ルイス・ディアスのプレースタイル/プロフィール解説|リバプール選手名鑑

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

選手の分析記事をメインに、好きな音楽のネタを絡ませた記事も。ライター名はコカ・コーラから。あと櫻坂46の田村保乃さんのファンです。よろしくどうぞ。

基本プロフィール

画像出典:LFC公式Twitter

  • 選手名:ルイス・ディアス
  • 生年月日:1997年1月13日
  • 国籍:コロンビア
  • 身長:180cm
  • ポジション:LWG
  • 背番号:23
  • チームキャリア:バランキージャ(16/17)、アトレティコ・ジュニア(17/18~)、ポルト(19/20~)、リバプール(21/22~)
  • 市場価格:40.00m€
  • 契約終了年:2027年6月30日

プレースタイル

ストロングポイント

画像出典:LFC公式Twitter

切れ味鋭いドリブルが武器。左サイドを根城に、カットインから積極的にフィニッシュを狙っていくタイプ。

2021/22シーズンは(1月30日時点で)公式戦28試合で16ゴール/6アシストという大車輪の活躍を披露しており、特にリーグ戦に限ってみれば18試合で14ゴール/5アシストと、1試合に1点以上のペースでゴールに絡んでいる。

180cmとワイドを主戦場とするWGにしては水準以上のサイズを誇るが痩躯であり、その分アジリティやクイックネスといった瞬間的な速さは目を見張るものがある。

純粋なパワーという観点で見ればやや心許ない部分はあるが、コンタクトを恐れないタイプであり、プレミアリーグの屈強な猛者にも立ち向かっていけるだけの優れたパーソナリティの持ち主といえる。また、怪我への耐性が強いことも素晴らしい。これまで大きな怪我とは無縁のキャリアを歩んでおり、怪我による欠場数は片手で数えるほどしかない。

ロナウジーニョがアイドルのディアスは、南米人らしくトリッキーなスキルやアクロバティックなシュートなど、見ていて楽しいドリブラーでもある。ドリブル突破を試みる際はスピード以上にテクニックを駆使する傾向にあり、オープンスペースにおける破壊力はモハメド・サラーやサディオ・マネと比べると見劣りするものの、狭いスペースでもボールを失わず抜け出す技術は一級品。

これまでプレーしていた環境やレベルもあって現時点でワールドクラスの領域にいる選手とは評することは難しいものの、リバプールでの活躍次第では世界でもトップクラスのアタッカーと称されるようになるだろう。

ディアスは現時点で25歳と、選手としての方向性はほぼほぼ決定づけられていると言ってよく、あとはポルトで披露していた活躍をそっくりそのままリバプールでもできるかどうか。サラーやディオゴ・ジョタがそうであったように、周囲のレベルが上がることによってプレーのクオリティが向上する可能性は大いにある。期待したい。

ウィークポイント

画像出典:LFC公式Twitter

ルイス・ディアスに対してサポーターが抱く最大の不安要素は、やはり「ポルトガルで見せていることをイングランドでもできるのか」だろう。しかし、こればかりは蓋を開けてみないことには分からない。

ポルトガルのリーグレベルがイングランドよりも低い場所にあるところを否定する人がいないとはいえ、ブルーノ・フェルナンデスやルベン・ディアスのような例もある。また、彼のプレースタイルや特徴、これまでの経歴などを踏まえれば、メガクラブで全く力を発揮できないということもなさそうに思える。

能力的な観点で言えばイングランドでも活躍できるものは持っている。そのため、自身初となるメガクラブへの重圧や、リバプールという都市そのものといったフットボール以外の面での環境への適応がむしろ問われるかもしれない。その上で、イングランドのより激しくより速い環境にフィットできれば、持っている力を十分に発揮できるはずだ。

ディアスはまずは控えとしてのスタートとなるだろう。新加入選手に対するユルゲン・クロップのこれまでの起用法を考えれば、いきなり主力選手として扱われる可能性は低いはずだ。そのため、まずは控えとして得たチャンスでゴールやアシストといった目に見える結果を積んでいくこと。そうすれば自ずとジョタのようにスリリング・スリーの後継として認められていくだろう。

エピソード

画像出典:ポルト公式Twitter

◆「Luis(ルイス)」という名前はゲルマン起源であり、意味は「名高い」「有名な」「誉れある」などといった意味の「Hlud」と、「戦い」という意味の「Wig」を組み合わせた「Ludwig(ルートヴィヒ)」が変化したものである。また、「Diaz(ディアス)」という名前は「Dias」と同一のもので、スペイン語で「Dias」は「日々」や「毎日」と言った意味がある。

◆ルイス・ディアスが生まれ育ったラ・グアヒーラ県のバランカスは、リバプールFCが誕生した1892年に自治体になった。

◆バランカスはワユーと呼ばれる民族のコミュニティがあり、彼もその一人だった。バランカスはとても貧しい地域で、年間で多くの子供が栄養失調で亡くなっている。ディアスも例に漏れずとても痩せており、彼を見出したカルロス・バルデマラはあまりにも細かった彼を心配したという。しかし、バランキージョでプレーするようになった彼はクラブから体重を増加させるために多くの食事が与えられ、成長することができた。ちなみにそれまでの食事のメインはヤギだったそう。

◆前述のバックグラウンドの持ち主であるからか、周囲曰く、とても大人しく謙虚な性格であるとのこと。

◆リバプールでの背番号は“23”であるが、この番号を選んだ理由はバランキージャ時代に背負っていたことがあるからだそう。

 

参考記事

Luis Diaz: Who is the €80m Liverpool-linked star following in Falcao and James Rodriguez’s footsteps at Porto?

LFC公式オンラインストア


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA