キャメロン・ブラナガンのプレースタイル/LFCラボアカデミーforLoanPlayer pt2

ブラナガン
The following two tabs change content below.
takap_lfc

takap_lfc

イスタンブールからKOPです! 現地観戦はしたことないですが 絶対に死ぬまでには行きたいです。 よろしくお願いします

お待たせしました!

第二弾です!今回は期待されている方も多いのではないでしょうか(笑)

フリートウッド・タウンで修業中のキャメロン・ブラナガン選手です!

プロフィール

キャメロン・ブラナガン(Cameron Brannagan)

1996年 5月9日 (20歳)

16/17シーズン

8試合出場 0ゴール/0アシスト

リバプールアカデミー出身

ブラナガンはなんと前回紹介したケントより早く5歳からいます!

昨シーズントップチームでのデビューを飾りましたが、今シーズンは負傷になやみました・・・。

プレースタイル

ブラナガンは主に中盤をはば広くこなす選手です。昨シーズンはU-21の主将をつとめました。

持ち味はなんといっても精度の高いパスセンスではないでしょうか。広くいろいろなパスをだせるセンスと視野をもっていて、長いパスからも一発でチャンスにできる正確さがあります。セットプレーのキッカーもつとめていて、昨シーズンもトップチームでなんどか拝見しました直接決めているのはあまりみたことはないですが、味方にあわせることが多く、違いを作るにはちょうどいいのではないでしょうか。

トップチームで定期的に活躍するには、やはりフィジカルを強くすることが第一と思います。個人的には速さは必要ですが、マンチェスターシティのMFケビン・デブライネ選手みたいな選手になってほしいと思っています(笑)。終盤崩せなくなったときは自然にクロスが多くなっているような気がします。なのでデブライネ選手のような高速で正確なクロスをあげれる選手になってくれればオプションとして違いをつくれるにではないでしょうか。

ブラナガンは昨シーズン契約延長し、トップチームでも出場しました。なのでお目にかかった方も多く、期待されている方も多いと思います。ですが今シーズンは怪我に悩まされ、結果ローンで修業にでることになりました。

なので来シーズンはぜひ結果をだしていただいてトップチームに定着してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA