アリソン・ベッカー|リバプール選手名鑑

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

ライター名は大好きなコカ・コーラから。戦術・選手分析といった普通の記事から一風変わったものまで書きます。

基本プロフィール

画像出典:LFC公式Twitter

  •  選手名:アリソン・ベッカー
  •  生年月日:1992年10月2日
  •  国籍:ブラジル
  •  身長:191cm
  •  ポジション:GK
  •  背番号:13
  •  チームキャリア:インテルナシオナル(13/14~)、ASローマ(16/17~)、リバプール(18/19~)
  •  市場価格:60,00Mill.€
  •  契約終了年:2024年6月30日

 プレースタイル

ストロングポイント

画像出典:LFC公式Twitter

獲得当時のGKにおけるワールドレコードを大幅に更新する移籍金で、”永遠の都” ローマから獲得した、ブラジル代表の正守護神。GKに要求されるありとあらゆる能力を全て持った、世界最高峰の選手だ。

シュートストップ、ポジショニング、飛び出し、足元の技術と、どれを取っても一級品。キャッチするのか、弾くのかという判断の質も高い。爆発的な反射神経、無駄のないモーション、優れたポジショニングで、“生ける要塞”と化す。

オフェンシブな面での貢献度も抜群。キックの質が素晴らしく、ビルドアップに参加することを苦としない。相手FWにプレッシャーをかけられても、フェイントを織り交ぜながら涼しい顔でかわすだけの肝っ玉もある。

17-18シーズンのセリエAの試合において、アリソンは28失点している(OGを除く)。しかし、Optaのデータによれば、ローマが受けたオン・ターゲットのゴール期待値に基づくと、平均的なGKであれば36失点している計算になる。この8ゴールという差は、セリエAでプレーする全てのGKの中で最も大きい数字だという。

さらに他のデータに目を向けると、セーブ数109回が目を引く。これは、過去5年のセリエAで最高の成績。“守備の国” と謳われるイタリアにおいて、アリソンは間違いなく最も優秀なGKだったといえる。そして驚くべきは、ヨーロッパのクラブで正守護神としてプレーしたのは昨季が初めてということだ。

GKは、その特性上最も経験がものを言うポジションである。そのうえ、プレッシャーが厳しいイタリアのビッグクラブという点も踏まえれば、欧州への適応期間が1年あったといえども、文句なしで素晴らしい成績。

求められるのは絶対的な守護神という立場だが、モダンなスタイル、クラブや代表での経歴、絶対的なクオリティ、傑出したパーソナリティに鑑みれば、リバプールにとって画竜点睛になるだけの存在と期待していいだろう。

ウィークポイント

画像出典:GiveMeSport

プレミア初挑戦となるGKの最初の鬼門は、なんといってもボックス内における激しい肉弾戦だろう。プレミアの醍醐味ともいえるものだが、同時にGK泣かせでもある。

アリソンが空中戦でのコンタクトやハイボールの処理などを苦手としているわけではないが、やはりそこはプレミア。空中戦の厳しさは他国とは別格である。逆に、これさえクリアできれば向かうところ敵なしか。

また、これをウィークポイントとするかは悩ましいところだが、いかに想像を絶する試合展開によって鍛え上げられてた強心臓を持つKOPと言えども、アリソンのボールキープには寿命を縮められるだろう。

しかし、彼のボールキープによって失点する確率とそのチャレンジによって得点が生まれる確率を天秤にかけたとき、後者に傾くのは間違いないのでアグレッシブにやってほしいものだ。

 

エピソード・小ネタ

画像出典:アリソン公式Twitter

・FIFAワールドカップ2018のブラジルvsスイスの試合中、ピッチに謎の巨大な赤い風船が入り込むという珍事件が起きた。アリソンはすぐさまその風船に近づくと、勢いよく踏み破裂させて処理。余談だが、赤い謎の球体繋がりで、ペペ・レイナが直面したあの“ビーチボール事件”を思い出したのは筆者だけではないはず。

・昨季のアリソンのセーブ率は79%で、これは欧州3位の成績。1位はアトレティコ・マドリードのヤン・オブラクで83%。2位にマンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアで80%と、世界最高と称されるGKに引けを取らない素晴らしい成績である。同データにおけるロリス・カリウスとシモン・ミニョレの成績は、それぞれ69%と59%。

・実は、正式発表前にアリソン・ベッカーはリバプール移籍を喜ぶツイートをしていた。と言っても、ポストをしたのは同姓同名のアメリカで女優として活動しているアリソン・ベッカー氏。ちなみに同じアリソンでも、GKのアリソンは「ALISSON」でSが一つ多い。

・リバプールがアリソン獲得のためにローマに支払った移籍金は6250万+アドオン1000万ユーロ。前述の通りこれはGKとしては史上最高額。リバプールは史上最高額のDFファン・ダイクに続いて、GKのワールドレコードまで更新することになった。

・ローマのレジェンドで、現在は同クラブのフロントで活躍しているフランチェスコ・トッティ氏は、今回のアリソンの移籍について「我々は世界最高のGKを失った。しかし、移籍市場は大きく変化している。GKにこれだけの額のオファーが届くのは初めてのことであり、リバプールに断りを入れることは出来なかった。」と話している。

画像出典:アリソン公式Twitter

・同じく“永遠の都” でプレーしていたモハメド・サラーだが、アリソンに「さっさとリバプールとサインしろ」と急かしていたそう。同胞のロベルト・フィルミーノにファビーニョ、そしてサラーと来れば、ピッチ外での適応も不安なしか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。