You’ll Never Walk Aloneの歴史と名シーン〜世界のサッカースタジアムで歌われる祈り〜

The following two tabs change content below.
グラッド
KOP歴14年|リバプールFCラボ |数字で語る欧州サッカー 運営|@LFCjpにコラム寄稿|デジタルマーケティング的な仕事|ニュアンス翻訳|

その他サッカークラブでのYou’ll Never Walk Alone

18年ぶりにリーグ優勝を果たしたフェイエノールト

Embed from Getty Images

1617シーズンに18年ぶりにリーグ優勝を成し遂げたフェイエノールト。優勝祭では選手とサポーターが一帯になりYou’ll Never Walk Aloneを熱唱した。輪の中心にいるのはリバプールに6年間在籍しサポーターから愛された当時36歳のディルク・カイト。「古巣にトロフィー導く」と宣言して挑んだシーズンの最終節でハットトリックを達成し優勝を決めて引退を発表した英雄が声を裏返しながら歌う姿も見られる。

スコットランドの名門セルティック

かつて中村俊輔が在籍したセルティックでもYou’ll Never Walk Aloneは親しまれている。リバプールの次に歌い始めたのがセルティックだと言われている。セルティックはUEFAカップ0203でリバプールと対戦。ホームセルティック・パークでの一戦では、冒頭で紹介したYou’ll Never Walk Aloneをリバプールに連れてきたホームジェリー&ザ・ペースメイカーズのジェリー・マースデンを登場させ両サポーター合わせて6万人でYou’ll Never Walk Aloneを熱唱した。

JリーグからはFC東京

JリーグのFC東京もYou’ll Never Walk Aloneを歌うチームとして知られている。欧州とはやや毛色の違う日本独特の雰囲気に仕上がっている。アウェイではサビの部分のみのショートバージョンで歌われるとのこと。

〜次章へ

You’ll Never Walk Aloneは現在もなおサッカースタジアムの外のアーティストの世界でも愛され続けている。最後の章では世界を代表する歌い手によって手がけられたYou’ll Never Walk Aloneを紹介していく。

世界のアーティストによるYou’ll Never Walk Alone

世界的パンクロックバンド「ディー・トーテン・ホーゼン」

ドイツ出身のパンクロックバンド、ディー・トーテン・ホーゼンのフロントマンであるカンピーノはリバプールFCの大ファン。ライブでは毎回最後にロック調のYou’ll Never Walk Aloneを熱唱する。ライブ会場は真っ赤に染まり後半は会場いっぱいの観客が大合唱する。カンピーノは映画「YOU’LL NEVER WALK ALONE」にも出演。ライブではリバプールへの敬意を込めて歌い、メンバーは黙って付き合ってくれていると語っている。

最新アルバムに収録した「ドロップキック・マーフィーズ」

日本ではマキシマムザホルモンとも共演したことがあるドロップキック・マーフィーズ。2017年に発売したデビュー20周年を迎えた節目の9作目にYou’ll Never Walk Aloneのカバーを収録した。曲の中盤から一気にテンポが上がるYou’ll Never Walk Aloneはアンフィールドでの合唱とは雰囲気がガラリと異なり爽快な一曲に仕上がっている。

オバマ氏祝賀コンサートで歌った「ルネ・フレミング」

米国の有名ソプラノ歌手ルネ・フレミングはオバマ氏祝賀コンサートでYou’ll Never Walk Aloneを披露している。サッカーチームを鼓舞するアンセムが神聖な一曲へと様変わりし、いや、この歌の起源を考えると「元の姿に戻った」と表現したほうが正しいだろう、You’ll Never Walk Aloneは元来の姿へと戻り重要な1日を象徴した。このオペラミュージカル調のYou’ll Never Walk Aloneが響き渡った名シーンで本記事を締めくくりたい。

終わりに

筆者は18歳の頃に初の海外旅行で一人でリバプールを訪れ、心細く思いながらもアンフィールドに足を運んだのだが、You’ll Never Walk Aloneが響き渡るスタジアムで自然と涙腺が緩み、そこで覚えた「お前も俺たちの仲間だ」と暖かく包まれた様な不思議な感覚は今も記憶に焼き付いている。映画「YOU’LL NEVER WALK ALONE」を鑑賞し、また、本記事をまとめるにあたって改めてYou’ll Never Walk Aloneについての理解を深めることができ、当時の答え合わせができた様な感覚を覚えた。

画像出典:Anfieldにて筆者撮影

「歌うクラブと一緒に成長する歌、特に負けた時。」そんな粋な言葉で代替されるYou’ll Never Walk Aloneには、そう表現するのに十分過ぎる厚みのある歴史と愛情が詰まっている。これからもこの歌は世界の共通言語としてサッカーと重なり、人々を魅了し歴史を創っていくのだろう。

YNWA.

リバプールが生んだ史上最高のロックバンド・The Beatlesってなにが凄いの?

2017.04.10

【チャント特集~定番編~】リバプールの試合で必ず歌われる曲たち(歌詞付き)

2017.03.09

リバプール・フットボール・クラブについて〜歴史、エンブレム、ライバル関係〜

2017.02.20

2 件のコメント

  •  この歌はド派手に盛り上る曲調ではありませんが、選手やファンの「内なる闘志

    を燃やす」アンセムだと思います。 なんとなく!?「君が代」に通ずるものが

    あるのかな・・・って勝手に考えました♪

  • 自分はFC東京が好きで、よく、味スタのゴール裏でユルネバを歌ってます。リバプールサポが歌ってるのとは少し雰囲気が違いますがみんなが一つになれるような感じがして好きです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。