今シーズンの大一番!シティ戦の予想フォーメーションと予想結果

コウチーニョ

CLを掴めるか、それとも逃す⁉︎

前節はバーンリー相手に先制されながらも前半ATにジニと後半にチャンの得点で2-1で勝った。クロップ監督が試合後にも話していたように今シーズン初めての泥くさい勝利であったのは誰が見ても思うところであろう。しかし、この下位チームとのゲームでも先制されてまた下位チームに勝ち点を献上か、、、と思ったところである。まだ下位チームがリバプール相手にしてくる戦術に対応出来ていないのか、トップ6相手にしか本来の力が出せないのか分からないがまだ不安定なパフォーマンスが改善出来たとは言えないだろう。とはいえ、アーセナル、バーンリーと久しぶりの連勝で明らかにチームやその周りのサポーターは空気が変わりつつある。

 

さて、リーグ戦3連勝をかけた相手はタイトルにも記載している通りの大一番。マンチェスターシティである。1試合未消化の勝ち点1差の3位のシティを直接対決となる。もし、勝利すれば暫定とはいえ3位浮上となる。ここで敗れるようなことがあればCLは厳しくなるであろう。しかし、ここ最近シティにリーグ戦で負けた記憶があまりない。そして、相手はトップ6である。条件は全て整ってはいるのだ。シティ戦後から不調に陥った、ならシティ戦で終止符を打ちトップ4で終われるようと願うばかりである。

しかし、ヘンダーソンは間に合わずに欠場が決定。フィルミノは怪我から回復しトレーニングに参加しているが万全の状態では無い可能性が高い。しかし、オリジも軽傷を負っているようでスタートはフィルミノになる可能性が高いだろう。スターリッジは依然欠場、ロヴレンはもー出場可能なようだがクロップはスタートから使うのだろうか。ここまで、悪いことばかりを話したが前節はウッドバーンがコウチーニョと代わり長い時間プレーし、とても良いプレーした。これは明るい未来であると感じた。コウチーニョがまだ本調子になっていないのが気がかりだが、シティ戦でスーパーゴールを叩き出しているエースの復活があれば怖くはないだろう。

 

一方のシティもモナコに敗れCL敗退、その上トップ4のライバルに負けるとなるとシティも雲行きが怪しくなってくる。しかし、ペップが率いたチームはダブルを食らったことがないという信じられないデータがある。このデータを味方につけるのか、それともリバプールが初めてペップが率いたチームにダブルを食らわせるのか面白いところである!

エースの復活、守備陣の奮闘

先ほどもあげたがコウチーニョの復活、相手の強力な攻撃陣をシャットアウトが出来るかがこの試合の鍵になってくるだろう。ロヴレンが起用可能になるがファーストチョイスは誰なのか。

GKは変わらずミニョレ。DFラインはクライン、マティプ、ロヴレン、ミルナー。自分はロヴレンが起用されると予想、クラヴァンではアグエロは荷が重いかと、、、しかし、誰が守ってもアグエロは容易ではない。MFでは引き続きチャンが底でジニ、ララーナのインサイドハーフ。前線はマネ、フィルミノ、コウチーニョ。この3人が流動的に動いてそこにジニ、ララーナが加わると止められることは少ないだろう!

予想結果は4-2。お互い点の取り合いになると思うが、勝てる。残り10試合、勝ち続ければCLは見えてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。