クロップ「我々は次に進むチームじゃなかった」/レスター・シティー戦後のコメント

クロップ「我々は次に進むチームじゃなかった」/レスター・シティー戦後のコメント

本記事はLFC公式Facebook(日本語版)より許可を頂いて引用しています。

LFC Lab
Facebookをやっている方は、ぜひ「LFC公式Facebookページ日本語版」の方にも「いいね!」やコメントをお願いします! クラブは「LFC公式Facebookページ日本語版」のいいね数やコメント数を見て、日本語サイトの開設や日本でのプレシーズンマッチの必要性を検討しているそうです!

カラバオ・カップのレスター戦後のユルゲン・クロップ監督のコメントです。

クロップ「我々は次に進むチームじゃなかった」/レスター・シティー戦後のコメント

試合を振り返ってみていかがですか?

「試合の展開は簡単に説明できる。前半は我々の方が良かった。本当に良いフットボールをやっていたよ。それでもゴールは決まらなかった。まぁフットボールには時にそういうこともある。不運な場面も1つか2つあったし、他の場面ではちょっと冷静さを欠いていたかもしれない。だが、またしても失点を許してしまった。ああいうのを許してしまっている限りは厳しいね。我々は3ゴールは決められただろうが、オープンな試合では守備だってしっかりしなければならない。もっと良い状態で守備をしなければならないんだ。1点目はコーナーからのセカンドボールで、ギリギリではあるが、多分オフサイドではなかった。本当にギリギリだったと思うが、だからこそ我々は明確にオフサイドにしていかなければならなかったし、その為にはラインを押し上げるべきだった。アーセナル戦のような守備やカウンター攻撃をいつもできる訳じゃない。だからこそ、あそこではラインを押し上げなければならなかったし、我々はそれをしなかった。2点目はまたスローインからだったが、どう守備すべきなのか我々は分かっているはずなのに、明らかにそれをやっていなかった。まったくクールなことじゃないね。だが、それでもまだ我々は良いフットボールチームであることは事実だ。そう分かってはいるが、残念ながら今はそう感じることはできない。何しろカップ戦を敗退してしまったんだからね。我々だって次のラウンドに進みたかったさ。前半は良いプレーをしてたと言っても誰も興味ないだろうし、どちらが勝ち抜けるかに興味を持つだろう。いくつかの理由があって、我々は次に進むチームじゃなかったということだ。」

失点後に選手たちは落胆してしまったのでは?

「最初のゴールの後でレスターの選手たちが勢いづいたのは見て取れた。それが一番の違いだろうね。試合を変えたゴールとでもいうか、そういう瞬間だったよ。何かを成し遂げるチャンスは常にあるものだが、時には過ちを犯すこともある。そういうものさ。失点した時にはさすがにムカムカしたよ。まったく厳しいね。その後で反撃をしたんだが、若さも目立ってしまった。2-0になった時は我々は左サイドで仕掛けたんだが、逆にカウンターを食らってしまった。ミスがあったが許容できるものさ。あわせて34歳くらいの2人(ウッドバーンとソランケ)のミスだからね。そういうことはある。だがセットプレーの守備はマズかった。先制点の場面はファースト・ボールに対応できていなかった。我々がそこに問題を抱えているのは確かだが、今回はセカンドとかサードとかスローインで問題があったということだ。」

フィリペ・コウチーニョがハーフタイムで交代した理由は?

「試合前から決まっていたことだ。彼にはプレーする時間が必要だが、今日は彼を残そうとは思わなかった。彼を90分とか60分とか、プレーさせるのは許されなかったんだ。45分が限界だろうということは明らかだった。彼をフィットさせる必要はあるが、無理はさせられない。それがすべてだよ。」

コウチーニョが完全にフィットするまでのスケジュールは予定通りですか?

「そうだ。もちろんだよ。週末は80分やって、今日は45分やった。そういうことだ。」

トレーニングでの守備に対する取り組みは必要ですか?

「もうずっとやってきている。守備というのは様々なものがあるが、一般的には複数人での守備とか個人での守備とかだね。1対1の場面とか2対1の場面とか。我々は多くの場面では本当に良い守備をやっているよ。セットプレーでどう守備すべきか、スローインの時はどうか、そんなことは我々も分かっている。ただいくつかの変更が入るとそれが機能しなくなってしまう。あの場面は本当に気分が悪かったが、あの場面で何をやっていたのかってことだ。今は厳しい時期だと思うし、敗退した今は本当に厳しいと感じている。前半のパフォーマンスの後にこうなるとなおのことね。だが、前半のようなプレーを我々はしなければならないし、できるはずだ。7つか8つのチャンスは作ったし、クールでグッドなフットボールができるんだ。だが、あんな失点を許していては、人生は厳しいものになってしまうね。」

週末にはまたキングパワー・スタジアムに戻ってきますね?

「土曜日にここに戻ってきた時にまだ気分が悪いままなのか聞きたいのかね?残念ながら、私は人生において、もっと沢山の負け試合を経験してきている。信じるかどうかはともかく、明日の朝にはもう平気さ。我々はここに戻ってくる。確かなのは試合前には今よりも良い状態になってくるってことだよ。」

 

カラバオ・カップのレスター戦後のユルゲン・クロップ監督のコメントです。

試合を振り返ってみていかがですか?

「試合の展開は簡単に説明できる。前半は我々の方が良かった。本当に良いフットボールをやっていたよ。それでもゴールは決まらなかった。…

Liverpool FCさんの投稿 2017年9月21日

【CC第3回戦】レスター・シティvsリバプール

2017.09.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。