リバプールFC 27選手の「プレシーズン通信簿」

MF

ジョーダン・ヘンダーソン

評価:A

昨シーズンの怪我による鬱憤を晴らすかのような伸び伸びとしたプレーを披露。フィード、統率、守備等全てにおいてワールドクラスで、アンカーとして完全にスタイルは出来上がったようだ。今シーズンはプレミア屈指の選手から、世界的なトップ選手へと成り上がっていく姿を期待したい。

エムレ・ジャン

評価:B

コンフェデレーションズカップの参加により合流が遅れたものの、より選手として一回り大きくなって帰ってきた。プレーも安心して見られ、今後より一層の活躍が期待できそうな印象。
ただ、一つ気になってしまうのが未だに決まらない契約延長問題。個人的には将来的なリーダー候補として手放してはならない選手だとは思うが…

ジニ・ワイナルドゥム

Embed from Getty Images
評価:B

相変わらず顔色一つ変えずチームプレーに徹し、何事にも対応できる万能っぷり。出場すれば影のチームの大黒柱になる貴重な存在になっている。
もう少し欲を言えば、今のプレーにヘルタ戦でバイタルエリアに顔を出してゴールを決めたような、ゴールチャンスが頻繁に絡むプレーが増えれば、文句無しだろう。
期待を込めて評価はBで。

ベン・ウッドバーン

評価:A

アーノルドに負けじと必死にアピール。
最終的には2ゴール2アシストを記録し、今シーズンへの意気込みを感じさせた。
ただ、やはりプレー全体を見れば若さゆえに…という軽率プレーがまだ多い。周りの期待の高さゆえに、批判があまり飛ばないことを願うばかり。
インサイドハーフという新境地も開拓しつつあり、プレーの幅は広がりそうだ。

マルコ・グルイッチ

評価:B

結果を残したかったのか、頻繁に攻撃参加をして相手ゴールを何度も脅かした。攻撃面ではかなりのインパクトを与えたのではと感じる。普通に途中出場から相手を怖がらせることのできる選手になっている。
しかし、それは攻撃面だけの話で守備にかなり難がある。長身を活かした肉弾戦には強いものの、無駄なファウルや危険なタックルを平然とやってしまう点があり、修正は必須。

アダム・ララーナ

評価:B

プレシーズンで改めてお世辞抜きでクロップの目指すサッカーは彼抜きには考えられないほどになってきていると感じた。スプリント、オフザボール、プレス等走りにおいては無駄のない質の高い動きを見せて見えないところでチームに貢献する大黒柱的存在になっている。
しかし、アトレティコ戦で大腿部を負傷して数ヶ月の離脱が濃厚。早くても9月末までかかるのではと見られている。

フェリペ・コウチーニョ

評価:A

期待すれば必ず応える。それはプレシーズンも変わらなかった。文句無しのA。
本当に、本当に、彼を失ってはいけないと思うが…もはや信じるしかない。

LFC公式オンラインストア


8 件のコメント

    • リオ・ファーディナンド2世と言われていたぐらいなので、ポテンシャルは十分です! 今は少し安パイなプレーに走りがちですが、私も同じくミスを恐れずもっとチャレンジして欲しいですね!

  • 明日に迫る開幕戦
    DANFIELDさんの記事のおかげで さらに楽しみになってきました!
    開幕スタメンどうなるでしょうね 野球の開幕先発ピッチャー同様 監督の期待が表れるものでもありますので 今からワクワクします
    ガツっと勝って今年のリヴァプールはダークホースなんかじゃなく、正真正銘 優勝を争うチームだ、と周りに見せつけて欲しいもんです(* ̄∇ ̄)ノ

    • 嬉しいコメントありがとうございます!!
      そうですね〜怪我人が多いので予想はだいぶ絞られますが、誰が出ようとチームのスタイルにさほど差は出ないと思うので、本当に今年は楽しみですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA