リバプールFC 27選手の「プレシーズン通信簿」

The following two tabs change content below.
DANFIELD
LFC is my everything……

DANFIELDです!!
いよいよ、プレミアリーグが8月12日に開幕します!
リバプールは日本時間20時30分から、アウェイでワトフォードと対戦します。
またリバプール一色の生活が始まるわけですね。今からワクワクが止まりません!笑

さて今回の記事ですが、ちょっとラボの周りが騒がしくなっているこのタイミングで、あえて私的見解を強めにしたものにしました。
今までは移籍情報をまとめた記事を強めにしていた自分にとっては、少し挑戦的なものになります。
内容は、『プレシーズン通信簿』
ということで、プレシーズンで主要選手または出場機会が多かった選手を現地メディアやファンの意見も参考にして、個人的にA~Dの段階で評価を分けてみました。
その中でも良くも悪くも特に印象に残った選手には別にMVP、GREAT、GOOD、BAD、WORSTの評価を、またA以上の働きぶりを見せた選手にはSをつけています。
開幕前に選手各々がどのようなプレシーズンを送ったのか、プレシーズンマッチ等をあまり見れていないKOPにはざっと把握できる記事になっていると思います。

では本題に移ります!!

GK/DF

ロリス・カリウス

評価:B

昨シーズンは守護神として期待されたが、プレミア独特のプレースピードに苦しんだカリウス。プレシーズンでは得た出場機会で安定したプレーを披露し、アピールに成功。
ただ、ミニョレの壁を崩せるまでの高いパフォーマンスを見せることは出来なかった。

シモン・ミニョレ

評価:B

昨年中盤にファーストチョイスを奪い返してからは人が変わったように好プレーを連発。ミスも減って風格も出始めた。
プレシーズンでも「守護神感」を失うことはなく、KOPをホットさせるパフォーマンスだった。昨年の貯金も含めて開幕スタメン濃厚か。

ダニー・ウォード

評価:A | GOOD |

ローン先で大ブレイクし、万を持してプレシーズンを迎えたウォード。
出場した試合は1試合だが、高いパフォーマンスを見せてファンを頷かせた。第3GKの位置づけには勿体ない人材。
個人的には再ローンでもう一回り成長してきて欲しい所…

ナサニエル・クライン

評価:-

5月に怪我でイングランド代表を辞退してから負傷の夏が続いている。
プレシーズン序盤で試合に出たものの、やはり背中に問題があるようでそこからは治療に専念。開幕も間に合わない見込み。

トレント・アーノルド

評価:A | GOOD |

昨年ブレイクした期待の若手。
プレシーズンではコンスタントに出場機会を重ね、その上クラインの怪我によりスタートから起用されることも増えた。
それにより責任感が増したのか、怖気付くことなく堂々としたプレーを披露。右SB2番手で将来の有望株から、今では開幕スタメンが見えてきている。

ジョン・フラナガン

評価:D | BAD |

やはり長期の怪我の影響は大きかったのだろうか。プレシーズン出場機会は多いものの、クロップを納得させられるようなパフォーマンスは見せることが出来ず。
気になるのはスプリント。相手に置き去りにされたり、簡単に逆を突かれるシーンが目立った。やる気が空回りしてる印象。クラインが負傷している今が一番のアピールチャンスだったが、開幕スタメン競走はアーノルドに軍配が上がりそうだ。

ジェームズ・ミルナー

Embed from Getty Images
評価:C

怪我もあり少し出遅れる。
復帰して左サイドバックで先発したアトレティコ戦では、かなり不安定なプレーを見せてしまった。しかし、ララーナの怪我によりビルバオ戦でインサイドハーフを務めると、非常に安定したプレーを見せてクロップを頷かせた。「新戦力を見つけた。」と、一言。
新シーズンは本職でのプレー機会が増えそうだ。

アルベルト・モレノ

評価:A | GREAT |

ロバートソンの獲得がかなり精神的に応えたのか、その後のパフォーマンスがうなぎ登りに上昇。プレミア屈指のチャンスメイク力を惜しみなく出し、それでなく不安視された守備面でも集中したプレーを見せた。
これにはクロップもかなり評価しているようで、ロバートソンとミルナーを抑えて開幕スタメンに名を連ねるのではと予想されている。

アンドリュー・ロバートソン

評価:B

KOP待望の左サイドバック新戦力。
彼がこれからリバプールの左サイドを支えるだろうと思いきや、まさかのモレノがこのタイミングで覚醒。
明らかにその影響を受けてプレー時間は少なくなったと思われる。
ただ、プレーした試合では才能の片鱗をしっかりと見せつけて好印象を与えた。プレーはチェルシーのマルコス・アロンソに似た感じで、攻守にわたって高いクオリティを発揮できる選手。かなり期待ができそう。

ラグナー・クラバン

評価:B

CBのバックアップという位置づけから見れば、十分なパフォーマンスを披露した。
特にビルバオ戦でのソランケへのクロスの質はCBとは思えないものだった。フィード力は健在。ただ、やはり縦の対応には頭を抱えてしまうような弱さが時折あり、スタメンで出るには力量不足か。

ジョエル・マティプ

評価:A

リバプールのセンターラインの強さは彼にかかっていると改めて思わせられた。
球際の強さには目を見張るものがあり、安心して見ていられる。
新シーズンは極力負傷をせず、常に出場して欲しいといったところ。プレシーズンから見ても、本当に重要な選手である。

デヤン・ロブレン

評価:B

可もなく不可もなくといった印象。
ただ、マティプとの連携は試合を重ねる度に良くなってきている上、本人のプレーにもムラがなくなってきている。
CBは補強の噂が強いポジションなだけに、今シーズンこそはは本人もその周りの不安を一蹴させたいと意気込んでいる。モチベーションは十分だ。

ジョー・ゴメス

評価:C | BAD |

長期離脱から無事復帰し、今シーズンのブレイクが期待されるイングランドのホープ。
プレシーズンではCBと右SBでプレーしたが、共に精彩を欠いたプレーが少なくなくて荒削りな印象を残した。ただ、まだまだ若く今後修正は十分に可能。全体的に見れば落ち着いたプレーが多く、可能性は十分に感じた。ミスを恐れずにどんどんチャレンジして欲しいところ。

8 件のコメント

    • リオ・ファーディナンド2世と言われていたぐらいなので、ポテンシャルは十分です! 今は少し安パイなプレーに走りがちですが、私も同じくミスを恐れずもっとチャレンジして欲しいですね!

  • 明日に迫る開幕戦
    DANFIELDさんの記事のおかげで さらに楽しみになってきました!
    開幕スタメンどうなるでしょうね 野球の開幕先発ピッチャー同様 監督の期待が表れるものでもありますので 今からワクワクします
    ガツっと勝って今年のリヴァプールはダークホースなんかじゃなく、正真正銘 優勝を争うチームだ、と周りに見せつけて欲しいもんです(* ̄∇ ̄)ノ

    • 嬉しいコメントありがとうございます!!
      そうですね〜怪我人が多いので予想はだいぶ絞られますが、誰が出ようとチームのスタイルにさほど差は出ないと思うので、本当に今年は楽しみですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。