SEOとリバプールFCラボの可能性〜目標・現状・3つの強み〜

リバプールFCラボがTOP3にランクインした時の検索結果イメージ
The following two tabs change content below.
KAUL
リバプールとラウールが大好きなデジタルマーケター⚽️|LFCラボ SEOコンサル&ライター|スポンサーシップ、スポーツビジネスにも興味あります。

初めまして、ラウルと申します。リバプールFCラボでは主にSEOコンサルタントとして携わらせて頂いています。

今回は、専門的な話は極力省きながらもSEOの話をベースとしつつ、リバプールFCラボの掲げる目標、現状、3つの強みについて述べ、リバプールFCラボの今後の発展に向けたヒントを探っていきたいと思います。

目次

  1. SEOとは
  2. リバプールFCラボが掲げる目標と現状
  3. 目標達成を可能にするリバプールFCラボの3つの強み
  4. まとめ




1. SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。もう少し噛み砕くと、「Googleなどの検索結果で、ウェブサイトの順位を上げるための取り組み」と言えます。

日本ではGoogleとYahooという二つの検索エンジンがありますが、YahooはGoogleの検索技術をベースとしているため、Googleに合わせてSEOを行うことが一般的です。

リバプールFCラボで考えると、例えば、「リバプール 移籍」とユーザーが検索した時に、リバプールFCラボのページが検索結果1ページ目の上位に出てくるのが理想であり、なおかつ「SEOができている」状態です。

SEOで特に大事なのが「キーワード」です。どのキーワードで検索結果の上位を狙うのかが重要になってきます。選定したキーワードが持つ潜在ニーズに適したコンテンツを提供し、Googleにそれをきちんと理解してもらうことが必要です。

リバプールに関するあらゆるキーワードで、リバプールFCラボが検索結果の上位に表示されるようになれば、クリック率が上がりサイトへの流入増加が期待できます。そうした意味で、SEOはリバプールFCラボの認知の拡大、今後の発展に向けて重要だと考えています。




2. リバプールFCラボが掲げる目標と現状

リバプールFCラボが発足して、約2ヶ月が経とうとしていますが、発足当初から裏でSEOを進めてきました。

リバプールFCラボが掲げる最終的な目標は、「リバプール」というキーワードで

TOP3

にランクインすることです。マーケティング用語でいう「KPI(Key Perfomance Indicator)=重要業績評価指標」と言えます。

リバプールFCラボがTOP3にランクインした時の検索結果イメージ

リバプールFCラボがTOP3にランクインした時の検索結果イメージ

上の画像のように、リバプール公式サイトの真下に、リバプールFCラボのサイトがランクインすることがSEOにおける目標です。

現状のパフォーマンスはどうなっているのか、「リバプール」というキーワード以外も少し含めてまとめました。

次の表は、いくつかのキーワードを抜粋し、「それぞれのキーワードの月間検索数、ランクインURL、ページタイトルをまとめた表」と、「キーワード毎の検索結果のランキング推移をまとめた折れ線グラフ」です。

キーワード、月間検索数、ランクインURL、ページタイトル

(*月間検索数はGoogleのキーワードプランナーから取得しています。現在はGoogleで広告を出稿した人しか正確な数字を見ることはできないため、個人で運営している別のサイトのアカウントを通して取得しました。)

表を見ると、「リバプール 掲示板」はランキング計測当初から順位は比較的良かったですが、3月9日から一桁台の順位を維持しています。「リバプール チャント」というキーワードは、タクヤKOPさんの記事が執筆されてから、Googleに高く評価され徐々に順位を上げてきました。

そして目標としている「リバプール」というキーワードは、長らく100位圏外でしたが、3月15日からついにランクインし始めました。現在は検索結果の2ページ目を維持しています。

