【リバプールのGK問題】 なぜアリソンを獲得してカリウスを放出したのか?

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

ライター名は大好きなコカ・コーラから。戦術・選手分析といった普通の記事から一風変わったものまで書きます。

こんにちは、コークです。今回は、リバプール最大の泣き所だったGKの移籍に関する考察をしていきたいと思います。

アリソン・ベッカーの獲得

ご存知の通り、リバプールは今夏ASローマから当時のGK史上最高額となる7250万ユーロの移籍金でブラジル代表の守護神アリソン・ベッカーを獲得しました。

画像出典:LFC公式Twitter

このアリソン獲得に関する話題で、最も議論の的になったのがそのワールドレコードとなる移籍金ではなく、それまでのナンバーワンであったロリス・カリウスの処遇でした。

カリウスはキエフでのチャンピオンズリーグ決勝で衝撃的なミスを犯し、戦犯と言わざるを得ない立場に追い込まれていました。当然ですがリバプール・サポーターの間で「このままゴールマウスをカリウスに託していいのか?」という論争は巻き起こったものの、ユルゲン・クロップは変わらずカリウスへの信頼を明言していました。

KOPもカリウスを見守るというスタンスを取っていましたし、他クラブのサポーターからしてみればアリソンの獲得は青天の霹靂と言える出来事だったかも?「あんなに擁護してたくせに、結局カリウスを裏切るのかよ」と、ご丁寧にカリウスの身を案じてくださった他サポの優しさを筆者は忘れません。

しかし、カリウスがCL決勝でミスをしたからアリソンを獲ったというわけではない、ということはご理解頂きたく存じます。GKは補強の必要性が叫ばれて久しく、謂わばリバプール最大の泣き所でした。

画像出典:marca.com

逆に言えば、カリウスがCL決勝で素晴らしい活躍を披露したとしても、リバプールはアリソンの獲得に動いていただろうと筆者は考えています。これが牽強でないとする理由に、そもそも昨季のCL決勝進出はリバプールにとって望外の結果だったというものがあります。ですから、CLの結果は関係ないのです。

もしもカリウスがCL決勝でミスをしたからアリソンを獲ったというのであれば、アリソンの獲得にリバプールは決勝の後から動き始めたはず。しかし、実際には少なくとも半年前の冬には夏のアリソン獲得に向けて本腰を入れていました。

重ねて申し上げますが、あのミスとアリソンの獲得はイコールの関係ではありません。もちろん、トリガーの一つではあったでしょう。ですが「ワールドクラスのGKの獲得に動けるのであれば動くべき」という状況はシーズンを通して不変であり、リバプールはクラブとして当然のことをしたまでなのです。

たしかにクロップやKOPはカリウスへの信頼を公言していました。ですが、それとアリソンの獲得は別ではないでしょうか?少なくない他サポの「だったらアリソン獲るなよ」という声は理解し難いものでした。

アリソンはリバプールにとって、幾星霜を経てようやく手に入れた正真正銘ワールドクラスのGKなのです。当然、アリソンの到来によってカリウスの立場が危うくなるのは誰もが理解していたでしょう。しかし、プロの世界は無条件で復活を待ってくれるほど甘くはないのです。

以上のことを踏まえて、もう一度良く考えてみてください。リバプールはシーズンを通してずっとGKを補強すべきだとされていました。そのような状況で、カリウスがCL決勝においてミスを犯したからと言って「もちろんカリウスを擁護します。その現れとして、新しいGKは獲りません」となるでしょうか?ならないですよね。

カリウスに対するクロップの発言は、あくまでも「カリウスの今後を見守っていき、クラブとして支えていく」というものであり、それは「これからもカリウスを正守護神として起用し続けます」という意味ではありません。ちょっと、ここを勘違いしている他サポの方が多すぎて手前、驚きを隠せません。

カリウスの放出とミニョレの残留

画層出典:Kaeius公式Twitter、LFC公式Twitter、tbrfootball.com

さて、アリソンの獲得によって、リバプールはGKの余剰戦力を放出する必要性に迫られました。昨季の序列を踏まえれば、今季の序列はアリソンからカリウス、ミニョレ、ダニー・ウォード、アダム・ボグダンとなっていたはず。基本的に序列の低い選手から放出される可能性が高いので、後ろ3人の放出は間違いないとされていました。

現に、ウォードはレスター・シティに完全移籍、アダム・ボグダンはスコットランドのハイバーニアンにシーズンローン(なお彼との契約は来夏で満了を迎えるため、事実上のお別れ)。ミニョレも退団は不可避だとされていました。

しかし、実際に移籍したのはミニョレではなくカリウス。移籍先はトルコのベジクタシュでした。彼の移籍は完全な予想外というわけではなかったものの、やはり驚きはありました。移籍形態は買い取り義務オプション付きの2年間のシーズンローンで、公にはされていませんが出場数が全公式戦の50%を超えたらOPを行使しなければならない、というものです。

リバプールとの契約は3年後の夏までなので、ローン期間終了後、買い取り義務が発生せずに帰って来る可能性もあります。しかし、ベジクタシュで控えに甘んじたカリウスが残りの1年をリバプールで過ごせるとはかなり考えづらい。つまり、この移籍はカリウスの未来がリバプールにはないということの現れなのです。

カリウスはアリソンとの競争に敗れてリバプールを去りました。ですから「アリソンがカリウスを追い出した」というのは事実でしょう。しかし、プロの世界では至極当然の出来事であり、そこにアンフェアなものは一切存在しません。「決勝でミスしたからカリウスは追い出された」などというのはお門違いも甚だしいです。

さて、最大の焦点は「なぜミニョレではなく、カリウスを放出したのか?」です。カリウスの方がミニョレより序列が高かったわけですから、戦力的にも年齢的にも第三GKに降格したミニョレの方がリバプールを去る可能性があったのは間違いないでしょう。

例によって、他サポやメディアは「アリソンを獲得したから、いらない子になったカリウスは追い出された!」と騒いでいますが、そんなことはありません。カリウス自身が、移籍は自身が望んだことであり、クロップには残って欲しいとお願いされたことを明かしています。

カリウスを出してミニョレを残した。その是非は?

GKは非常に特殊なポジション。そのため、控えとなる第二GKの役割は他のポジションの控えの選手とは事情が異なります。その点、ミニョレのパーソナリティはとても貴重なもので、ピッチに立たずともチームを支えられる存在です。バックアッパーとしてより相応しいのはカリウスよりもミニョレでしょう。問題は、ミニョレの方が退団に傾いていて、残留がイメージしづらいということでした。

画像出典:theanfieldwrap.com

ところが、カリウスが移籍してしまった。クロップは絶対的な戦力でなければ基本的に移籍に待ったを掛けることはしません。カリウスが移籍を望んだ今回も、自身の希望は明確にしつつも強引に留めることはしなかった。そして、これで割を食ったのがミニョレです。

前述の通りリバプールはファーストチームにいたアリソン含む5人のGKのうち、すでに2人を放出。その上でカリウスが移籍となれば、残るはアリソンとミニョレの2人。移籍市場のルール改定により市場が開幕前に閉まる今夏、アリソン以外にもう1人新しいGKを連れてくるなんて余裕はありません。そもそもGK総入れ替えなんて危険すぎます。

こうして、ミニョレは残留せざるを得ない立場になってしまいました。出場機会に飢えていたミニョレが、図らずも残留してしまったことに遺憾の意を示すのも無理はありません。

カリウスとミニョレが共に移籍を希望し、どちらにもオファーが届いていた中で、リバプールが残したのはミニョレでした。移籍金目当てではないのは明らかなので、即ちクロップが「第二GKとして残すのであればミニョレ」という判断をしたのだと推察します。

言ってしまえば、カリウスを残すことも、ミニョレを放出することも出来たわけです。その選択支があった中での、カリウス放出・ミニョレ残留だった。この判断を筆者は正しいと感じています。まさかミニョレを残せるなんて思ってもみなかったので、意外でしたが。

あとがき

ミニョレ、移籍が出来なくて激おこミニョレ丸です。一時期はバルセロナ移籍なんてトンデモな報道もありましたが、あれは結局どうなったんでしょうか。リバプールがバルセロナ移籍に傾くミニョレを引き留める、なんてちょっと失礼ですが最高に面白くないですか?

ミニョレの代わりとなるGKを獲得出来れば、晴れてミニョレは移籍となりそうですが、問題はそれがいつになるかですね。冬の市場が開幕して、そこでリバプールがGKの獲得に動こうが動かまいが、ミニョレ(と彼の代理人)が移籍に向けて躍起になるのは間違いなさそうですが…。

以上でGKを巡る考察を終わりにしたいと思います。いかがでしたでしょうか?少々デリケートな問題も絡んでおり、複雑な動きもありましたが、大筋はこんなところだった、と筆者は感じています。なにか思うところがあれば是非コメントしてください。お読み頂きありがとうございました!

Good luck, Karius! YNWA!

https://twitter.com/LorisKarius/status/1033700290401366016

アリソン・ベッカー|リバプール選手名鑑

2018.07.22

桜の季節過ぎたら?遠くの町へ行くかも知れない5人のリバプール選手 ~GK/DF編~

2018.05.28

ロリス・カリウス│リバプール選手名鑑

2017.05.08

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。