クロップ「彼は我々の友人、子、仲間であり選手なんだ」/ アダム・ララーナ負傷について

本記事はLFC公式Facebook(日本語版)より許可を頂いて引用しています。

Facebookをやっている方は、ぜひ「LFC公式Facebookページ日本語版」の方にも「いいね!」やコメントをお願いします! クラブは「LFC公式Facebookページ日本語版」のいいね数やコメント数を見て、日本語サイトの開設や日本でのプレシーズンマッチの必要性を検討しているそうです!

クリスタル・パレス戦で途中出場したものの負傷交代を余儀なくされたアダム・ララーナについて、ユルゲン・クロップ監督が記者会見で語っています。

「彼と話はしていないんだが、その様子は見た。間違いなく悪い。彼に何があったのかは正確なところは我々にも分かっていないんだ。最初の瞬間で彼が倒れていくのを見たが、率直に言って本当に深刻そうに見えた。」

Embed from Getty Images

「筋肉に何かあったように見えたが、もちろん、今のところはこれ以上のことは評価することはできない。だが、我々は可能な限り迅速に対応するよ。」

「彼は我々の友人であり、我々の子であり、我々の仲間であり、我々の選手だ。彼は既に難しいシーズンを過ごしてきている。多分、このチームの最大の成果の1つは、今シーズンここまでアダム・ララーナが不在でも戦えているってことだろう。私はそんなことが可能だなんて決して考えなかったんだがね。」

「だから、我々は全員で必死になって彼のことを待っているんだし、ここまで段階を踏んで彼は戻ってきていたんだ。それなのにね...とにかく今日は我々にとって打撃だ。大打撃だよ。」

記事全文はこちら(英語)
http://www.liverpoolfc.com/…/296030-adam-lallana-jurgen-klo…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。