トレント・アレクサンダー・アーノルドがCL決勝2年連続スタートの最年少記録へ

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、本日(5/21)のデイリー・ミラー紙の記事です。

■トットナムvリバプール:トレント・アレクサンダー・アーノルドがCL決勝2年連続スタートの最年少記録へ

リバプールのトレント・アレクサンダー・アーノルドは、6月1日のCL決勝戦でスタートする見通しが非常に強いと見られています。そして、それが実現した場合、24年間続いている「2年連続でCL決勝戦でスタートした最年少選手」の記録が塗り替えられることになります。

現在の最年少記録保持者は、1995年のACミランのクリスティアン・パヌッチで、当時22歳でした。いっぽうアレクサンダー・アーノルドは、今年10月に21歳になります。

尚、リバプールのバックフォーの中で3人はほぼ確実に昨年のCL決勝戦と同じメンバーと見られています。アレクサンダー・アーノルドに加えて、アンディ・ロバートソンと、フィルジル・ファン・ダイクです。

アレクサンダー・アーノルドの急上昇ぶりは目覚ましいものがあります。ここ2シーズンで完全にリバプールのレギュラーの座を確保しただけでなく、CL決勝を決めたバルセロナ戦でも2アシストと大活躍しました。

画像出典:Trent Arnold公式Twitter

そのアレクサンダー・アーノルドは、2017-18季開始前までは僅か2試合に出場しただけの若手であることを考えると、今回の記録は特筆に値するものがあります。

ちなみに、対戦相手のトットナムは、アレクサンダー・アーノルドの「最年少記録」は、前任者のパヌッチと同じ試合結果で達成することを祈っています。(※1995年にACミランは1-0でアヤックスに敗れました)

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。