PL17/18第7節リバプール対ニューカッスル 全出場選手の「通信簿」by DANFIELD

各選手レーティング

シモン・ミニョレ

評価:B
チーム状況に関係なく、安定したプレーを披露。特に光ったのは流れの中でスローするのか蹴るのかという部分での判断。
ほとんど流れを止めずにビルドアップへと繋げられた。

ジョー・ゴメス

評価:D
多くプレーに絡んでいた部分は評価できるが、減らない軽率なプレーとミス。
たまに見せる圧倒的なスピードは相手への脅威となったが、その他ボールを持ったシーンでは一切の可能性を感じさせず。
守備面でも相手の確認漏れで背後から奪われたりと、相変わらずな印象。
ただ、本職はCBなだけに、これ以上を求めるのは酷かもしれない。

ジョエル・マティプ

評価:C
失点シーンで、あろう事かスルーパスに対してバックステップで対応。
当然の如く出足が遅れて相手に抜け出され、なんとか足を出すとボールは非情にも相手に当たってゴールイン。ただ、自業自得だ。

デヤン・ロブレン

評価:B
Bマイナスといったところか。
相手の攻撃シーンは多くはなかったが、体を張って自分のスペースはきっちり守りきった。ビルドアップでマティプへの横パスが必要以上に多いのが気になる。

アルベルト・モレノ

評価:B
攻撃に守備に要所要所で顔を出してプレーに絡んだ。成長を感じられたのは、相手との一体一の場面。自ら先に足を出すことはほとんど無くなり、先に身体をぶつけて相手テンポを送らせたりと、悪くはなかったと感じる。
攻撃面でより一層の効果的なプレーを期待したい。

ジョーダン・ヘンダーソン

評価:B
波のない安定したプレーでチームに貢献。
相手が引いてしまうと、アンカーとして彼ができることはかなり限られてしまうのは懸念材料。そういった部分では消えていたかもしれない。

フェリペ・コウチーニョ

評価:B
一発の大きさ。
あのシュートをあの位置から決めても、もはや驚くこともなくなってしまった。
しかし、個人的に気になるのは球離れの悪さ。テンポを崩してしまうシーンも少なくはなかった。

ジニ・ワイナルダム

評価:D | BAD |
今節も完全に消える。
どこが特に悪いというよりも、とりあえず積極的にボールに絡んでほしい。

モハメド・サラー

評価:C
引かれた相手に対して、どう攻めるか迷いがあった印象。オフ・ザ・ボールの動きで相手守備陣を掻き回して崩しの糸口に慣れたのは評価材料か。
ただ、今日のゲームでも彼への決定機は少なくないだけに、決めて欲しい。

サディオ・マネ

評価:C
出場停止処分が明けたプレミア初戦。
サラーと同じく、引かれたことによって縦へのスペースが消えた事で若干孤立していたか。今日の交代選手となったのも頷ける。

ダニエル・スタリッジ

評価:D | WORST |
チームプレーとは程遠いプレーを披露。
楔のキープも出来なければ、球離れも悪い。
ポジショニングも最悪で、大事な所でオフサイドを連発。少し限界を感じさせてしまう歯切れの悪い印象を残してしまった。

ロベルト・フィルミーノ

評価:C
彼が入ってやっと高い位置でのボールキープが可能になり、押し込む場面が増えた。
ストライカーとしての仕事はイマイチ。
せめてシュートは打ちたいところ。

ドミニク・ソランケ

評価:B | GOOD |
今節は本職ではない左WGに位置づけたが、左サイドでの起点となり、積極的にボールに絡んで、相手守備陣への脅威となる。
そろそろスタートから使って見ても面白いのではと感じさせる好印象を残した。

オックスレイド・チェンバレン

評価:-
アピール、そしてチームのために貢献するには余りにも時間が短すぎて同情してしまう。
最後の最後であわやゴールというダイビングヘッドを見せたが、ボールに絡む場面はほとんど無く、評価不可能。

ユルゲン・クロップ

評価:D
相変わらず全体的に交代枠の起用時間が遅い。あれでは流れは変わらない。
フィルミーノへの休みを踏まえてのスタリッジ起用だと捉えられるが、完全に大ハズレ。
そして中盤で消えていたジニを今節も使い続けた。前線を取っ替えるより、ミルナーやチェンバレンをリズムを変えるインサイドの役割で早い段階で出しても良かったのではと感じる。

総括

時間があっという間に過ぎただけでなく、終始フラストレーションの溜まるゲームだった。

監督の問題というよりは、チーム個々の問題に感じる。まだシーズン序盤なのに、プレシーズンや開幕数試合に比べれば明らかにミスが増え、インテンシティに欠けている。限界なのか。

また、チーム全体での意思疎通が取れていないのも問題。失点はシェルビーからのスルーパスがきっかけだったわけだが、ヘンドが高い位置でチェイスを掛けているのにも関わらず、ジニが突っ立っており、それよってできたスペースでシェルビーがどフリーでボールを受けた事が原因。
あと3,4歩前に出ていれば、あのスルーパス自体防げただろう。

相手に完全に引かれて、チームの強みである縦に早い両WGのスペースが消えた事で、ポゼッションから様子を伺う事しか出来なかった。それは昨シーズンから何も改善せず、変わらない課題だった事が判明。
早急に改善を求めたい。

前節の通信簿で、この内容で勝てなくなった時が一番マズいと訴えていたが、早速それが出てしまった形。

ここ数試合消えない全体的なドタバタ感は、いつになったら消えるのだろうか…

コメントやご意見お待ちしております🔴
Twitterでも是非🔴🔴

2 件のコメント

  •  毎度の通信簿、お疲れ様です。 ワイナルドゥム、何か物足りないですね・・。

    ゴメスの未熟さを補うが故に、サラーとの攻撃の絡みに躊躇しているのかな!?

    ここは若手に責任感をもたせて!? VSマンUでは前線に出て行って、彼の個性

    を魅せてもらいたいですね!! 

    • コメントありがとうございます!
      そうですね…もう少し積極性を見せて欲しいところですかね…
      というより、今までCBが主な主戦場だったので、サイドでの攻撃参加のタイミングだったりはこれから経験を積んでいくって感じかなと思います!
      そうですね!まだまだこれから、期待したいところです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。