ハービー・エリオットが明かす「モー・サラーが最も良くアドバイスをくれる」

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、8/12のリバプール・エコー紙の記事です。

■ハービー・エリオットが明かす「モー・サラーが最も良くアドバイスをくれる」

ハービー・エリオットは、先日リバプールで契約更新にサインしました。エリオットは2027年までリバプールでプレイすることになります。

契約更新サインに際して、エリオットはリバプールでの状況について明かしました。19歳のエリオットに対して、リバプールの先輩選手たちは全員アドバイスしているということです。

「先輩選手たち全員が僕にアドバイスをくれる」と、エリオットは語りました。

「特に誰が、と聞かれると、モー・サラーだと思う。主将のヘンドと」。

画像出典:Liverpool FC 公式Twitter

「たぶん、僕が右側でプレイしているから、特にモーとヘンドが助けてくれていると思う」

「特にモーは、僕に対して頻繁に、いろんな種類のアドバイスをくれる。何をやるべきだ、という感じで。彼はいつもトレーニングで僕についておいでと言ってくれる。ジムでもだ。だから僕は彼からいろんなことを学んでいる。」

「もちろん、全員が僕の成長を助けてくれている。みんな、だ」。

このエリオットのインタビューについて、元リバプールのホセ・エンリケが記事を引用し、メッセージをポストしました。

「モーはいい奴だ」と、ホセ・エンリケは書きました。「たぶん、モーはハービー・エリオットの中に特に良いものを発見したから、そんな風に手取り足取り教えてあげているのだと思う。自分の後継者になるべき人材だ、と」

画像出典:Liverpool FC 公式Twitter

「かつて、私がリバプールの選手だった時に、スティービー(ジェラート)がジョーダン・ヘンダーソンに対して同じことをやっていたことを思い出す」

「そして今、ヘンドがどうなっているかを見れば一目瞭然だ!」

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

LFC公式オンラインストア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA