リバプールのスカウト体制を紹介〜現在のスカウト体制の源流はシティにあり?〜

The following two tabs change content below.
ヘンリー

ヘンリー

ヘンリーです。FSGやオーナーであるジョン・ヘンリー関連の記事を書いていこうと思っています。基本まったりとやっていきます。

5.考察とまとめ〜監督、スカウト、ビジネスサイドの三位一体〜

出典:theanfieldwrap.com

ここまでは、マイク・リグ体制のマンチェスターシティのスカウト改革、リバプールのスカウト体制、スカウトの判断要素を紹介していきましたが、この章では、最初に紹介したシティのスカウトプロセスの項目をもう一度紹介しながら、記事を進めていこうと思います。

  1. プレーヤー獲得部門を統合する
  2. 選手に関するデータベースを構築する
  3. 監督に一定の補強に関する権利を与える
  4. 選手のリストを合理化してターゲットを特定する
  5. 移籍手続きを完了する
  6. メディカルチェック
  7. 選手へのアフターケア

1章では主に、デイブ・ファローズが関わった①と②について紹介しましたが、③と④については近年のリバプールの補強体制に似た部分があるのではないかということで、考察していきます。

③と④の監督との連携の強化と、ターゲットとなる選手の特定について、引用した記事ではマイク・リグのコメントと共に以下のように言及されています。

監督は最初と最後の発言権を持つべきだ」とリグは言った。「私は監督と一緒に座り、どのようにプレイしたいか、プレイ哲学は何か、そしてシステムを機能させるための方法論は何か」と問います。」

希望する選手のプロフィールを考え出す必要があります。それからスカウト部署に行き、特定の国の特定のクラブにスカウトを送り、これらの分野のさまざまな領域をカバーする優秀なサッカー選手を見つけます

https://www.businessinsider.comより引用

このプレイ哲学についてのコメントですがFootbalistaの戦術的ピリオダイゼーションの記事に登場する、チーム造りにおける3つのフェーズである「ゲームモデル」→「プレイ原則」→「システム」の3つに置き換えて考えることが出来るかと思います。

Footbalistaの記事で、ゲームモデルは監督のメンタリティ、クラブの歴史とカルチャー、リーグの戦術的な特徴などといった要素から設定されたベースとなるコンセプトと説明されています。このゲームモデルを根幹に、選手のスカウティングを絞り込んでいくという面から、リグが構築したスカウト体制は、戦術的ピリオダイゼーションの要素をある程度盛り込んでいたのかもしれません。

次にリグは、監督、スカウト部門、ビジネスサイドとの連携について以下のように述べています。

「監督との最初の協議の後、スカウト部門は数多くの潜在的なターゲットリストから絞り込みを始めます。 私は、ビジネスサイド(理事会)と一緒に5つ程度のオプションを提示することを望んでいました」

 「例えば.オプション1は24歳で週給10万ポンド、2500万ポンドの移籍金がかかり、反対にオプション2は33歳であり、移籍金をかけずに獲得可能ですが、週給が高いとします。」

これらのオプションにはそれぞれ長所と短所がありますが、夏の移籍期間に8人の選手が必要な場合は、2億ポンドの費用がかかるため、8つのオプションの選手すべてに行くことはできません。 1つの移籍市場での予算は限られていますからね。」

「その上で、守備的ミットフィルダーは絶対優先で左ウイングの補強は第2の優先事項かもしれません。ならば、20代半ばの高品質のミッドフィールダーに多くの金を払うことになります。」

「最善のモデルは、監督が最初と最後に、提示されたオプションについて言及することです。私はベンチで時間を過ごし、試合に出られない選手を獲得することがないように常にしたいのです。」

https://www.businessinsider.com

このビジネスサイドと監督の意向を尊重するということは、最近のリバプールの補強体制でも重視されている点と言えます。

Joe.co.ukでのメリッサ・レディ氏の記事で以下のように述べられています。

「クロップとエドワーズは、より詳細な分析を行う前に、メルウッドの食堂での朝食または昼食の場で、獲得すべき選手について話し合っています。」

「選手評価の大部分はリクルートのヘッドであるデイブ・ファローズ、チーフスカウトのバリー・ハンター、そして尊敬されているイアン・グラハムが率いる研究グループのチームによって提供されます。」

「スカウト陣はクロップやエドワーズの希望を引き受けるだけでなく、ビジネスを完結させるのに必要な支援を提供するマイク・ゴードンにも彼らのショートリストを提示します。」

「それぞれの違ったタイプの3人には信頼、尊敬、そして感謝があります。正しいプレイヤーはエドワーズによって正確に示され、彼らはリバプールでクロップや、ゴードンの支持によってもたらされます。

「彼らは密ではっきりしていて協力的であるので、このクラブは団結力が高く、市場で大きな支出をする際の自信を持っているのです。」

https://www.joe.co.ukより引用

 

以上のように、マイク・リグのコメントと現在のリバプールの補強体制には、共通点が多く見られることが伺えます。特にビジネスサイドから意見出しをするゴードン、監督のクロップ、SDのエドワーズの三位一体が機能している部分は、リグのコメントにぴったりとハマっています。

選手の性格面も含めた様々な要素から、ターゲットの絞り込みを行うスカウト体制の構築と、ビジネスサイド、監督、スカウト陣が同じ方向を向いているという点は、近年のリバプールの選手補強が成功している大きな理由と言えます。

この補強体制の裏には、マイク・リグが構築したスカウト体制からメンバーをごっそりと引き抜いたという点も大きな要因として挙げることが出来ると思います。しかし、ファローズが2012年にリバプールにやってきて以来、紆余曲折ありながら機能させるまでに約6-7年の時間が経っていることが、組織を抜本的に入れ替える難しさを表しているのかもしれません。

次回の記事では、今回の記事で名前だけ登場した、リサーチ・ダイレクターのイアン・グラハムについて紹介していければと思います。

今回もかなり長い記事となってしまい、一部強引な部分もありましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございます。

リバプールとレッドソックスの強化体制を比較する~『客観』から『主観』へ揺れるFSG~

2017.08.27

FSGの社長、マイク・ゴードンの紹介ーリバプールを影で支える目立ちたがらぬ黒子ー

2017.05.04

リバプール新CEOピーター・ムーアの紹介〜家庭用ゲームにおけるオンラインの申し子〜

2017.03.30

参考

・マンチェスター・シティのスカウト体制変革に関する記事
https://www.businessinsider.com/the-7-step-process-manchester-city-use-when-signing-a-superstar-footballer-2017-6

・www.joe.co.ukによるフィルミーノ獲得の舞台裏                  https://www.joe.co.uk/sport/robert-firmino-liverpool-secrets-167144

・www.joe.co.ukによるリバプールの補強体制に関する記事                            https://www.joe.co.uk/sport/level-up-behind-the-upgrade-in-liverpools-transfer-strategy-191274

・Goalによる、サラー獲得の舞台裏                       https://www.goal.com/en/news/mohamed-salah-how-jurgen-klopp-and-liverpool-created-europes/1jo2i7gvv6hw71s1ti8aaynpi6

・lfctransferroom.comより、リバプール南米スカウト トロイアニインタビューhttp://www.lfctransferroom.com/fernardo-troiani-interview/

・thisisanfield.comによる、2013年のスカウト体制         https://www.thisisanfield.com/2013/06/liverpool-fc-scouts/

・thisisanfield.comによる、2013年の補強体制紹介          https://www.thisisanfield.com/2013/06/liverpool-fc-transfer-committee-explained/

・independent.ieによるケビン・ハントのリバプール加入に関する記事https://www.independent.ie/sport/soccer/league-of-ireland/former-bohs-ace-hunt-joins-reds-scouting-staff-29239406.html

・ファンフォーラムでのスカウト体制に関する記述       https://www.redandwhitekop.com/forum/index.php?topic=320713.800

・Footballistaによる戦術的ピリオダイゼーションに関する記事      https://www.footballista.jp/interview/47633/2

www.chesterchronicle.co.ukによる、ロジャース期のスカウト体制https://www.chesterchronicle.co.uk/sport/football/football-news/new-scouting-network-liverpool-fc-5174966

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。