【2021移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~MF編~

The following two tabs change content below.
コーク

コーク

選手の分析記事をメインに、好きな音楽のネタを絡ませた記事も。ライター名はコカ・コーラから。あと櫻坂46の田村保乃さんのファンです。よろしくどうぞ。

こんにちは、コークです。前回のDF(CB)編に引き続き、リバプール移籍の噂があがった選手をまとめていきたいと思います。今回のMF編も前回と同じく、余談がメインです。役に立つ情報は皆無に等しいので生暖かい目で見てください。

前回のDF編はこちらから↓

【2021移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~DF編~

2021.05.24

※追記:FW編もUPしました↓

【2021移籍市場】リバプールFC 噂の補強リスト ~FW編~

2021.05.26

選手の基本データはドイツの移籍情報サイト「Transfermarkt」を参考にしています。名前の青くなっている部分をタップするとその選手のページに飛ぶので、その選手のことをより詳しく知りたい場合はタップ推奨。

それでは行ってみましょ~。

アーロン・ラムジー

画像出典:90min.com

  • 選手名:Aaron Ramsey
  • 生年月日:1990年12月26日
  • 所属クラブ:ユヴェントス
  • 国籍:ウェールズ
  • 身長:182cm
  • ポジション:CMF, AMF
  • 市場価格:€14.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】なぜか事あるごとにリバプールとリンクされるラムジー。まじでなんで移籍先の候補にリバプールがあがるのか分からない。一度ならまだしも、もう何度も噂が出てる。まぁ獲らないとは思うけど、ラムジー獲るぐらいならオランダ出身の笑顔が眩しい奴でよくない?ジョルジニオ・ワイナルドゥムって言うんですけど。

サンデル・ベルゲ

画像出典:unitedinfocus.com

  • 選手名:Sander Berge
  • 生年月日:1998年2月14日
  • 所属クラブ:シェフィールド・U
  • 国籍:ノルウェー
  • 身長:195cm
  • ポジション:CMF, DMF
  • 市場価格:€18.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】ヘンク時代から根強くリバプール移籍の噂があったノルウェー人。この顔で195cmもある。フィルジル・ファン・ダイクよりデカい。デカ過ぎんだろ…。2020年の冬に驚きのブレーズ移籍を果たすが、今季所属クラブは降格の憂き目に。降格クラブから安価で引き抜くのはリバプールの常套手段だが、今夏は彼が候補なのだろうか。あとこれは余談だけど、“Berge”は“山”って意味らしい。やっぱりデカい。

画像出典:「欅って、書けない?」

ほら、田村保乃さんもこう言ってる。

ペドロ・ゴンサウヴェス

画像出典:tbrfootball.com

  • 選手名:Pedro Gonçalves
  • 生年月日:1998年6月28日
  • 所属クラブ:スポルティングCP
  • 国籍:ポルトガル
  • 身長:173cm
  • ポジション:CMF, AMF, RWG
  • 市場価格:€22.00M
  • 契約終了年:2025年6月30日

【一口メモ】前所属のファマリカンではインサイドハーフやドイスボランチの一角を務めていたが、昨夏移籍したスポルティングでは主に2シャドーの一角を務め、その圧倒的な攻撃性能が開花。スポルティングのリーグ制覇に大きな貢献を果たしつつ、自身も純粋なFWではないにも関わらずプリメイラ・リーガで得点王を獲得した。バイアウトは6000万ユーロとのことだが、スポルティングは引き上げようとしているらしい。まぁこんだけ活躍すればなぁ。ちなみにだけどまじで一瞬ウルヴスにいた。ポルトガル・コネクションもここまで来ると笑ってしまう。

イヴ・ビスマ

画像出典:paininthearsenal.com

  • 選手名:Yves Bissouma
  • 生年月日:1996年8月30日
  • 所属クラブ:ブライトン
  • 国籍:マリ
  • 身長:182cm
  • ポジション:CMF, DMF
  • 市場価格:€25.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】一体全体何人いるか分からないカンテ風のMF。守備力やフィジカル能力は高めだけど攻撃性能はやや物足りなさがある。ポテンシャルは高いけど、現時点でブライトンが要求している額を支払ってまで獲得すべき選手なのかは個人的には疑問。あとこれは余談だけど、ブライトンには俺たちのアダム・ララーナがいるので、彼らの中盤にはアダムとイヴが揃っているわけだ。なんだか旧約聖書っぽいね。

レナト・サンチェス

画像出典:vbetnews.com

  • 選手名:Renato Sanches
  • 生年月日:1997年8月18日
  • 所属クラブ:リール
  • 国籍:ポルトガル
  • 身長:176cm
  • ポジション:CMF
  • 市場価格:€30.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】EURO2016で彗星の如く現れてから早5年。期待されていたほどの成長曲線を描けているわけではないが、着実と力はつけている印象。ピッチ上のプレデターになるはずが今のところそれっぽいのは髪型だけなので、これからの成長に期待したい。ちなみにスウォンジーでちょこっとプレーしているので地味にプレミアリーグの経験がある。あとこれは余談だけど、母親はカーボベルデ人、父親はサントメ・プリンシペ人。カーボベルデはサッカー好きだと知ってる人も多いけど、サントメ・プリンシペはまじで知らなくて笑ってしまった。

フィリペ・コウチーニョ

画像出典:bleacherreport.com

  • 選手名:Philippe Coutinho
  • 生年月日:1992年6月12日
  • 所属クラブ:バルセロナ
  • 国籍:ブラジル
  • 身長:172cm
  • ポジション:AMF, LWG
  • 市場価格:€30.00M
  • 契約終了年:2023年6月30日

【一口メモ】バルセロナに移籍したときの個人的な感情は坊主憎けりゃ袈裟まで憎いレベルだったけど、その後の斜陽っぷりが酷過ぎて、今はなんだか可哀想に思えてきてしまった。さらに彼が去ったあとのリバプールが隆盛を極めたということもあり、そのコントラストのあまりの鮮明さも拍車を掛けていたと思う。おかげで、彼に対してネガティブな感情を今はあまり持っていない。とはいえ、「いつでもリバプールに帰っておいで」と思っているわけでもない。自分で言ってちゃ世話ないけど、つくづく人間って勝手な生き物だなぁと思う。彼はこれからどういうキャリアを歩んで行くんだろうか。

デニス・ザカリア

画像出典:astamfordbridgetoofar.com

  • 選手名:Denis Zakaria
  • 生年月日:1996年11月20日
  • 所属クラブ:ボルシアMG
  • 国籍:スイス
  • 身長:190cm
  • ポジション:CMF, DMF, CB
  • 市場価格:€30.00M
  • 契約終了年:2022年6月30日

【一口メモ】大型の守備的MF。3バックの一角やインサイドハーフでもプレー可能で、ファビーニョという絶対的なアンカーのいるリバプールでは複数のポジションでプレーできる彼のような選手は魅力的。また、契約が来夏で切れるということもあり、かなり格安の2000万ユーロで獲得できるなんて話もある。あとこれは余談だけど、多分“Zakaria”という名前の語源は新約聖書に出てくるヨハネの父である祭司ザカリア。“Denis”の方は聖ディオニュシウス。口は聞けなくされるわ、首は斬り落とされるわ、散々である。ちょっと怪我がちなのってまさか…。まぁ関係あるわけないか。

フロリアン・ノイハウス

画像出典:alemanhafc.com

  • 選手名:Florian Neuhaus
  • 生年月日:1997年3月16日
  • 所属クラブ:ボルシアMG
  • 国籍:ドイツ
  • 身長:183cm
  • ポジション:CMF
  • 市場価格:€35.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】ザカリアと同じボルシアMG所属。彼もまた最近よくリバプールとリンクされている。尊敬している選手はトニ・クロースで、実際に彼を彷彿とさせるようなプレス回避能力やボール捌きが魅力。バイアウトは4000万ユーロということで、なかなか現実味のある価格である。あとこれは余談だけど、“Florian”という名前は聖フロリアヌスから来ている。安全を司っており、特にドイツの消防におけるシンボルらしい。

ロドリゴ・デ・パウル

画像出典:goal.com

  • 選手名:Rodrigo de Paul
  • 生年月日:1994年5月24日
  • 所属クラブ:ウディネーゼ
  • 国籍:アルゼンチン
  • 身長:180cm
  • ポジション:CMF, AMF
  • 市場価格:€38.00M
  • 契約終了年:2024年6月30日

【一口メモ】ここ最近、噂が過熱している選手の一人。ウディネーゼではキャプテンも務めている。攻撃色が強く、今季はセリエAで9ゴール10アシストを記録している。中盤からの得点が期待出来ないリバプールにとってスパイスになりえるが、27歳という年齢がネック。ウディネーゼの要求額を含め、リバプールの補強方針を破ってでも獲得に動くだけの選手かと言われればやや疑問が残る。ちなみに代理人を最近ミーノ・ライオラに代えたらしい。リバプールは名前を使われているだけな気がしてきてる。

ロレンツォ・ペッレグリーニ

画像出典:dailycannon.com

  • 選手名:Lorenzo Pellegrini
  • 生年月日:1996年6月19日
  • 所属クラブ:ローマ
  • 国籍:イタリア
  • 身長:186cm
  • ポジション:CMF, AMF
  • 市場価格:€40.00M
  • 契約終了年:2022年6月30日

【一口メモ】ローマ生まれローマ育ち、現在は主将も務めている。ローマが市場に並べるとは考えにくいが、来夏で契約が切れるということもあり、どうやら手放す可能性があるにはあるらしい。正直イタリア人ということで不安な気持ちもあるが、ここ数年ローマから獲得したモハメド・サラーとアリソン・ベッカーが大当たりということで、そこは期待できるかもしれない。ちなみにローマから獲得したイタリア人は過去に2人いる。アルベルト・アクィラーニとファビオ・ボリーニだ。まぁ、そういうこともあるよね。

ちなみになんですが、リストはTransfermarktが算出した推定市場価格順に並べています。ここまで10人。次ページは5人いますが、つまりこのポジションのリバプール移籍の噂がある選手の中で、最も高価な選手トップ5ということです。一体誰なんでしょうか。元気よく行ってみましょ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA