ロベルト・フィルミーノのプレースタイル/プロフィール│リバプール選手名鑑

The following two tabs change content below.
木靴屋

木靴屋

11歳の頃、画面越しのアンフィールドに惹かれてファンになりました。

基本プロフィール

画像出典:LFC公式Twitter

  • 選手名:ロベルト・フィルミーノ
  • 生年月日:1991年10月2日
  • 国籍:ブラジル
  • 身長:1,81 m
  • ポジション:ST, CF, OMF, WG
  • 背番号:9
  • チームキャリア:フィゲイレンセ (08/09~)、ホッフェンハイム (10/11~) 、リバプール(15/16~)
  • 市場価格:80,00 Mill. €
  • 契約終了年:2023年6月30日

プレースタイル

画像出典:LFC公式Twitter

ストロングポイント

リバプールの誇るフロントスリーの頂点で攻守のタクトを振るブラジリアンは、類まれなテクニックとインテリジェンス、献身性までをも兼ね備える。

“偽9番”として相手CBを引き付けることでサディオ・マネ、モハメド・サラーの走り込むスペースを創り出す。敵陣深くで築かれたブロックを崩すために果たす役割も大きく、囲まれた状態からの突破や意表を突くヒールパス、フリーランニングでディフェンスラインを攪乱する。

チームへの貢献は攻撃に留まらず、的確なファーストディフェンスを遂行する。自身の背後の選手を消しながらプレッシャーをおこなうカバーシャドウを得意とし、チームのプレッシングを先導する役割を担う。

近年のリバプールのフットボールを体現してきた存在であり、スタッツに現れる以上にチームへの貢献度が大きいことから、ユルゲン・クロップ監督やチームメイトも全幅の信頼を寄せる。

ウィークポイント

スタッツ外の貢献が大きいとはいえ絶対的な得点数がやや少ないのもまた事実。年間得点数もキャリアハイの27点を記録した17-18期から18-19期の16点、昨シーズンの12点と減少傾向にある。今シーズンもゴール期待値の9.07に対してネットを揺らした回数は6度とやや物足りない数字であることは否めない。

チームとして保持型に舵を切る中で前線3枚への依存度がそもそも下がりつつあることは留意すべきではあるが、新たなストライカーを望む声もあがる。混戦のボックス内で局面を打開する強引さを発揮する能力もあるだけに、雑音をかき消す奮起に期待がかかる。

エピソード・小ネタ

◆愛称はボビー。チャントの「Si Senor」も要チェック。

◆ホッフェンハイムのスカウトによりゲーム”Football Manager”で発掘された逸話を持つ。

◆母国開催の2019コパアメリカでは全試合にスタメン出場し2ゴール3アシストと優勝に大きく貢献。

◆ゴールセレブレーションでもファンを魅了する。喜びの余りユニホームを脱ぎ警告を受ける場面や、脱ぐフリをするパフォーマンスも。

◆歯が綺麗でもお馴染み。

◆2021年3月現在、プレミアリーグで最も得点を挙げたブラジル人プレイヤーとなっている。

「歯が綺麗」でもお馴染み

参考サイト


transfermarkt世界のサッカー選手の移籍情報を中心としたデータベースサイトです。

WhoScored:欧州サッカーのスタッツや最新ニュースが掲載されているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA