マネはウェストハム戦でプレー可能。セネガル代表も召集か

The following two tabs change content below.

本記事はLFC公式Facebook(日本語版)より許可を頂いて引用しています。

LFC Lab
Facebookをやっている方は、ぜひ「LFC公式Facebookページ日本語版」の方にも「いいね!」やコメントをお願いします! クラブは「LFC公式Facebookページ日本語版」のいいね数やコメント数を見て、日本語サイトの開設や日本でのプレシーズンマッチの必要性を検討しているそうです!

サディオ・マネがトレーニングに復帰しましたが、そのことについてユルゲン・クロップ監督が語っています。
Embed from Getty Images

「サディオは木曜日に初めてトレーニングに参加したんだが、とても良い感じに見えたよ。」

「その時の感じだと、20分か25分くらいプレーする準備ができているようにも見えたが、トレーニング後の彼の身体の様子を見ているところだ。彼にとっては結構激しいものだったからね。いや、別に激しいトレーニングをした訳じゃないが、長く欠場していた彼にとっては初めてのフットボールだったからね。」

「本当に良くやっていたし、欠場中に彼の能力やスキルが損なわれてはなかったというのが伺えた。良いことだよ。」

なお、マネは今度のインターナショナル・ブレイクで、セネガル代表の一員として南アフリカ代表との連戦を戦う可能性もあります。

セネガル代表は、ワールドカップ出場権を懸けた試合が11月10日と11月14日に予定されていますが、マネも代表に招集されています。

この件について、クロップ監督は次のように語っています。

Embed from Getty Images

「そういうものなんだし、我々はそれを変えることはできない。セネガル代表の状況を無視するわけにはいかないし、彼らがワールドカップに出るかどうか気にしていないなんて言えない。それは良いことじゃないし、正しくもない。」

「セネガルの協会とは連絡を取るだろうが、彼らは2試合戦うことになっている。サディオはもう負傷していない。じゃあ100%フィットしているのか?と言われると違うだろう。ただ、彼は順調に来ていて、トレーニングでも本当に良い感じに見えた。トレーニング中のサディオを見れば“よし、彼を使えるかもしれないぞ!”と思うだろうし、セネガルだって多分同じように思うだろう。」

「彼は代表へ行かなければならないし、数日トレーニングを受けることになる。もし、最初の試合で必要な勝ち点を得られれば、改めて話をして、2試合目でも彼が必要なのか聞くことができるかもしれない。そうすれば、彼は戻ってこられるかもしれない。それが理想的な形だとは思うんだが、我々が決められることじゃないからね。FIFAは、選手たちが代表でプレーする時期をクラブ側が決めることを認めてはいない。それが明確なルールだし、我々も尊重している。」

「特殊なケースだが、彼がリズムを作る上では良いことかもしれない。選手たちが代表チームの為にプレーすることに問題はないよ。ただ、彼らがトレーニングでどんな感じだったのか、できる限り多くの情報を知る必要があるだけだ。それは我々にとって本当に大切なことなんだ。」

「試合というものは常に異なるピッチで行われるものではあるが、インテンシティという点では似ているんだ。ただ、トレーニングは別で、将来的にはそこにもっと影響力を持つことができればと思っている。もっと様子を知りたいだけだよ。正直に言うと、ヨーロッパはもっと簡単に行くんだが、そういうものだし、特に問題はない。」

「サディオがプレーできれば、彼にとっては良いことだと思っている。レッドカードや怪我で何週間になるか分からないがプレーできていなかった彼がリズムを掴めるだろうからね。その後にはサウサンプトン戦があるが、彼にリズムのようなものがあると良いんだがね。」

「怪我のリスクは常にある。トレーニングであろうと避けられるものじゃない。彼がセネガル代表へ行くこと自体は問題はない。まぁもう一度話し合うかもしれないがね。」

サディオ・マネがトレーニングに復帰しましたが、そのことについてユルゲン・クロップ監督が語っています。

「サディオは木曜日に初めてトレーニングに参加したんだが、とても良い感じに見えたよ。」

「その時の感じだと、20分か25分くらいプレーす…

Liverpool FCさんの投稿 2017年11月3日(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。