【 意訳 】なぜリバプールはコウチーニョを歓迎し、サコーは敬遠するのか?/ Liverpool Echo

元記事:Liverpool Echo Why Liverpool will welcome Philippe Coutinho back with open arms but Mamadou Sakho will be shown the door

フェリペ・コウチーニョとママドゥ・サコーはどちらもユルゲン・クロップに悲しみを引き起こしている。
どちらもボートを揺さぶって、常に選手一人一人が自分の前にチームへの愛を求めるクロップを失望させた。

しかし、来週の木曜日に近づいている市場の締切日への彼らの運命は非常に異なるだろう。
1人はすぐに許されて腕が開いた状態で歓迎され、1人は出口へと案内される。

コウチーニョは休暇の後、チームに再合流される。 クロップは今年の夏にバルセロナに移籍するために試み、絶えざる失敗をしたブラジル人へのけじめをつけさせるつもりだ。

しかし、サコにとってはこれが最後の道のりだ。アンフィールドでの彼の4年間は終わった。クリスタルパレスとウェストブロムは、リバプールが3,000万ポンドを要求に対して交渉する準備をしているため、これから彼を得るために争うことになっている。

サコーは2016年4月のエバートンのダービー以降、怒られたことでリバプールの選手としてボールを蹴ったことはないが、クラブのファンの間での彼のカルト・ヒーローの地位は壊れていない。

今週、クロップがコウチーニョに対する恨みを表明しないと宣言した時、何人かは二重の基準を叫んで、サコーにも同じような対応を与えられるように要求した。
実際、この2つの状況は比にならない。

コウチーニョは、クロップとFSGのマイク・ゴードンの両氏に彼はどこにも行かないと声明を出され、プレミアリーグの新シーズン開幕前夜にトランスファーリクエストを提出した。

バルセロナにサインしたいという彼の望みは分かるが、7ヵ月前にバイアウト条項なしで5年間の契約を締結し、マージーサイドでの彼の人生について考えると、レッズの立場を受け入れないということはあまりありえないものだ。

コウチーニョは、クロップとの関係が崩壊したとの主張をすれば、彼のキャンプでの理不尽な態度に対する責任を負うことはなかったかもしれない。
しかし、彼がその主張をすることで、ここまで築き上げた自分のリバプールでの英雄伝が止まってしまうかもしれないということをずっと引きずっていたのかもしれない。

コウチーニョは、バルサでの自身の栄光を想像したことで騒ぎを起こしたが、サコーは犬小屋(リバプール)での自分自身の失礼以外に理由がない。

真実は、13ヶ月前のリバプールのプレシーズンのアメリカツアーでのことだ。
チームのフライトに遅れ、チームのミーティングに遅れ、そしてリカバリーセッションにも向かわなかった彼は、その悪い態度とプロフェッショナリズムの欠如でクロップを怒らせた。

サコーは当時既にUEFAの主張したドーピング疑惑で氷の上にいた。彼は最終的に自信が疑われていたものが禁止物質ではないことが分かったが、リバプールの推奨に脂肪バーナーを使用したことでクラブルールを破っていた。

そして彼は1年前にローンに出ろというクロップのアドバイスを無視し、その後、スナップチャットでのクロップとクラブへの不満を吐いた。彼は冬のローンでクリスタルパレスでうまくやったが、リバプールでの掴むチャンスは既に皆無だった。厳格な道徳的規範がまずの基盤で、サッカーの才能はそこに含まれない。
もし、クロップがサコーがリバプールの守備の脆弱性に対する答えだと本当に考えていたら、その関係は修復されていただろう。
それに対する良い例はスアレスだろう。

何人かのファンは、コウチーニョが1度クラブのためにプレーしたくないと言ったら、彼は売却されるべきだと主張するだろう。
しかし、クロップにはその考え方を共有するつもりはない。
彼はコウチーニョがフットボールでもたらす違いを知っているので、彼は自分の個人的な失望を押し殺すつもりだ。
そして彼はまた、コウチーニョがドレッシングルームの中で好かれている人物であることも知っている。

コウチーニョに対しては、自分が問題について戦う価値があると考えているのに対して、長い間考えた結果、サコーは自分がすべての面倒を見るだけの価値はないという結論に至っている。

※個人的な能力不足で訳が難しい部分もあり、一部省略、言葉の置き換えをさせて頂いていますが、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA