ロベルト・フィルミーノ│リバプール選手名鑑

The following two tabs change content below.
木靴屋

木靴屋

小学生の頃に画面越しのアンフィールドの雰囲気に惹かれてリバプールファンになりました。

基本プロフィール

Embed from Getty Images

  • 選手名:ロベルト・フィルミーノ
  • 生年月日:1991年10月2日
  • 国籍:ブラジル
  • 身長:1,81 m
  • ポジション:ST, CF, OMF, WG
  • 背番号:9
  • チームキャリア:フィゲイレンセ (08/09~)、ホッフェンハイム (10/11~) 、リバプール(15/16~)
  • 市場価格:80,00 Mill. €
  • 契約終了年:2023年6月30日

プレースタイル

リバプール加入時の市場価値25,00 Mill. €を80,00 Mill. €まで高めた”ゲーゲンプレスの申し子”。攻撃的なポジション全般をこなし、多彩なフェイントや意外性溢れるプレーを繰り出す万能アタッカー。

ストロングポイント

偽9番としてスペースメイキングで攻撃に流動性を与え、自らフィニッシュにまで絡む。また、ファーストディフェンダーとしてパスコースの遮断やボール奪取にも優れ、その献身的な守備はクロップサッカーの体現のために不可欠な存在となっている。解説者戸田和幸氏曰く、「ボールがない状態」でも局面を変えることのできる稀有な選手。

ウィークポイント

孤立した局面から状況を打開するタイプとは言えず、試合の流れによっては存在感を放つことができずにいる。WhoScoredによるとクロス精度に難があり、サイドに流れてチャンスメイクをする場面も多く見られる彼にとって今後の課題となるだろう。また、本職をCFとしていないためか得点数だけに焦点を当てるとビッグクラブのFWにはやや見劣りする。17-18シーズン通算27ゴールを記録、アグエロやルカクにも見劣りしない結果を残した。

得点後にユニフォームを脱ぐ振りをするセレブレーションを行うことが多いが、興奮して実際に脱いでしまうことがしばしばあるのも欠点か。17-18シーズン唯一の警告もマンチェスターシティ戦のセレブレーションによるものであった。(シチュエーションが故にTwitter上のKOPもこの時ばかりは許容していた模様)

エピソード・小ネタ

・愛称は”ボビー”

・ロシアワールドカップ2018にも出場し、1ゴールを記録した。

・サラー加入時に背番号を11から9に変更した。その際、11番を既に購入したファンのユニフォームにサインをするサービス精神も披露した。

・ララーナ曰く、「フィルミーノの英語は上手くない」。

・先述した「過度のセレブレーション」による警告数は12-13シーズン以来8度を記録し、5大リーグ最多。

・歯が綺麗だと話題。

・ホッフェンハイム加入の立役者はサッカーゲーム『Football Manager』。

参考サイト


transfermarkt世界のサッカー選手の移籍情報を中心としたデータベースサイトです。

WhoScored:欧州サッカーのスタッツや最新ニュースが掲載されているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。