アーノルド「リバプールは家族のようなもの」/長期契約後インタビュー

The following two tabs change content below.
LFClab

LFClab

リバプールFCラボの管理人です。
LFClab

最新記事 by LFClab (全て見る)

本記事はLFC公式Facebook(日本語版)より許可を頂いて引用しています。

LFC Lab
Facebookをやっている方は、ぜひ「LFC公式Facebookページ日本語版」の方にも「いいね!」やコメントをお願いします! クラブは「LFC公式Facebookページ日本語版」のいいね数やコメント数を見て、日本語サイトの開設や日本でのプレシーズンマッチの必要性を検討しているそうです!

新しい長期契約にサインしたトレント・アレグサンダー=アーノルドのインタビューをご紹介します。

新しい契約おめでとう。どんな気分だい?

 

「ありがとう、興奮しているよ。僕と家族にとっては誇りに思えるような瞬間さ。うまくやれたら、これからも良い時間を過ごせるだろう。興奮だね。」

すぐにサインしたんだって?その理由は?

「監督が信頼してくれてることは分かってるし、彼の信念も後押しになっているからね。自分が彼のプランの一部なんだって感じることができているんだ。そりゃ気分は良いさ。今回のオファーは改めて監督の信頼を伝えてくれるものだったんだ。この12ヵ月、彼は若い選手たち、個人的には僕に対する信頼を色んな形で示してくれた。彼から信頼されているのは嬉しいし、チャンスをもらった時には彼に恩返しをしたいって思っているよ。」

この12ヵ月間にはどれくらい満足している?

「期待以上だなって満足しているよ。自分がやってきたことには本当に誇りに思っている。でも、前にも言ったけど、今はハードワークを止めたりはしない。これはただの始まりに過ぎないからね。うまくいけば、今後のシーズンでも昨シーズンのような良い思いをもっと味わえるはずさ。」

この12ヵ月、君にとってのハイライトは?

「オールド・トラッフォードかな。まさにチャンスだったね。監督から信頼されて、家族はとても誇りに感じてくれた。試合の重要性もそうだけど、試合に関するすべてが素晴らしかったね。」

ファースト・チームには慣れた?

「まだかな。それでも時間が経てばもっと自然に接することができるようになるだろうし、周りにもっと自分を出していけるだろうね。ジョークを言ったり、自分自身をもっと表現していけるようになっていけると思う。そういうものは助けになるんだ。ピッチ外で自分を表現できていれば、ピッチ内でも同じことができるのさ。ボールを要求したり、逆に要求されても無視してみたり。そんなことを怖がったりはしない。自分がトライしようとしているんだからね。」

リバプール・ファンがよく知る人からアドバイスをもらっているんだって?

「スティーブン・ジェラードとは話をしている。彼のアドバイスは本当に助けになるんだ。彼は僕のアイドルだし、彼からのアドバイスは様々なことを意味している。彼が通ってきたキャリアを可能な限り倣っていきたいと思っているんだ。とにかく彼のアドバイスにはいつも本当に感謝しているよ。」

それは誰のアイデア?

「彼のアイデアだよ。アレックス・イングルソープも良いアイデアだって言ってくれたよ。彼らが僕と会う前にいろいろ話したり議論していることは僕も知っている。良いアイデアだったし、そのおかげで沢山のアドバイスをもらえているよ。」

彼の言葉で君の心に響いたものはある?

「ポジション争いを戦う準備はしておけって言われた。アカデミーから上がってくる仲間の中には僕からポジションを奪おうとするヤツもいるんだぞってね。毎日ポジションの為に戦わなければならないんだ。」

お母さんも君に大きな影響を与えたそうだね?

「本当に大きな影響さ。母さんはいつも僕のそばにいてくれて、アドバイスをくれる。僕がちょっといい気になった時には、いつも注意して僕を正してくれるんだ。それは僕がここまでくる上で助けになったよ。その時はあまり嬉しく思わなかったとしても、今になって振り返ってみれば、僕が謙虚に常に努力しようとしていく上で助けになったのは間違いない。母さんだけじゃないね。家族全員も友人たちもそう。周囲にいてくれる人たちというのは重要な存在で、僕が望むものになろうとする上で助けになってくれるのさ。」

監督からもアドバイスをもらっているよね?

「監督は適切な時に何を教え、何をすべきか分かっている人さ。僕には改善すべきことが山のようにある。突出したものなんかはまだ何一つないよ。自分自身も分かっていることで、監督にも言われたことなんだけど、僕はまだまだ自分のプレーのあらゆる面を改善していく必要があるんだ。まぁ普通のことだけどね。僕はまだ18歳だし、自分が達することができる最高レベルには全然到達できていないし、まだまだポテンシャルはあると思っているしね。うまくいけば、チームとしても僕個人としてもそのポテンシャルを発揮できていけるはずさ。」

ファースト・チームに移って考え方は変わった?一番になりたいとは思っているよね?

「それは間違いないね。良いトレーニングをこなしていくことに満足していちゃダメなんだ。できるかぎりすべてのトレーニングで一番良い選手になろうとしている。自分のポジションの為に戦わないとね。僕のポジションを狙っている人がいるんだから。ごく自然なことで、それがフットボールだし、競争は常に起こるものさ。新しい選手が来ることは良いことだよ。いつだってポジション争いを戦う必要がある。いつまでもそこに留まっていられる保証なんかないんだ。大変なことだけど、毎日ハードワークしなきゃならないのさ。」

まさにこの契約はハードワークの始まりだね

「どこにいようと満足することなんかないね。改善する余地はいつも残っているものさ。フットボールにおいて満足することは良いことじゃないね。もっと良くなろうと努力していかなきゃならない。ハードワークを続けていかないとね。それが僕がすぐにでもやるべきことさ。」

このクラブは君にとって何を意味している?

「すべてだね。今では家族のようなものさ。僕が憶えている限り、すぐそばにずっとあったものだし、だからリバプールのファンもチームもコーチもスタッフも家族の一員のように感じるんだ。いろんな面で家族のように感じる。僕にとってはベストなことだね。」

地元で上手くやっていく上でプレッシャーはない?

「ないよ。地元のチームでプレーできることは幸せだと思う。この街のほとんどすべての子供たちの夢を果たせているように思うよ。それは大きな意味がある。僕のような立場になりたいって思う人は大勢いることは分かっているしね。与えてもらったポジションだとかチャンスは、当たり前のように手にできるものじゃない。毎日チャンスを最大限に活かしていきたいね。」

新しい長期契約にサインしたトレント・アレグサンダー=アーノルドのインタビューをご紹介します。

新しい契約おめでとう。どんな気分だい?

「ありがとう、興奮しているよ。僕と家族にとっては誇りに思えるような瞬間さ。うまくやれたら、これからも良…

Liverpool FCさんの投稿 2017年7月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。