ナビ・ケイタ|リバプール選手名鑑

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

ライター名は大好きなコカ・コーラから。戦術・選手分析といった普通の記事から一風変わったものまで書きます。

基本プロフィール

画像出典:liverpoolfc.com

  •  選手名:ナビ・ケイタ
  •  生年月日:1995年2月10日
  •  国籍:ギニア
  •  身長:172㎝
  •  ポジション:DMF, CMF, AMF
  •  背番号:8
  •  チームキャリア:イストル(13/14~)、レッドブル・ザルツブルク(14/15~)、RBライプツィヒ(16/17~)、リバプール(18/19)
  •  市場価格:65,00Mill.€
  •  契約終了年:2023年6月31日

プレースタイル

ストロングポイント

画像出典:LFC公式Twitter

基本的には守備的なMFとして振舞いながらも、的確に攻撃を司る中盤の“ナビ・ゲーター”。最大の特徴は、状況によって自分のプレースタイルを変化させられること、そして、その全てが最高クラスのクオリティを備えていることだ。

守っては適切なポジショニングでリスク管理をするバランサーとして機能しながら、時が来れば鬼神の如くプレスをかけるボールハンターになる。

攻めに転じれば、パサーとしてシンプルにボールを動かしつつラストパスでゴールを演出し、圧倒的なドリブルスキルで相手守備網を切り裂くドリブラーにもなる。果てはエリアの中に侵略して自らゴールを奪うフィニッシャーにも化けることもできる。

ナビの特筆すべき点は、信じられないほどのドリブルスキルだ。パスで崩すのが難しい相手の守備ブロックを、純粋な個人技のドリブルによって無力化させる能力は、現時点ですでに世界最高峰の域にあると言っても過言ではない。

そして、2016年9月のブンデスリーガのデビュー以降、彼はドイツの地で2番目に多くのボックスの外からゴールを決めている選手でもある。引いて守る相手に対して、特効薬となるミドルシュートをも彼は持っているのだ。

フィジカル的な観点から見ると、短距離をトップスピードで走りぬくショートスプリンターとしての才能と、絶え間なく走り続けることのできる長距離ランナーの才能を兼ねた、稀有な選手と言える。リバプールの求める理想を究極的に実現させた選手と言っても言いだろう。

まずはヘンダーソンのようにバランスを取りながら配球しつつ、ミルナーのように攻守にハードワークをしてピッチを駆け回る。それからワイナルドゥムのように身体を張ったボール奪取から抜群の推進力を発揮、そうかと思えばララーナのように華麗なボールスキルを見せる。そして最後にはチェンバレンのようにファイナルサードを強襲してゴールを生み出す。

この変幻自在のアフリカンは、試合中幾度となくプレースタイルを変化させながら、それを全てハイレベルでやってのける。それでいて、状況によって正しいプレーを選択できるインテリジェンスも持ち合わせている。底知れぬポテンシャルを持つ、末恐ろしい選手だ。

ウィークポイント

画像出典:LFC公式Twitter

この手の選手では仕方のないことだが、サイズがないので空中戦はかなりの苦手。セットピースは言わずもがな、ボールが宙に舞い続けるような試合では苦戦を強いられるかもしれない。

パスは基本的に短い距離のものが多く、展開を大きく変えるようなロングパスやサイドチェンジは少ない。そのため、中盤の底からゲームを作る役割は向いていないと言える。もっとも、彼の能力を考えればアンカーでの起用よりも一列前のインサイドハーフ起用がメインになるはずなので、そこまで大きな問題にはならないだろう。

また、しばしば独善的に振舞ってしまうこともある。ただ、利己的なプレイヤーというわけではなく、苦しい状況で自分がなんとかしようと思うあまり、全てを自分でやろうとして独善的なプレーに走ってしまう、というタイプだ。

周囲のプレイヤーのクオリティが上がるリバプールでは、自然とこのようなシーンが減るはず。であれば、パーソナリティの強さはむしろ大きな強みになると言っていいだろう。

エピソード・小ネタ

・ナビの父は非常に熱心なリバプールのサポーターで、息子によくリバプールの話をしていたそうだ。一緒にサッカーをしていた友達も、そのほとんどがリバプールのファンだったとは本人談。当然ながらナビの父は、息子のリバプール移籍を聞いた際にとても喜んでいたとのこと。

・フランスのイストルでプレーしていたナビを、レッドブル・ザルツブルクに迎え入れたのは、そこでディレクターを務めていたジェラール・ウリエ。ウリエは同じオーナーを持つライプツィヒのディレクターであるラルフ・ラングニックと相談して獲得を決めたそう。

・ザルツブルク時代、サディオ・マネとはチームメイトで、お互いに兄弟のような存在だと話している。兄にあたるマネはナビに良くアドバイスをしており、彼の存在がリバプール行きに大きな影響を与えたのは言うまでもない。

・ライプツィヒ時代、約40日間のうちに3度の退場を経験している。2017年9月16日のブンデスリーガ第4節のボルシアMG戦、10月7日のロシアW杯アフリカ予選のチュニジア戦、そして10月25日のDFBポカール2回戦のバイエルン・ミュンヘン戦だ。なんと言ったらいいかわからないが、とにかくリバプールではないようにお願いしたい。

・彼の背番号はスティーブン・ジェラードが背負った「8」。ジェラードと8番のユニフォームを持つ写真があったように、彼から直接手渡しされたとのこと。

画像出典:LFC公式Twitter

参考サイト

【ナビ・ケイタの物語】家族、友人、挫折と夢…アフリカの路上から世界に羽ばたくまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。