となったルーカス。
入団当初は攻撃的MFとして加入し母国ブラジルではアンダー世代のブラジル代表やグレミオで活躍しキャプテンまで勤めていたはずです。
ベニテスに守備的MFとして使われるようになりそこで才能を開花させました。
プレミアリーグでもタックル数、タックル成功数が1位、2位になる年があるなどおおいに活躍してくれました。
激しいタックルなどするわりには元々、怪我には強い選手でしたが前十字靭帯をやっちゃってからは怪我を繰り返すようになり全盛期のパフォーマンスを取り戻す事がなかなかできなくなりましたが現在でも最近だとスタメン出場したスパーズ戦やエバートン戦では本当に良い働きをしてくれましたね。
これまでも移籍の話が何度も出ましたが本人の拒否やクロップが止めたなどと言われていますが来シーズンは本人も出場機会があまりないと自覚していると思いますしルーカスの意思を尊重するのではと思います。
ただ放出となった場合はルーカスと同じタイプの潰し屋の獲得はしてほしいですね。

ダニエル・スタリッジ(27歳、イングランド)

 

放出85%
実力は誰もが認めるところ。ゴールを決める力ではリバプールでズバ抜けています。
クロップになってからほんの少しは前線からのプレッシングを意識しているようにも思えますがそれでも全然運動量足りないですしプレッシングが苦手なので、ただ寄せるだけてプレッシングとまでは言えないんですよね。
まず試合に出れるコンディションにない事が多すぎます。
怪我、怪我、怪我、、、クロップもイライラしてる時期ありましたよね(笑)
実力はあるのに怪我だらけなのは本当に、もったいない。
放出路線だとは思いますが移籍金が高額でしょうし怪我の多いスタリッジに大金を出すチームが現れるのかが問題ですね。

アルベルト・モレノ(24歳、スペイン)

 

放出90%
本職じゃないミルナーにポジションを奪われ先日のストーク戦でもクラインを左にまわされ本職のモレノには出番なし。
このストーク戦でも使われないのを見て来シーズンはいないだろうなと思いました。
私はモレノは使い方によっては使えるんじゃないかと思っています。正直SBを任せるのは不安ですがモレノの持ち味は攻撃ですしWBやWGとして使えるんじゃないかと。守備固めのときにコウチーニョと代えたりできるんじゃないかと思うのですがそれでも使われないとなると相当守備に不安があるんだなと。
けど、おもいっきり走ってる姿はキライじゃない!あの早くて鋭いクロスも!
だが放出路線で間違いないかと。

ケヴィン・スチュワート(23歳、イングランド)

 

放出60% ローンの可能性あり
シーズン序盤は使われたり常にベンチにも入っていましたが怪我の影響からかわからないですが今では全く使われなくなってしまいました。
クロップが大事に育てたいお気に入りの1人だったと思うのですが…
年齢のわりには落ち着いていますし中盤からパスも出せますし守備もそれなりにこなすので期待していました。ジャンの調子が上がらない時期などスチュワート使えよと思ったりもしていました。
放出になるならまだローンで武者修行に出されて1年はチャンスを与えられる可能性も十分あるかなと。

ママドゥ・サコー(27歳、フランス)

 

放出95%
彼はプレー以前の問題でクロップ構想から完全に外されてしまいましたね。
人間過ちを犯すが何度も同じ過ちを犯すのは許さない的なことを言ってたような。
プレーの問題じゃないのでいくら頑張っても構想に入る事はないと思います。
ただサコーにも高額な移籍金を設定するとの噂がありますので95%にしてますが移籍金の問題がなければ99%かなと。サコーが加入してからクリスタルパレスが調子良いので是非どなたか大金出して下さい。
これでサコーが放出されずリバプールのシャツを着て元気に走り回ってたら99%て言っちゃった私は恥ずかしいかぎりです。

ジョン・フラナガン(24歳、イングランド)

 

放出80%
バーンリーにローン中のフラナガンですがなかなか出番もなく苦しんでいますね。
地元の選手ですし本当に頑張ってほしいですがローン先で出番がないのは致命的かと思います。
近い将来、彼がリバプールのキャプテンになるんじゃないかとまで期待してましたが…
買手さえ出てくれば放出でしょうね。

ラザル・マルコビッチ(23歳、セルビア)

 

放出50%
プレシーズンも使われてそれなりに悪くない働きを残してた印象があったのにあっさりとローンに出されちゃったマルコヴィッチ。
正直ウイングが駒不足なのに何で出しちゃったのか謎です。なかなか早くて、パスも出せてますしハルシティーでも攻撃人で一番厄介な選手になってると思います。
外国人では珍しくミズノのモレリアネオを愛用するところも日本人からみて好印象(笑)
あとは守備の改善とさえすれば残れるんじゃないかと思いますが移籍金次第では放出か。

アンドレ・ウィズダム(23歳、イングランド)

 

放出98%
まさか皆さん忘れていませんよね?(笑)
10代の頃にはトップチームでデビューし将来楽しみな選手でしたが徐々に存在感をなくしていったウィズダム。
まさに伸び悩みて事でしょうね。
ローン先でも最初は出場機会与えられて徐々に存在感をなくしていきます。
放出で間違いでしょう。

 

今回は23歳以下の選手は対象外とさせていただきました。
中には自ら移籍を望んで出て行ってしまった選手もいますがリバプールを大好きで残りたいのに放出されてしまう選手をいっぱい見てきました。悲しいし切なくなりますが非常に厳しいプロの世界!
いい給料貰うぶんシビアな世界なんでしょうね!
私が想像しているのを遥かに越える厳しさだと思います。

ミニョレ、カリウス、ウォード、マニンガーのGK問題は、めちゃくちゃ難しい問題なので次回じっくり書きたいと思います。
マニンガーは1年契約でしたし簡単なのですが他の3人は非常に難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。