アンドリュー・ロバートソン|選手名鑑

The following two tabs change content below.
マジスタ#7
いつでもリバプールを楽しめる場を。 気軽な内容から踏み込んだ試合分析まで記事にしていきます。 YNWA!
マジスタ#7

最新記事 by マジスタ#7 (全て見る)

画像出典:LFC公式Twitter

  • 選手名:アンドリュー・ロバートソン
  • 生年月日:1994年3月11日
  • 国籍:スコットランド
  • 身長:178cm
  • ポジション:LSB
  • 背番号:26
  • チームキャリア:クイーンズパーク(スコットランド4部アマチュア)→ダンディー・ユナイテッド→ハルシティ→リバプール
  • 市場価格:6.30 Mill.€
  • 契約終了年:2021年

プレースタイル

画像出典:ScottishFA公式Twitter

ストロングポイント

スコットランド4部でプレーしスーパーでレジ打ちをしながら生計をたてていた2013年から、驚異的な速度でプレミア屈指のビッククラブ移籍というシンデレラストーリーを実現した選手。そんな経歴も手伝ってか、23歳にして既にプレミアリーグ出場は50試合越えという経験値をも持ち合わせている。

ビッククラブ初挑戦ながら出場した試合では、高確率でチャンスを演出するなど、秘めたポテンシャルには確かなものがある。

最大の長所は左足から繰り出される高精度のクロス。プレースキッカーを任された経験もあるそのキック精度はスピード・コース共に申し分なく、相手DFの嫌なエリアにエグりこんでくる。ニア・ファーの両サイドの使い分けも的確かつ効果的だ。

彼が攻撃にもたらす強みはキックだけではない。状況に応じて、左サイドからダイアゴナルにペナルティエリア付近まで侵入しては、相手DFが喰いついてきたタイミングでボールを離し数的優位を産み出すプレーも大きな魅力だ。レフティーならではの独特なリズムをもち、左足インサイドでボールを舐めながら思い切りよく侵入するドリブルはモレノにもミルナーにもない彼ならではの持ち味と言える。

また、フリーランの質の高さも見逃せない。ファイナルサードで味方の自由を作るフリーランに加えて、危険を事前に察知するポジショニングまで、オフザボール時の貢献でもチームを助けるインテリジェンスに優れた選手だ。

守備時には、的確な間合いと喰らいつくようなタフネス守備を武器に必死にゴールを守る。スライディングを多用する傾向があり、つい数年前までスーパーでレジ打ちをしていた青年がプレミアの猛者相手に執念で守る姿には心動かされることすら少なくない。

 

ウィークポイント

身長の問題もあるが空中戦には難点がある。リバプールの抱えるセットプレーやクロスボールに対する脆さを改善する選手になり得ないだろう。サイドバックにこの役割を求めることも酷だが、プレミアで戦うためにはもう少し空中戦での賢さも求めたい。ハイボールに限った話ではなく、浮いたボールの処理に難がある。サイドで細かいパス交換によって局面打開を図る際にパスの質が悪いと、リズムを崩したり、失ったりする点にも改善が必要だ。

また上手く間合いが取れている間は良いが、調子の悪い試合ではスピードのある選手に度々引きちぎられたり、脚が覚束なくなったり、足を滑らせたりとまだまだ対人には波がある。スピード等フィジカルに優れた選手ではないので、間合いとタフさだけでは太刀打ち出来ない相手になると脆さを見せる。

性格上の問題からか、あまり率先してコミュニケーションを取ろうとする選手ではない。若く、ビッククラブ初挑戦、出場機会も恵まれているとは言えない、という立場から萎縮してしまうのは当然かもしれないが、ポテンシャルは高いだけにもう少し堂々としたプレーで味方から頼られる選手になれるはずだ。ハルシティ時代に比べて思い切ったプレーが減っているのが残念。チームに馴染み、サポーターからの信頼を実感できるように、”リバプールでの生活”を楽しんで欲しい。

 

エピソード・小ネタ

画像出典:アンドリュー・ロバートソン公式Twitter

・愛称は”ロボ”

・ダンディーユナイテッド時代には年間最優秀若手賞を獲得。

・出場機会に恵まれず、辛い時期を過ごしていたことも告白している。モレノの怪我により出番を得て、チームに貢献出来た際には、ミルナーがずっとビッククラブ挑戦の助けになってくれたこと、ヘンダーソンが馴染めるように話しかけてくれたこと、に感謝の意を表した。

・「彼(ミルナー)はプロとしてお手本となる選手だし、彼の本に挟まれた栞を見ることで学ぶことが出来るんだ。僕はビッククラブで挑戦するのは初めての経験だけど、彼は多くの経験がある。『自分自身を見失わず、辛抱強くハードワークするんだ』と言ってくれたよ。僕は長くここにいるうちのまだ3,4ヶ月しかここにいないんだ。完成された選手になるにはまだ時間がある。」とコメント。

・リバプール移籍の際のKOPの意見は二分しており、本職のLSBを獲得出来たことを喜ぶ意見もある一方で、「スチュワートと同じくらいの価値しか期待出来ない」「シティは50m£でウォーカーをとったのに無名選手か」という否定的な意見もあった。

・試合に出れていない期間について記者がクロップに問いかけるとクロップは「本人と話をした結果、本人は『状況を理解しているし頑張るよ』と話している。」とチーム内序列についてもケアしていることを示唆するコメントを出した。なぜ彼がこのようなシンデレラストーリーを歩んでこれたかについては「彼はフットボールをすることを熱烈に愛しているんだ。心底フットボールが好きだからだよ。」と好印象を持っていることを述べた。

参考サイト

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。