リバプール1617シーズンの「信じられないセーブトップ10!」〜来季はミニョレ、カリウス、ウォードの3枚体制?〜

リバプールFCの2016-17シーズンが終わり、LFC公式サイト(英語)には様々な振り返りコンテンツがアップされています。本記事では、その中でも特に印象深い「信じられないセーブトップ10!」をピックアップします。

リバプールは無事トップ4フィニッシュを果たしましたが、5位アーセナルとの勝点差は僅か1ポイント。この動画の1位として紹介されているシーズン終盤戦のミニョレの「あのセーブ」がなければ落胆のシーズンとなっていたことは言うまでもないでしょう。ミニョレがカリウスとのポジション争いを経て飛躍的にパフォーマンスを向上させたことには本当に驚かされました。もちろん、動画の中にはカリウスのファインセーブも含まれておりますので、カリウスファンの方も必見です。

 

ちなみに、ハダースフィールド・タウンFCにローン移籍中のダニー・ウォードもイングランド2部で活躍しています。昇格を決めるプレーオフPK戦では5人目のシュートをストップしチームをプレミアリーグに導いてます。(後攻のGKがウォード)

来シーズンのGK候補として過去にはジョー・ハート、最近だとイケル・カシージャスの名前が「噂」に上がっていますが、クロップは来季の体制をどう考えているのでしょうか。一時はキャラガーに「ミニョレはリバプールがGKとのサインが必要な理由を示してしまった」とまで言われていたGK陣ですが、状況は一変しています。とはいえ、ミニョレのパフォーマンスがどこまで持続・向上するのか、カリウスとウォードにどこまで期待をするべきなのか短絡的に判断するべきではないことはキャラガーが上記のコメントによって身を以て示してくれています。

「来シーズンもミニョレを軸にするべき」と言う結論で決着がつきかけているリバプールのGK論争ですが、皆さんはどの様にお考えでしょうか。ぜひコメント欄でご意見を聞かせてください。

8 件のコメント

  • ミニョレのパフォーマンスが一時的なのかまた分からないが、ハイボール処理が格段に良くなってるしこのままでいいと思いますね。
    シュートストップ能力は元々高いですし

    ウォードは第3という扱いになる以上ハダースフィールドから来てくれるか

  • 当然ミニョレが軸でいいと思います。

    終盤の彼のプレーを見ているとシンプルに技術が向上したのかなと思いました。

    来シーズンも期待しています。

  • ハイボールの課題を克服しつつあるミニョレは、ショットストップも良くなった気がする。チームに好影響を与えている選手(ポジション)を変える必要はない

  • 「一度身に付けた技術でも、時間を置くと精度が落ちる可能性」も捨てきれないので、プレシーズンと移籍期限ギリギリまでミニョレのプレーを見守る必要があると思います。
    プレシーズンは、ミニョ、カリウス、ウォードで競わせて、そこで問題が無ければ、「ミニョレを軸」もアリだと思います。
    ミニョが少しでもヘマったら即補強&ウォードが正GKor第2GKが無理であればローンで!!!
    でもウォードが第2GKだと、カリウスがローンか・・・。

  • ウォードはレンタル延長の方がいいと思います。(上手くいけば)レッズ所属のまま他チームでプレミアを1シーズン経験できるのですから。第3で潰すのは勿体無い!

    かつて、アトレティコにローンで出ていたクルトゥワのプレーを見て、心底チェルシーを羨ましく思った経験から。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。