マン・シティ監督がユルゲン・クロップに(世間の批判について)称賛のメッセージを送る

The following two tabs change content below.
keiko hirano
LIVERPOOL SUPPORTERS CLUB JAPAN (chairman) My first game at Anfield was November 1989 against Arsenal and have been following the Reds through thick and thin

以下は、2/16のマンチェスター・イブニング・ニュース紙の記事です。

■マン・シティ監督がユルゲン・クロップに(世間の批判について)称賛のメッセージを送る

(昨日のCLライプツィヒ戦の前に出された記事です)
ペップ・グアルディオラは、リバプールのこのところのプレミアリーグでの不調に際して、世間の批判がユルゲン・クロップに集まっている状況について、心のこもったメッセージを送りました。

画像出典:Man City 公式Twitter

その様な状況を背景に、グアルディオラは水曜日のエバートン戦を控えての記者会見を行いました。その中で、クロップの現状について意見を問われました。

「ユルゲン・クロップがフットボール界に与えている影響は多大なものだ。私はこれまでもずっと同じことを言ってきたが、彼のフィロソフィーはフットボールを魅力的にしている」と、グアルディオラは語りました。

「世界中のフットボールに対して、良い影響を与えている」。

「どのクラブも、良い時と悪い時がある。どの監督も、毎シーズン、毎試合、1試合の例外もなくずっと好調に勝ち続けるということはあり得ない。そんなことがあればフットボールは面白くないと思う」。

「負けることも必要だ。これは私個人の意見だが、時には負けることも大切だ。負けた時に、勝つことの難しさを実感するのだから」

「その後で勝った時には感激はより大きい」

Embed from Getty Images

*本記事はご本人のご承諾をいただきkeiko hiranoさんのブログ記事を転載しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA