獲れる?獲れない?リバプール補強リスト徹底追跡【 CF編 】

リバプール獲得リスト徹底追跡、第4弾!
最終回となる今回は、CF編です!!

現在フィルミーノが1番手を務め、スタリッジ、オリギ、イングスと続いているCF勢。
駒は揃っており、補強は要らないのではという声も多くあがっていますが、全員怪我がちという不安要素を持っている為、噂は多く上がっていますね。
先日噂に上がった気になるルアンは、、、

では見ていきましょう!!

CFの獲得ターゲット

アンドレア・べロッティ

 

所属:トリノ(ITA)
年齢:23
国籍:イタリア
ポジション:CF
市場価格:2500万£
可能性:低

今シーズントリノで大ブレイクを果たした来夏移籍市場の主役候補。
ストライカーに必要な全てを備えた万能型CF,そしてとにかく点を取る。
チャイナミランがとてつもない額を用意するのではと見られており、べロッティ加入を願うミランファンによる #BelottiMilan のハッシュタグがSNSでトレンド入りした。

ドミニク・ソランケ

 

所属:チェルシー(ENG)
年齢:19
国籍:イングランド
ポジション:CF
市場価格:フリー
可能性:高

U-20 W杯 イングランド代表メンバー
契約延長をしない限り、契約は2017年6月30日で切れるためフリーでの移籍が確実。
去年の冬に友達にリバプールへ行くと話していたという噂が上がり、移籍先としてのトップ候補に上がっている。
他にはセルティック、RBライプツィヒが彼の動向を追っているとも。

カスパー・ドルベルグ

 

所属:アヤックス(NES)
年齢:19
国籍:デンマーク
ポジション:CF
市場価格:680万£
可能性:中

イブラヒモビッチ2世の呼び声高いアヤックスのNEWエースストライカー。
まさにイブラヒモビッチの様な高い身体能力に加え、切れ味鋭いドリブルを得意とする。
空中戦と1on1は滅法強く、物怖じしないプレーに大物感を漂わせる。
既に多くのビッグクラブから注目を浴びており、クロップも名指しでクオリティが高く素晴らしいプレーヤーだと評価している。

ラカゼット

 

所属:リヨン(FRA)
年齢:25
国籍:フランス
ポジション:CF
市場価格:3500万£
可能性:高

リヨンの絶対的エースストライカー。
今シーズンもリーグ戦29試合26ゴールと格の違いを見せ続けている。
とはいえリヨンでデビューしてから既に9年目が経っている。
ここまで来るとクラブ一筋で終える選手も多いが、彼の場合はクラブの格を大幅に越えてしまい、そろそろ殻を破りたい様子。
市場に出れば争奪戦は必須だろう。

ピエール・オーバメヤン

 

所属:ドルトムント(GER)
年齢:27
国籍:ガボン
ポジション:CF
市場価格:5500万£
可能性:低

例年ブンデスリーガのトップスコアラーを争う生粋のゴールゲッター。
彼の恩師クロップがリバプールの獲得リストに入れたと噂されているが、彼は心のクラブはレアルだと公言している為、獲得はかなり厳しいと考えられる。
また、来シーズンの補強プランにとてつもない額を支払うほどCFを優先してはいない為、獲得に動く事すら無いのではと見られている。

マウロ・イカルディ

 

所属:インテル(ITA)
年齢:24
国籍:アルゼンチン
ポジション:CF
市場価格:4200万£
可能性:低

バルサカンテラ育ちの頭脳派ストライカー。
アルゼンチンの時期エースストライカーとひて期待されているが、大人の事情があるらしく代表には呼ばれていない。
24歳にしてインテルでキャプテンを務めており、しっかり結果も残してファンの心を掴んでいる。
本人もインテル愛を貫くと宣言しており、ビッグクラブがラブコールを送っているが、尽く断っている。獲得は困難か。

ドリス・メルテンス

 

所属:ナポリ(ITA)
年齢:30
国籍:ベルギー
ポジション:CF
市場価格:2125万£
可能性:中

本職は左ウイングであまりパッとしない印象が続いていた彼を名称サッリが今季からトップで起用。
当初は0トップの役割を務めさせる考えだったが、リーグ戦35試合で25ゴールを記録し、監督も驚くゴールゲッターに変貌。
20代後半にしてストライカーという新境地を拓いて大ブレイクし、今シーズンのイタリアサッカー界を席巻した。
リバプールがリストに加えたとされているが、年齢面も考慮するとリストのトップには位置してないだろうと言われている。

ティモ・ヴェルナー

 

所属:RBライプツィヒ(GER)
年齢:21
国籍:ドイツ
ポジション:CF
市場価格:1350万£
可能性:高

今シーズンブンデスリーガのダークホースとなったライプツィヒのエースストライカー。
21歳にしてリーグ戦20ゴールを越えるなど、堂々たるプレーを見せてドイツ代表の時期エースストライカーに名乗りを挙げた。
彼の持ち味はスピードと決定力。
裏に抜け出すポジショニングのセンスは抜群で、抜け出せば相手ディフェンダーはキーパーとの1対1を後ろから眺めるしかなす術は無くなる。
リバプールと戦術が変わらない為、加入すればどハマりするのではと現地ファンが期待を寄せている。

ムサ・デンベレ

 

所属:セルティック(SCO)
年齢:20
国籍:フランス
ポジション:CF
市場価格:425万£
可能性:中

フランス期待の大型FW。
今夏リバプールも含めたビッグクラブ争奪戦が起こり、最終的には出場機会の確保とCLを経験したいという意向でセルティックに移籍。この決断は大当たりで、リーグでは17ゴールを記録し、CLには6試合に出場。
彼のキャリアにとって素晴らしいシーズンを送った。
2年連続で他クラブで移籍する事はあまり考えられないが、オファー額次第ではクラブが考慮するかもしれない。

ルアン

 

所属:グレミオ(BRA)
年齢:24
国籍:ブラジル
ポジション:CF
市場価格:1200万£
可能性:高

先日突如リバプールと移籍で合意したという報道が流れたリオ五輪ブラジル代表FW。
プレースタイルはフィルミーノに近く、フィルミーノよりも遊ばないプレーでチームプレーに徹し、前線からのプレスもサボらず行い、ボールカットは得意分野。そして試合終了までチームの為に走り続けるブラジル人には珍しいタイプの選手。
加入したとしてもチームのスタイルには問題無くすんなり溶け込めるだろう。
一方では加入合意。他方ではただの噂。と、情報が錯綜しているが、クラブとの契約は2018年の夏までなので、来夏の移籍は確実視されている。

最後に、個人的な見解を。

誰が欲しいかと言われれば、ヴェルナーとルアンは欲しいですね。特にヴェルナーは大ブレイクしてくれるのではないでしょうか。
ただ、CFは駒が揃っていますし、不安だったスタリッジが先日素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたので不安は無いのではと思います。
スタリッジが移籍した場合は代わりを確保するのもありかと思いますが、個人的にはオリギとイングスに期待したいなと思う所です。戦力に厚みが加わる事に越したことは無いですが(笑)

さて、4弾構成でお送りした今回の獲得リスト徹底追跡シリーズ、いかがだったでしょうか。移籍市場の時期になると、
市場特集がされたサッカー雑誌を読んで毎回、
「このリバプールの部分、もっと詳しく知りたいのにな〜。半ページは物足りない。」
と思っていました。周りのファンの方でも、そう思う人は少なくないのではと思い、今回の特集をやる事にしました。
半月掛けて現地の噂を調べて和訳してまとめたりと、やってみるとかなり大変でした(笑)
ただ、ここまでの反響になるとは思いもせず、正直自分でも驚いています。
達成感を徐々に感じている次第です。
本当にありがとうございます。
そして1人でも多くのリバプールファンの方が少しでも満足して頂ければ、少しでも楽しんで頂けていれば、私としては非常に幸いです!

今回のシリーズを通しての感想等ありましたら、是非お気軽にラボのコメント欄やTwitterでお待ちしております。
これからも、リバプールファンの方々がリバプールの事で楽しめる時間が毎日作れる様な記事を書いていけるよう、成長できればと思っています。

そしていよいよ迎える最終節。
きっと彼等ならやってくれます。 YNWA

獲れる?獲れない?リバプール補強リスト徹底追跡【 WG編 】

2017.05.16

獲れる?獲れない?リバプール補強リスト徹底追跡【 DMF/CMF/OMF 編 】

2017.05.13

獲れる?獲れない? リバプール補強リスト徹底追跡【 GK/DF 編 】

2017.05.11

【スカウトレポート #1】デマライ・グレイの経歴&プレースタイル

2017.02.23

10 件のコメント

  • >移籍市場の時期になると、
市場特集がされたサッカー雑誌を読んで毎回、
「このリバプールの部分、もっと詳しく知りたいのにな〜。半ページは物足りない。」
と思っていました。

    その通りです!!素晴らしい特集記事ありがとうございます!!

  • 分かりやすく、興味深い内容で毎日楽しみに拝見させていただいてます!

    個人的にはファン・ダイク、ロバートソン、パレデス、グレイ、ヴェルナーを獲得してほしいです!

  • わかりやすく、夢いっぱいな面白い記事をありがとうございました!!
    こうやって各ポジションで並べてみると 今シーズンはいかに戦力の層が薄く、綱渡りをしていたか よくわかりますね
    補強すべきポジションとしては、個人的にはよく見るようにLSB→WG→CMF→その他 ですが
    筆者さんはどうお考えですか?
    誰が来るかも、楽しみですけど 補強によって層に厚みが出た結果 現有戦力が披露から解放されて、より輝く姿が見れるのも楽しみです!!

    • あつおさん ありがとうございます!
      個人的には、
      CB→WG→CMF→その他 ですかね。
      攻撃力だけで言えば、現存戦力でもリーグ屈指だと思います。
      ただ、リーグ優勝、CLでの飛躍を目指すのであれば、長年見過ごされている守備力にもフォーカスを当てるべきかと。
      その為には前線が安心して攻撃に参加できるような守備の安定感が必要です。今の守備陣に安定感は皆無です。
      クリーンシートは当たり前レベルにしてくれる様な、ワールドクラスのCBを獲得する事は必須だと考えています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。