「リバプール」というキーワードでTOP3を狙うとなると、「リバプール」と検索するユーザーのニーズを全て満たす必要があります。 そのニーズを完全に満たし、TOP3にランクインするには時間がかかるかもしれませんが、この目標を私は達成できると思っています。

そう考える理由は、リバプールFCラボがある3つの強みを持っているからです。

3. 目標達成を可能にするリバプールFCラボの3つの強み

強み① 発展途上のプラットフォーム

1つ目の強みは、リバプールFCラボはリバプールファンのあらゆるニーズに応えることができる発展途上のプラットフォームだという点です。

すでに、個々のライターさんのオリジナル記事、LFC公式との連携、選手採点や掲示板など、様々なコンテンツを提供できています。今後も新しいコンテンツが追加されていく予定です。

「リバプール」と検索するユーザーのニーズは多岐に渡ります。リバプールFCラボはユーザーやリバプールファンのニーズに合わせてこれからも発展していけるだけの柔軟性と可能性があります。これは非常に大きな強みです。

強み② LFC公式との連携

2つ目の強みは、LFC公式との連携です。これによりLFC公式からの信憑性のあるニュース・情報を掲載することができます。

DeNAが運営していた医療系キュレーションサイト「WELQ(ウェルク)」が休止に追い込まれたことからも、信憑性のあるコンテンツの重要性は非常に高まっています。

このようなキュレーションサイトが日本では氾濫しており、Google Japanでもこの状況に警鐘を唱えるような形で、2017年2月3日に検索エンジンをアップデートしたことを発表しています。

その中から一部抜粋して引用したものが以下となります。

今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。

今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。

その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。

https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html

LFC公式との連携は、リバプールFCラボのオリジナルではありませんが、信頼できるソースから情報を発信できることを意味します。また、どんどん流れていってしまう日本語版facebookのコンテンツをストックできることは非常に有益であり、ユーザーにとっても価値のあることだと思います。

以上の点からも、LFC公式との連携はGoogleから高い評価を受けることに繋がると考えています。SEOを行なっていく上で非常に大きな力となってくれるでしょう。

強み③ 個々のライターによるオリジナリティある記事

そして3つ目となる最後の強みは、個々のライターによるオリジナリティある記事です。これが一番の強みと言っても過言ではないかと思っています。

リバプールに関するブログは多くありますが、リバプールFCラボほどバラエティーに富んだコンテンツを提供しているサイトはないと思っています。それぞれのライターさんの持つ、興味や知識が合わさり、リバプールを中心として様々な角度から記事が生まれています。

リバプールファンのニーズはリバプールファンが一番分かっています。そのため、通常のサッカーメディアでは発信できない本当にファンが求めている情報をリバプールFCラボでは発信することができます。

これはその他のリバプールに関するウェブサイトとの差別化を図る上で、非常に重要です。試合レビュー、戦術分析、移籍情報、小ネタや豆知識、全てがGoogleの唱える「オリジナルで有用なコンテンツ」です。

個々のライターによるオリジナリティある記事こそが、リバプールFCラボを検索結果の上位に押し上げてくれる最大の要因になるのではないかと考えています。

4. まとめ

ここまでSEOの話をベースに進めてきて、難しい話が多かったかもしれません。一番大切なことは「リバプールファンのニーズに応えるコンテンツをリバプールFCラボが提供していくこと」です。

その点で、肝となるオリジナリティある記事を執筆してくださる個々のライターさんの力がなければ成立しません。今後も生み出されていく良質なコンテンツを、Googleに最適な形で伝えることがSEOであり、私が取り組んでいかなければならないことです。

SEOが全てとは言えませんが、「TOP3にランクイン=ユーザーからの高い評価を得ることができている」つまりは、リバプールファンにとって最高のサイトである証となる一つの指標になるのではないでしょうか。

いつの日か、「リバプール」と検索した時に、LFCの公式ホームページの真下に「リバプールFCラボ」の文字が並ぶ日が来るように、微力ではありますが、お力添えできればと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。